話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

気持ち

ONISAN

あなた

本当に見てほしい
私からのメッセージを
あなたはいとも簡単に
既読スルーする

悲しくて悲しくて
ただそれだけで
気付いてほしくて
分かりやすく
怒ったふりをする

怒ってる?
私に興味がないくせに
私があなたに興味がなくなるのは
嫌みたいで
気にかける

チョコ食べたい

あなたからの突然のメッセージは
意味不明で
答え方が分からなくて

次に会う時に忘れなかったら
チョコ持っていきます

なんて返事した

今、取りに行ってもいい?
そしたら、会えるじゃん

冗談かと思って
いいよ、って返した
ドキドキしてた

家、分からないから
コンビニまで出てきてよって

ほんとに?
思わず返した
だって、あなたは
私に会いに来ることなんてなかったから

もう出る?
何分で着く?
こんなに嬉しいなんて
チョコがほしいだけ?だったとしても
会えるのが嬉しくて
急いでコンビニに向かう

コンビニの隅での
なんでもない会話が
嬉しくて
あなたのその手が私の体に触れると
その体温が伝わってドキドキする
たった数分
私の想いがあなたに届けばいいのに

今日のあなたは
よく喋る
だから 少し分かったの
あなたは本当は甘え下手
いつも言葉足らずで
私を不安にさせて 私を怒らす

だから今日はあなたを
可愛いと思った
オレを支えてよって
強気なあなたの口から
そんな言葉が出てくるなんて

帰りに本当はぎゅーって
してもらいたかったけど

キスしないの?
キスはしない
恥ずかしくて咄嗟に避けたこと
後悔してる
でも
ほっぺにキスしてくれたから

本当はしたかったんだよ
次はぎゅーってして
次はキスして

ワガママな口下手なあなたを
私は嫌いになれない
あなたが本当に
私のこと嫌いになったら
別れてあげる

「気持ち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く