話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

白い悪魔と愛した人達へ

ケミカル


クラブでよく絡む男に貰ったのが始まりだった。

「これ飲むとまじあがるよ」

渡された錠剤はピンクでシャネルのマークが刻まれていた。

あがるんなら…

軽い気持ち。
飲んでから30分。
気分は高揚しとても幸せな気持ちになり音がよく聞こえ昼まで踊り続けた。

それから私はケタミンやコカイン。
いわゆるケミカル系ドラッグをクラブでは常にきめていたし、仕事中もやるようになった。

ケタミンは吸うとグルグルして気持ちいい。
コカインは一瞬で時間は短いものの気分があがる。

クラブでは欠かせないものになっていった。


「白い悪魔と愛した人達へ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く