話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

気持ち

ONISAN

伝えたい

僕は 君に惑わされる
まるで猫のように
気まぐれな 君は
僕の心を無視して
表情を変えるんだ

好きと伝えたい
ただ伝えたい
でも言葉にしたら
逃げてしまいそうで
何も伝えられない

僕は籠の中の鳥
自由な君は歩き疲れると
籠の傍で眠る猫の様
鳥を見つめ その手を伸ばし
籠に邪魔をされて
鳥に触れることなく
また自由に歩き出す

その手で触れて欲しいのに
ただそれだけなのに
何もできない僕は
気まぐれな君に期待して
籠の中で鳴いてるだけ

君には伝わらない言葉で
好きだよ

「気持ち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く