話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

白い悪魔と愛した人達へ

恐怖の解離


沢山のポン中を見てきたが、廣瀬以上にひどいのはいないし、廣瀬と食い方を覚えた私もひどい。ここで私は白い悪魔と2年間、さよならすることになる。その原因になった事件。

廣瀬と食い出して5日頃。
廣瀬の様子がおかしい。
壁にもたれて頭を大きく揺さぶっている。
三回揺さぶったその時。
廣瀬がいきなり怒鳴り出した。
喧嘩口で何を言ってるのかわからない。
そしてまた三回頭を揺さぶる。
今度は子供の人格がでてきた。
そしてまた三回頭を揺さぶると
廣瀬は泣き出した。
また三回揺さぶって喧嘩口調の廣瀬、子供の廣瀬、泣く廣瀬。三人格が出てきたのだ。
私はどうしていいかわからずパニックになり泣く。1時間ほどした頃、元の状態に戻った。

こんな現象に陥ったのはこれが最初で最期である。クスリのせいやなくて廣瀬が脳が壊れてたんではないかと推測。

この事件をきっかけに、私は廣瀬に辞めると言い。廣瀬は何日か家を空けて違う女とやるようになった。

もう廣瀬との覚醒剤生活は恐怖でしかなかった。  

「白い悪魔と愛した人達へ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く