話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

愛する人

ウミネコ

追い求める人

中学生の時、白い蛇の夢を見たことがある。
と暗闇の中で探すかのように幼馴染の名を呼んでいた。その末に見つけたのはで人の大きさほどの大きな蛇だった。

大きな白蛇は語りかけた。

求める人が欲しいのかと。
私は蛇が探してる人の声で喋ってるのに驚き
怯えながら蛇を見つめた。

「その孝也(たかや)とやらは菅谷孝也か?」
頷き「探してるの、離れたくない。」私は泣いて答えた。「刻印の依り代をつくる。体を求めなさい」

蛇は私の体にまとわりついて這っていく。
冷たく撫でられるような感覚になる。
地味にリアルな感覚だった。
そのあと私のお腹に通じる場所から尾が入り込み子宮のところに何か疼く感覚があったのに金縛りにあったかのように動けなかった。

蛇がその体から尾を引き抜いた後、私から血が滴る中、赤い糸が私から出て絡まっていて動けないし、蛇は消えて、夢の中で恐怖で泣いてた私を力強く抱きしめる人がいた。

その人は私から出る糸とつながっていた人だった。

糸は何本にも枝分かれてて、消えたりしている。
抱きしめてくれるその人が誰か…顔見ようとした時…目が覚めた。

その夢はきっと…白い蛇が神様だったのかなってなんとなしに思ってる。

その後日だった。
私は彼に抱きしめられて初めてを奪われた。

その時の愛撫は彼の冷え切った手が這うように体をずっと撫でていく。そのうち首筋などキスされたり、胸を舐められたりしてエスカレートしていく
夢の中で蛇の這った感覚に少し似ていた。

少し強引で激しいキス…触れた手が敏感なところ触れた途端反応してしまう。
感覚的にもう。クラクラしてきてぐったりしてしまう。

その時の感覚や彼の前戯の仕方が私の今後の体に染み付き離れない。 
この後私たちは私の両親の転勤により引き裂かれる。
その直前だった。
私は彼に約束をした。

大人なったら会いましょうと。


これがのちに強い願いなり、まるで呪いのようになっていくのだった。

「愛する人」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く