話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

気持ち

ONISAN

暇なら遊びに来てもいいよ
なんて
ホントなの?
うそなの?

細い糸で繋がってるみたいな関係だから
それにしがみついてる私を
あなたは楽しんでるように見える

どうする?
いつもの上から目線で

ドライブ行こ
私の返信には答えず
待ち合わせの時間と場所だけの文字

自分の表情が変わるのが
鏡を見なくても分かる
そんな自分がマヌケに思える

優しくないけど優しいのかな?
憎まれ口でも
2時間のドライブに連れて行ってくれて
私の門限も守ってくれる

いつもと違う
優しいキスと優しい指先が
錯覚を起こしそうになって
ダメなの?
あなたの優しい問いかけに
首を横に振りたくなる
でもね
愛のないそれが辛いことを
私は知ってるから
笑って誤魔化すの

でもあなたがしてくれる
首筋のキスが好き
腰に回されたあなたの腕が好き
本当はもっとあなたに
触れてて欲しかった

いつか叶うなら
愛の感じられる
今日みたいな優しいキスを
もっとしてほしい
不安にならないように
あなたの腕で私を抱きしめて欲しい

「気持ち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く