話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

気持ち

ONISAN

演技

あなたからの
ありがとうが
聞きたくて

少しでも
あなたの役に立ちたくて

いつの間にか
私のそれは
あなたにとって当たり前で

私ができないと
怒るようになって

あなたは私をダメにしていく

でも
それに気付いてないと思ってるの?

私はずっと
あなたが気持ち良くなる
女を演じてきただけ

パラレルワールド
あなたの前の私は
現実の私じゃない
あなたはそれに気付かないで
私をいじめて
気持ちよくなる

私も現実を忘れて
あなたとの世界を楽しむ

交わることのない
平行な場所で

あなたが私を手放すなら
それで構わない
私はまた探すの
パラレルワールドを

「気持ち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く