話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生思い出したら彼女を探そう。

ノベルバユーザー48014

神様の紹介と世界設定

アリス神様。今は〇〇〇〇歳身長110cm背中の羽がチャームポイント実はおバカ(その説明は要らないわよ!)今後また出る機会があるのかを日々気にしている。(それも要らないわよ!)
アメリタ王国この国は東に友好国があり、西には海がある。この世界の住人の寿命は200年と言われているが南に住んでいる魔族との戦闘で早死することが非常に多い。基本的に貴族は7代程一緒に住んでいることが多いが戦闘によって死んでしまうことも多々あり。北には大きな森がありそこにはエルフが住んでいると言われている。エルフは人間の約10倍の寿命があると言われている。まだこの世界の住人の手の届いてない所にはモンスターがいる。人を襲うことがあるがすべて倒すとこの世界自体が無くなってしまうので残して進化をさせなければならない。モンスターが進化をすればエルフの様な人に近い生命体に進化したり精霊といった土地を守る役目を果たせなくなってしまうからだ。そして精霊は気に入った人間やエルフ、まだ出てきていないが獣人と契約を結ぶ事も稀にあると言われている。
現在の王国とその周辺の様子。魔族の国と冷戦中アメリタ王国の魔導師達と精霊の能力により結界を張られている。東の国と友好関係を結んでおりどちらかに魔族が攻めてきたら協力して立ち向かう。
その頃アリスと作者は。「何で私の紹介がこんなに酷いのよ。私のキュートな羽をもっとこの話に出しなさいよ!」「でも君はメインのキャラじゃないからね。」「もっと使いなさいよ。私があの2人を送らなかったら。この話は無いのよ。」「そんな事をしたらこの世界のパワーバランスが」「そこは何とかしなさいよ。作者でしょ。」「なら、力を抑えて人としてレオン達に会いに行けば。」「嫌よ。何で神である私があの子達にあわせないといけないのよ。」「なら、もう出られないかもしれないな。」「すいません。調子に乗りました。力を抑えるので出してください。」「考えておくよ。」こうしてアリスと作者の会話は幕を閉じたのであった。

「異世界転生思い出したら彼女を探そう。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く