うちの姉ちゃんはこわい

エルトベーレ

ランジェリーショップ

マネキンにされていて、わかったことがある。


ユリ姉はブラウスやスカート、ワンピースのように、清楚な女の子らしい格好が好みらしい。色も、パステルカラーやシックなモノトーン。


逆にサリ姉は、ジャケットやホットパンツなど、ボーイッシュな格好が好みのようだ。
そんなわけで、散々おもちゃにされた挙句、案の定荷物持ちまでさせられている。


「さて、最後はここね」
「いや、待ってよ! ここはさすがに嫌だって!」


連れてこられたのは、下着の店。
以前、サリ姉とのやり取りで、下着まで女物にすべき、という話になったのだった。


「ハルは、どういうのが好き?」


なんて、サリ姉は相変わらず意地悪な笑みを浮かべてくる。


「ちなみに、今日の柚莉菜はこれだよ」


そんなことを言いながら見せてくれたのは、舞い散る花びらがプリントされた淡いピンクのパンツと、同じ柄のブラジャー。
ユリ姉が、これを……。あ、やば……ドキドキしてきた。


「……想像したでしょ?」
「サリ姉がさせたんでしょ」
「ハルちゃん、どうかした?」
「い、いや、なんでも……」


つい挙動不審になっちゃったじゃないか。


「いやぁ、柚莉菜とお揃いはどうかなぁと思って」


余計なことを。


「えっ、でも、私かわいいの着てないし……」
「そんなことないよっ」
「えっ?」


うっかり口を滑らせてしまった。なんとなくだけど、さっきサリ姉に聞いたことはユリ姉に言ってはいけない気がした。


「あ、いや……ユリ姉は何着てもかわいいと思うし……」
「ふふっ、ありがと」


そんなこんなで地獄のお買い物タイムは終了。
せっかく二人の美少女とのデートだったのに、全然楽しめなかった。今度はもっと、普通に来たい。
まぁ、でも、ユリ姉が楽しそうだから、いっか。

「うちの姉ちゃんはこわい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く