創造神で破壊神な俺がケモミミを救う

てん

第70話

それぞれの城門前でゼーレやルル達が勝利を納めている中、ペンタゴンから少し離れた北の地では青龍スタイルの犬斗とバセルダが激しい拳撃の打ち合いを行っていた。

「なんだお前の身体は? いくら攻撃を当てても手ごたえがねぇな。」

バセルダは拳撃が当たっているにも関わらず、ダメージを受けている様子のない犬斗に怪訝そうな表情を浮かべる

「くっ速すぎる・・・・」

犬斗は青龍スタイルの物理攻撃無効化のおかげでダメージはないものの、バセルダにいいように打ち込まれていることに苦しそうな顔をしていた。

青龍スタイルを使っている犬斗に対してバセルダは一切身体強化系のスキルや魔法を使っていない。

生身の状態であるにも関わらず、バセルダは自身の身体能力と戦闘技術のみで犬斗を圧倒していた。

犬斗はたまらず一旦後方に下がって距離を取ろうとするが、すぐさまバセルダが距離を詰める。

そんな攻防を繰り返すうちに犬斗とバセルダは西北の城門から大きく離れ、ペンタゴンの北部にあるデュセオ領地とボレアス領地の境まで移動していた。

「おいおい。お前の実力はこんなもんなのか? アーヴを倒したっていうからそれなりに強いのかと期待したがとんだ期待外れだ。」

退屈そうな様子を見せながら犬斗に拳撃を食らわしていくバセルダ。

犬斗は青龍スタイルではバセルダの速さに対抗出来ないと判断すると、朱雀スタイルへと切り替える。

「おぉ! 面白い技を使うじゃないか。」

バセルダは水を纏った竜人の姿から炎を纏った鳥人の姿に変化した犬斗を見て、楽しげな顔をのぞかせる。

朱雀スタイルになったことで俊敏性を大きく向上させた犬斗はバセルダの拳撃を受け止めると、バセルダの腹部に拳をめり込ませる。

「ぐふっ!」

バセルダは腹部を打たれたことで後方へと吹っ飛ぶが、空中で一回転するとそのまま足から地面へと着地する。

「やれば出来るじゃねぇか。」

打たれた腹部をさすりながら愉悦に満ちた表情を浮かべたバセルダは初めて魔法を発動させた。

魔法を発動したバセルダの姿は徐々に人間ではないものに変化していく。

「僕と同じじゃないですか・・・」

バセルダの変化した姿を見て、思わず言葉を漏らす犬斗。

バセルダの変化した姿は、犬斗の朱雀スタイルと全く同じ炎を纏った鳥人の姿だった。

「何を驚いてやがる。お前と同じ力だろうがよ!」

バセルダは驚く犬斗に向けて自分の持つ力は犬斗と同じものだと告げる。

「ではあなたも魔獣を使役出来るのですか?」

「はぁ? 魔獣を使役? 何で魔獣を使役しないといけないんだよ。俺は魔獣を生きたまま喰うことで魔獣の力を自分の物に出来るんだよ。お前も同じじゃねえのか?」

「僕は生きた魔獣を食べたりなんかしません。この力は使役した従魔の力を借りているだけです。」

「はぁ? 魔獣から力を借りるだと? 温いことを抜かす奴だな。信じられるのは己だけだろうが・・・借りた力などたかが知れている。」

バセルダは魔獣の力を借りていると話す犬斗の事を馬鹿にしたように鼻で笑った。







実はバセルダは宮廷魔法師でありながら、六属性全てに適性をもっていない。

そのかわり生きたまま食べることによって魔獣の力を自分の物と出来る悪食魔法という固有魔法を使って宮廷魔法師第七位の座まで上り詰めていた。

バセルダが固有魔法に目覚めたのは幼少期の壮絶な経験からくるものであった。

帝国の外れにある小さな村でその生を受けたバセルダは幼少期に家族と親戚を盗賊の襲撃により全て失っていた。

盗賊の襲来時、当初いたずら好きだったバセルダは父や母を驚かせようと衣装箱の中に隠れてその機会を待っていた。

しばらくして家の中からバセルダを探す父と母の声が聞こえ始める。

バセルダは自分の思惑通りに父と母が自分を探し始めたと気付き衣装箱から姿を見せようとした。

しかしその時、急に大きな音が家に響いたかと思うと、心配そうにバセルダを読んでいた父と母の声が悲鳴へと変わる。

急に響いた大きな音に驚いたバセルダは恐る恐る衣装箱の蓋の隙間から様子を窺った。

バセルダの目の前に繰り広げられていたのは盗賊により切られ、身体から血を噴き出していた両親の姿だった。

幼いバセルダはその光景に怯え、その後村人に発見されるまで衣装箱の中で震え続けていた。

唯一死を免れたバセルダであったが、帝国の外れにあるような貧しい村にいる村人では身寄りのないバセルダを養う余裕はなく、自然とバセルダは厄介者扱いされるようになる。

一日一日を生きていくことに必死だったバセルダはそのうち力というものに大きな執着心を持つようになる。

家族を失って初めて迎えた冬の時期、野草や作物等が育たない冬の環境ではろくに食べる物を口に出来ず、バセルダの身体は酷く痩せこけていた。

バセルダは何とか食べるものを探そうと村の北部にある森へともたつく足を必死に動かしながら進んでいく。

既に何日もまともな食事を取れていなかったバセルダは森の中で遂に力尽き倒れてしまう。

なんで俺がこんな目に・・・俺にもっと力があれば・・・

意識を朦朧とさせながらも両手両足を使い、這うようにして前へと進もうとするバセルダ。

そんな時、わずかに血の香りがすることに気付いたバセルダは残った僅かな体力を削りながら血の香りのする方へと進む。

血の香りは徐々に強くなっていきようやく香りの正体を見つけた。

その正体とは村人が治安維持の為に設置していたトラバサミ型の罠にはまっていた犬型魔獣の子供だった。

犬型魔獣の腹部にはトラバサミの刃が食い込んでおり、犬型魔獣は浅い呼吸を繰り返していた。

肉など家族を失って以来口にすることのなかったバセルダは、目の前で死にかけている魔獣を見つけると一心不乱に噛みついた。

バセルダに噛みつかれたことで小さな悲鳴を上げながら必死に抵抗する犬型魔獣。

しかしそんな犬型魔獣には見向きもせずひたすら自身の空腹を満たす為だけに魔獣の肉に喰らいついたバセルダは、その後魔獣の皮、肉、血の一片も残さず平らげた。

バセルダが久々に得た満足感に浸っていると、自分に妙な力が備わっていることに気付いた。

「これは・・・」

バセルダがその力を確認するように手のひらを前方の木に向け、力を込めると炎の弾が木に向かって放たれた。

目の前で燃える木々を見ながら、自身の力に驚くバセルダ。

自身に力がないことを嘆き、大きな力を渇望しながら、毎日生き抜く為に食べていくことばかり考えていたバセルダは本人も知らない間に悪食魔法を使えるようになっていた。

直観的に自身に備わった力を理解したバセルダはその後村から姿を消すことになる。

そして二十年後、帝国に存在する魔獣を喰らい尽くしその力を手にしたバセルダは帝国の宮廷魔法師の地位にまでなっていた。

幼少期の頃から力を渇望し魔獣と命懸けの戦闘を毎日のように行っていたバセルダはその経験から我流での戦闘技術と類稀な身体能力を手にしていた。

犬斗とは正に対極的な方法によって力を得ていたバセルダ。

犬斗は自身と同じ姿をしていながら圧倒的な存在感を放つバセルダの姿に思わず後退りしてしまう。

犬斗の額には一滴の汗が静かに流れていた。

「創造神で破壊神な俺がケモミミを救う」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く