話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

気持ち

ONISAN

いつまでも

あなたと
何度も同じ季節を
迎えることができるなんて

会える時間も 話せる時間も
ほんの僅かだけど
最初の雪の季節が終わって
もうすぐ3度目の雪の季節がくるんだね

あなたの心変わりに
気付かないフリをした時もあった
愛情も何もないあなたの態度に
何度も泣いた
それでも 別れようと言われないから
私も言わなかった

あなたの心変わりが終わって
戻ってきたと思ったのに
また心変わりなんて
仕方ないけどね

あなたのおかげで
私は強くなれた
あなたが他の子の話をしていても
あなたが他の子と仲良くしていても
私の気持ちは変わらないことに気付いた
だから私は傷つかなくなった

あなたに好きって言ってもらえてたのも
夢なのかなって思ってしまうけど

あなたのその笑顔が
私だけに向けられる僅かな時間が
もう少し続くように
願ってしまう

「気持ち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く