話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

気持ち

ONISAN

がんじがらめ

考え方の違いは
平行線
交わることは決して無い

君の小さな嫉妬は
可愛らしさを通り越して
僕をイライラさせる
そうやって君は
僕の行動に制限をかけていく

疑いの目で僕を見るから
全てが悪い方向にむいてしまう
ただゲームしているだけなのに
コソコソ何してるの?って
呆れて何も言い返せない

女の子のフォローなんてしないでよって
顔も何も知らない画面だけの相手に
嫉妬して逆上して責めたてる
呆れて何も言えない

別れてもいいけど
君は本当にいいの?
僕は君の中で
小さな僕で生き続けなきゃいけないのか?
そう思うと
全てを捨てて
別の道を選びたくなる

僕は君を束縛しない
男をフォローしても構わない
男と話してても構わない
でもそれは
君のことを信用しているから

君は僕を全く信用してない
僕のすること全てが
気に入らないかのように
全否定して
君の考えを押し付ける

そろそろ限界だよ
早く気付けよ
僕はまだ君といたい気持ちが
少しはあるから
君が僕のことを信用して
束縛の紐を緩めてよ

サヨナラの砂時計は
サラサラ零れる
どんどん少なくなる
それを止められるのは
君だけ

「気持ち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く