話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

気持ち

ONISAN

僕の君

君は毎日早起きで
子供たちのお弁当を作る

僕にはないのかな?
前は作ってくれたのに
でも断ったのは僕だから
何も言えない

仕事に行き
家事をして
子供たちの送迎もする

君は忙しいと
僕をほったらかす
たまには僕にかまって

車で出かける
君は助手席
眠そうな君に
僕は気付いているけど
いじわるをして
何も言わない

ウトウトする君を
横目で見る
そのうちに
気持ち良さそうに眠る君
愛らしい
いつもありがとう
しばらく
いい夢を見ていて

「気持ち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く