妹のいるグラウンド

エルトベーレ

第13話 反撃の狼煙 -side Ayaka- vs青葉台女子④

二回の攻撃は六番の綾羽先輩から始まるものの、ショートゴロ、三振、三振と、あっさり三人とも凡退してしまい、すぐに守備に切り替る。
ランナーがいれば還す自信はあったけど、次の三回は遥奈ちゃんからかぁ。遥奈ちゃんはたぶん打てないしなぁ……。


「この回、また一番に帰るぞ。余計なランナー出さずに、下位をきっちり切っていけ」
「はい!」
ネクストバッターズサークルから戻ってきた遥奈ちゃんに、兄さんはそう声をかけていたが、思っていたより彼女は元気そうだった。
初回に打ち込まれたことを気にしてるんじゃないかと思ったのね。でも遥奈ちゃんは、そういうのを力にできる子だよ、兄さん。


二回の裏は九番から。
上位打線は確かに強力だけど、下位は一年生だし、双子バッテリーの相手じゃない。外のムービングボールを引っ掛けて、私の正面に転がってくる。これを丁寧に捌いてセカンドゴロに打ち取った。
「ワンナウトー!」


初回の並木さんは初球打ちだった。ここは一球外して様子を見てみるのもいいんじゃないかな。
私の思った通り、兄さんは様子見のサインを緩奈ちゃんに出す。
外の低めに外れるドロップを放るが、振ってきた。しかし、これは当たらず空振り。
「ナイスボール、遥奈ちゃん!」
見逃されてもストライクになるように、なんて欲は出してはダメ。緩奈ちゃんもさっきの霞淑さんの打席で思い知っただろうし、慎重に組み立てている。


さて、この初球空振りをどう考えるかな。
一打席目もアウトローのストレートを打たれたし、アウトコースが好きで、つい手が出てしまったとか。それとも、初球は何が何でも振るタイプとか? 一番に据えられるくらいだから、フリースインガーってことはないだろうし。
そんなことを考えている間に二球目が放られる。外角低めに、さらに外に逃げるスライダーだ。遥奈ちゃんのスライダーはよく曲がるけど、その分球速が遅く、ちょうど彼女の投げるドロップと同じくらいの球速しか出ない。だけどそれは欠点なんかじゃなくて、強力な武器になる。


狙い通り、ドロップだと判断したのか、並木さんはこの球のだいぶ下を振って空振り。
二球ともボール球を振っての空振り。多少外れていても、強引に当てにいくタイプなのかな。ならここは、変化球で三振を狙いにいってもいいと思う。
兄さんは様子見解除のサインを出し、緩奈ちゃんも遥奈ちゃんにサインを出す。緩奈ちゃんの選択は、途中までストレートに見えて、ボールゾーンに落ちるスプリット。緩奈ちゃんも空振り三振狙いだ。
二球続けてボール球を空振っていることもあって、さすがにこの一球は見送られた。
「いいよ! 慎重にね!」
「打たせていいよ!」
見送られはしたものの、これで外への目付は充分。
最後はインハイへのストレートを見逃して、見事に三振を奪った。
「その調子でガンガン頼むよ!」
なんて、結衣さんはプレッシャーを与えるようなことを言う。でも、今の遥奈ちゃんはそう簡単には崩れないだろう。それをわかってて言ったのかな。


次は伊淑さん。初回は外角高めに外した球を強引に引っ張って、守備の間を抜かれてしまった。だけど今回はランナーはいない。守備の方も、打者に集中できる。
伊淑さんはランナーなしでもバントの構えをとった。バスター打法。遥奈ちゃんの球筋は特別見辛いわけじゃないけど、それが彼女のスタイルだった。少なくとも一昨年の大会で当たった時は。
初球、内角高めに鋭く食い込む高速スライダー。
伊淑さんはこの球を、バットを引いて見送るのが精一杯といった様子だ。
「手出ないよ! 攻めていこう!」
遥奈ちゃんの口元には笑みが浮かんでいるようにも見える。段々調子が上がってきたのが自分でもわかるんだろう。
バスター打法ではテイクバックが小さくなるため、強い打球は飛びにくい。特に内角の球は遠心力も小さく、よほどのスイングスピードがなければ、前進していない内野を抜くのは至難の業。
緩奈ちゃんも、それをわかっていての配球なんだと思う。……さすが、性格悪いな。
こうなると、伊淑さんはセーフティバントをするか、バットを引いて見送るしかない。
さらに追い打ちをかけるように、緩奈ちゃんのサインで守備シフトが変わる。サードの美憂ちゃんが少し前めに守り、残りの内野手を右側に固めた、徹底した右打ち警戒。
ということは、遥奈ちゃんの投げる球は、より右側に転がりやすくなる外一杯のカットボール。
これは読めていてもなかなか手は出ない。転がさずに内野の頭を越えなければ、ヒットの可能性は極端に低くなるんだから。
結局、これはファウルになって簡単に追い込んだ。
そして三球目は、内角低め一杯に決まるスプリット。ストレート並みの球速で大きく変化したり小さく変化する球を混ぜられたら、対応できないのも当然ね。
「ナイスボール、遥奈!」
二者連続三振で、ランナーを一人も出すことなく二回を終えた。



「遥奈ちゃん、良いピッチングだったぞ」
「あ、ありがとうございます!」
ベンチに戻ってきた遥奈ちゃんに、兄さんはねぎらいの言葉をかけていた。
……いいなぁ。


やや疲れてはいるみたいだけど、気持ちは前向きだし、調子も出てきてる。その様子を見て、兄さんは続投させるか迷っていた。
遥奈ちゃん自身はまだ投げたいだろうし、私としても、まだ彼女に投げていてほしい。悪いけど、今の結祈ちゃんの球であと二巡抑えられるとは思わない。
「緩奈ちゃん」
「絢郁……、わかってるよ。でも球数も少し多いし……」
二回を終えて、球数は三十四。緩奈ちゃんの基準では、どのくらいまで投げさせていいんだろう。
「今みたいなピッチングできるなら、まだ大丈夫だと思うけど」
なおも引き下がろうとしない私に、彼女も自分の気持ちを優先したのか、ある条件つきで兄さんに続投を頼んだ。
「じゃあ、一人でもランナー出したら、遥奈を変えてください。それでいいです」
「だってよ、遥奈ちゃん。優しいね、緩奈ちゃんは」
「もちろん、自慢の妹だもんね。ありがとう、絢郁。ここから全員三振に取ればいいだけの話だもんね」
「あれ、遥奈ちゃんが姉なんだったっけ……」
「酷いよ、絢郁ー!」
結祈ちゃんをできるだけ温存しておけば、終盤でも全力投球できる機会が増える。
遥奈ちゃんはどこまでもってくれるかな……。



三回の攻撃は遥奈ちゃんからだったけど、やっぱり見事に三振して、相手に早々にアウト一つ献上する形になった。
「ごめん、絢郁。出れなかった……」
「大丈夫。点は私たちで取るから、遥奈ちゃんはピッチングに集中して」
「絢郁……。うん、ありがとう」


続く私の打席。
バッターボックスに入る私に、兄さんはあるサインを出した。あれは、"狙い打ち"のサインだ。エース対決の時に見せつけた、野手の正面を狙い打つ技術は、言い換えれば、野手のいないところを狙い打つこともできるということ。
このサインは私にしか出さないって言ってた。それだけ私を信頼してくれてるんだ。ちょっと嬉しい。


最初の打席はライト前に打った。何でもない当たりだったのに、捕ってから投げるまで、ライトは少しもたついていた。センターもライトよりに守っているし、肩も強くはなかった。なら、当然狙うのはライト線。私なら、それで三塁までいける。


私は初球を三塁方向へのファウルにし、流し打ちの気配を見せておく。
「絢郁ー! 打てー!」
そして二球目、ストレートがやや甘く入ってきた。これを逃す手はない。しっかり振り抜いて打ち返す。
弾丸のように伸びていった打球は、ライト線のほんの内側でワンバウンドし、ファウルゾーンへ転がっていく。狙い通り、いいところに落ちた。
「さすが絢郁!」
「ナイバッチー!」
「二塁行けるよー!」
みんなが口々に称賛してくれるのが聞こえる。
ここでアウトになったらチームの勢いを殺しちゃうかも……。三塁まで行きたいけど、どうだろう。
ライトが拾って、中継にまわして、サードに投げて……。うん、イメージできる。これならなんとか間に合いそう。
打球を確認してからは、コーチャーの指示に従って、無我夢中で走った。絶対三塁までいってみせる!
「絢郁、滑って!」
三塁コーチャーの綾羽先輩の指示で、タッチを掻い潜るように身を翻しつつ頭から滑り込んだ。それでも、感覚的にはほぼ同時だったように思う。
判定は……?!

「妹のいるグラウンド」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く