創造神で破壊神な俺がケモミミを救う

てん

第64話

ケンプフは手に持った分厚い本のページを開くと、そこに書いてある文字を読み上げた。

「セキュリティ。」

ケンプフが文字を読み上げたと同時にラネッサの放った溶岩がケンプフを飲み込む。

「やっと終わったわ。」

ラネッサはケンプフが溶岩に飲み込まれたのを確認すると、遠くの方で戦闘を続けているナーシェン達に姿勢を移す。


これは私が一番乗りかしらね。


ラネッサは自分が城への一番乗りの栄誉をあずかれると大きな笑みを浮かべながら、ケンプフの後方にそびえ立っていた城壁へと向き直す。

「確かにディシント鋼を加工してこんな物を作るなんて創造神を名乗る者は相当な使い手なのでしょうね。でも加工は無理でも溶かすだけなら私の溶岩魔法でも可能だわ。」

ラネッサは城門を溶かそうと城壁に向かって溶岩魔法を放とうと魔力を込める。

その時、いまだ熱を帯びている溶岩流の中から飲み込まれたはずのケンプフが飛び出してきた。

ケンプフは溶岩流から飛び出すと、溶岩流が流れていない場所まで後退し自身に掛けていたセキュリティを解いた。

「ぜぇはぁ・・・大地はこんな魔力を喰う魔法をヘキサゴンにかけてやがったのか。」

肩で息をしながら、改めて大地の規格外の魔力量に驚くケンプフ。

「なんで生きている?」

驚いていたのはケンプフだけではなかった。

ラネッサも溶岩に飲み込まれながら、その溶岩からの脱出を果たしたケンプフを見て驚愕の表情を浮かべていた。

後少しで城への一番乗りを果たせるところだったラネッサは、苛立った様子を見せると、ケンプフもろとも城門を溶かすために再度大規模な溶岩流を出現させる。

出現した溶岩流は先程までの溶岩流とは違い、追い詰めるようなゆっくりとした動きではなく、波のような速さでケンプフと城門に襲い掛かってきた。

溶岩流が迫ってきているのに気づいたケンプフは再度本を開き、文字を読み上げる。

「タイダルウェーブ。」

ケンプフが文字を読み上げると、ケンプフの前方から大きな津波が発生した。

ケンプフが発生させた大津波は迫りくる溶岩流を飲み込んでいく。

飲み込まれた溶岩流はその熱量で津波を蒸発させようと、ブクブクと津波を沸騰させていくが、溶岩流より遥かに大きい津波の物量に、徐々に熱量を奪われていく。

津波により熱量を奪われた溶岩流はそのまま固化し、いびつな丘を形成していった。




ケンプフ専用魔法発動武具「天災」


この本型の武具には大地が自然災害である暴風、地震、津波、豪雪等を再現した魔法をプログラミングによって書き込んだ魔導書のような物であり、本のページに書かれた文字を読み上げることでその魔法を任意で発動できる代物になっている。

実はケンプフはこう見えて、魔力量だけならゼーレよりも高い値を示していた。

しかし魔法のイメージがもの凄い苦手らしく、水弾や障壁等の基本的な魔法しか扱うことが出来ていなかった。

高い魔力を持ちながら、その魔力を生かせていないケンプフを見た大地が、魔法イメージ力の低さを補いつつ、高い魔力量を生かした武具を作ろうとして作ったものがこの天災であった。

しかしこの天災には大きな欠点が一つ存在する。

それはその魔法の威力故に消費魔力が非常に大きくなってしまったことである。

人間の兵士達の要望により急遽隊長に任命されたケンプフ。

帝国が迫っている中、急ごしらえで作成したこの武具は、予想以上に使い勝手の悪い物になってしまっていた。

もし常人が天災を発動してしまえば立ちどころに魔力枯渇を起こし、最悪の場合死に至るだろう。

魔力量が常人に比べ高いケンプフですら全快の状態でも日に三発の魔法を放つのが限界である。

その為大地はケンプフに使いどころを見極めるように何度も忠告していた。

しかしケンプフは天災の使いどころを見極めようとするあまり、使うことを躊躇ってしまい、結果として連続して二発もの魔法を使ってしまうことになっていた。

それまで水魔法を多数放ち、その後消費の大きい魔法を二発使ってしまったケンプフは片膝を着いたまま、激しく呼吸を繰り返す。

自身の発生させた溶岩流を飲み込んだ大津波を見て、喚くように声を挙げるラネッサ。

「そんな大規模な水魔法なんて聞いたことも見た事もないわ!? あなた一体何をしたっていうのよ!?」

しかし魔力消費の激しいケンプフはラネッサの問いに答えることが出来ない。

ラネッサはケンプフの魔法に一時戸惑った様子見せたが、ケンプフの辛そうな様子を見て、すぐさま魔力枯渇を起こしていることに気付くと余裕を取り戻す。

「さっきの水魔法には私も驚かされたけど、もう放てないみたいね。」

「はぁはぁ・・・それはどうかな?」

ケンプフは苦し紛れにラネッサに返答するが、どう見てもケンプフは憔悴しきっていた。

実際にケンプフには天災を発動させるだけの魔力は残っていない。

もし次、天災を発動すれば魔力枯渇を起こし、最悪の場合死に至るであろう。

しかしケンプフはその事を理解してなお、天災から魔法を発動させるつもりであった。

ラネッサの溶岩魔法を喰らっていたケンプフは、溶岩魔法の熱量を持ってすれば、いくらディシント鋼で作られた城壁だろうと溶かしてしまうことが分かっていた。

ここで自分がラネッサを止めなければ、立ちどころに城門は溶かされ、ペンタゴン内に帝国兵がなだれ込んでくるだろう。

そうなればペンタゴン内にいるリリーナ達も無事では済まない。

自身の命を懸けてまでも魔法を放つ覚悟を決めたケンプフは天災を片手に発動する魔法のページを静かに開く。

ケンプフの覚悟を知らないラネッサはすでに勝利を確信したように大きく笑みを浮かべると、先程と同じ大規模な溶岩流をケンプフに向けて放った。

「はぁはぁ・・・これで終わりよ!」

ラネッサも連続で大規模な溶岩魔法を放ったことで、大部分の魔力を消費しており肩で息をし始める。

迫りくる溶岩流を見つめながら覚悟を決めていたケンプフは迷わず、文字を読み上げた。

「タイダルウェーブ!」

ケンプフが残った魔力の全てを込めながら声を挙げると、前方に先程より大きな津波が発生する。

「嘘でしょ!? もう魔法は使えないはずじゃ!」

ラネッサはケンプフが先程よりも大きな津波を発生させたことに、浮かべていた余裕の表情を徐々に驚愕の表情へと変化させていく。

ケンプフが発生させた大津波はラネッサの溶岩流を簡単に飲み込むと、勢いを落とすことなくラネッサへと向かっていく。

ラネッサは自身の前方に何層にも溶岩流を作りだし、津波の勢いを削ごうとするが、残存魔力の少ないラネッサには大規模な溶岩流は出現させる力は残っておらず、出現させたそばから津波に飲まれ固化していく。

津波は速度を緩めることなくラネッサを飲み込もうと迫ってくる。

焦ったラネッサは目の前に溶岩流を山の形にして出現させる。

ラネッサが溶岩流の山を目の前に形成したのと同時に津波がラネッサに襲い掛かった。

出現させた溶岩山にぶつかり二手に割かれる津波。

ラネッサは溶岩山のすぐ後ろで両膝をついた状態で呼吸を整える。

溶岩山を出現させたことでラネッサの魔力はとうとう底をついてしまった。

もしこの溶岩山が崩壊してしまえばラネッサに抵抗する力はもう残っていない。

神にでも祈るかのように溶岩山を見つめ続けるラネッサ。

しかしその祈りは届くことはなかった。




ピキッ! ビキッ!

ラネッサの耳に嫌な音が響き渡った。

「嘘!? 嫌! 耐えなさいよ!」

溶岩山の至る所にヒビが入っていき、その隙間から水が流れ落ちていく。

ラネッサは必死に出来た隙間を溶岩魔法で埋めようとするが、魔力の残っていない状態ではそれも叶わない。

ヒビの入った溶岩山は遂に津波の物量に押しつぶされるように崩壊していった。

「いやぁぁぁああ!」

叫び声を上げるラネッサを津波が飲み込み、津波に削られた溶岩石と共に荒れ狂う水流に巻き込まれる。

その水流の中で全身に溶岩石を打ち付けられたラネッサは意識を飛ばしていった。

「創造神で破壊神な俺がケモミミを救う」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 伊予二名

    ラネッサの死には苦痛と絶望と屈辱が足りないな。

    0
コメントを書く