話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

気持ち

ONISAN

魔法の言葉

昨日の夜から幸せな気持ちでいたのは
あなたからの魔法の言葉があったから

今、こんなに苦しいのは
あなたのいつものいい加減な態度のせい

言いたいことはたくさんあるの
でもね
まだ言わない  言えない
だってね
それを言ったら
あなたとの微妙な関係が崩れてしまうから
私はまだ  あなたのことが必要だから
それは終わりの魔法の言葉
色んな事を我慢して  
その言葉を飲み込むの

あなたは私に言った
僕のことが要らなくなったら
いつでも終わりにしてあげる

いつか
あなたのことが要らなくなる時が来たら
その時は  言えるのかな?
それとも
何も言わないで終わるのかな?

「気持ち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く