創造神で破壊神な俺がケモミミを救う

てん

第63話

化け物でも見るかのような顔でフィアを見つめるパレス。

フィアを見たパレスの中の本能がこの場から逃げろと命令をしてくる。

パレスは背中に感じた悪寒の理由もわからずその本能に従い踵を返して逃げ始めた。

「聞いてた話と違うじゃないか! ここは化け物の巣窟だ!」

恥も外聞も捨て全力で逃げるパレス。

しかしフィアが逃亡を許すわけがなかった。

フィアは土魔法により岩石の拳を前方に出現させる。

その拳は九尾に溜めこまれた魔力を吸収すると急速に大きくなっていき、巨人の拳へと変化していった。

フィアは魔力を全て吸収した巨人の拳をパレスの背中へと振り下ろす。

「やめろ! 来るなぁ!!」

拳の影が迫ってきているのを知ったパレスは必死に影の外に出ようと走る。

「こんなはずじゃ・・・嫌だ! 死にたくな―――――」

パレスが逃げながら断末魔のような叫びをあげた時、巨人の拳がパレスを捉えた。

パレスのいた場所は大きく凹み、周囲は拳の衝撃により地面が隆起していく。

フィアの一撃により発生した土埃により一時的に周囲は砂嵐のようになっていった。

しばらくして砂嵐が止んだ後、そこにはパレスの姿どころか残骸すら残っておらず、中心に大きな血の跡が残っているのみであった。












意気揚々と戦っていたフィアとは対照的にケンプフは相手が自分より挌上である生体兵器開発局の室長相手に防戦一方になっていた。

「そろそろ諦めなさいよ? そんなにしつこいんじゃ女にモテないわよ?」

「生憎既に心に決めた相手がいるものでして・・・・」

生体兵器開発局第四室長であるラネッサは身体に無数のダメージを与えながらも、いまだに仕留めきれないケンプフに対して呆れた顔を向ける。

第四室長であるラネッサはナーシェンやパレスと同じように基本属性から派生させた魔法の使い手である。

第四室では火魔法の研究を行っており、ラネッサは火魔法から派生させた溶岩魔法を使ってケンプフを攻めたてていた。

ケンプフも負けじと水弾を放って応戦していたのだが、ケンプフが放つ水弾程度ではラネッサの溶岩魔法の熱量によって着弾前に蒸発させられてしまい、全く意味を為していなかった。

本来火魔法の弱点である水魔法の攻撃をものともせず、むしろ水魔法の弱点ともいえる溶岩魔法を使うラネッサにケンプフはたまらず大地に作成してもらった武具を使おうとするが・・・

『使いどころを間違えるなよ? この武具を使えば一時的にとはいえ宮廷魔法師とも戦えるがその分反動も大きい。もしタイミングを間違えれば最悪死ぬぞ。』

武具に手をかけたケンプフは武具を渡してきた時の大地の言葉を思い出し、武具の使用を躊躇してしまう。

「なんだ。何もしないの? ならそろそろ死んでくれないかな?」

ラネッサはこの戦いに飽きたと言わんばかりに早々の決着をつけるべく、ケンプフの周囲の地面に熱を加えて溶岩にしていく。

ケンプフの周囲は瞬く間に赤い光を放つ溶岩になり、隆起した溶岩に囲まれてしまうケンプフ。

近くにいるだけで火傷を引き起こす高熱の溶岩が徐々にケンプフに迫ってくる。

「これはやばいな。使うべきか使わないべきか・・・」

武具の使用について悩んだケンプフであったが、まだ武具を使用するべきではないと判断すると、自身に水魔法を何層にも纏わせ始める。

水の鎧を身に纏ったケンプフは多量の水弾を放ちながら迫ってくる溶岩へと突っ込んでいった。

水弾は溶岩の熱量によって蒸発していくが、多量に放たれた水弾により徐々にその熱量を下げていく。

「あぁくそ! もうやけだ!」

ケンプフは不快な表情を浮かべながら熱量の下がった部分に今度は大きな水塊を放ちながら突撃していった。

熱量は落ちたとはいえいまだ高熱を放つ溶岩。

溶岩に突撃したケンプフを纏っている水の鎧が急速に蒸発していく。

「くそがぁ! 砕けろ!」

ケンプフは雄叫びを挙げながら水塊を放ち続け、なんとか周囲を囲っていた溶岩の一部に穴を開けることに成功する。

命からがらその穴から脱出するケンプフ。。

「本当にしぶといわね。水魔法の使い手でこれほどまでに粘ったのはあなたが初めてだわ。」

「はぁはぁ・・・そりゃどうも。」

全身に軽い火傷を負いながらも気丈に振る舞うケンプフの姿を見て、気に食わないといった表情を浮かべ出すラネッサ。

ケンプフは実力の違いに加え、相性の悪さからラネッサには敵わないと考え、ガランやフィア等の助けが来るまで時間稼ぎをしようと考えていた。

「ねぇあんたさ。私にまだ勝てるとか考えてる?」

「さぁな。でもここであんたを止めないとうちの大将に怒られるからな。」

「面白くないわね・・・あんた追い詰められているのよ? もっとこう命乞いするとかない訳?」

「いやすまないが質問の意味がわからない。」

ラネッサは絶対勝てるはずのない状況にありながら、取り乱す様子を見せないケンプフに睨みをきかせると、先程とは比べものにならない規模の溶岩をケンプフの周囲に作りあげていく。

「さぁこれでもまだあんたは私に勝てると思っているのかしら!?」

ケンプフは周囲に出現した津波のように迫ってくる溶岩流を見ながら、今度こそ大地の武具を使わなければ死ぬと確信する。

自身の防衛の為に武具を手に取ろうとした時、ラネッサがケンプフの恐怖心を煽ろうと話を始めた。

「これでも絶望しないの? 面白くないわね。初めて溶岩魔法の実験した時の獣人はいい声で泣いてくれたのに。」

「獣人?」

ケンプフは獣人という言葉を聞いて思わず聞き返してしまう。

「そうよ。性能を試す為に奴隷の獣人の姉妹に溶岩魔法使ったのよ。丁度今のあなたと同じ状況だったわね。」

「・・・それでその子達はどうなった?」

「何言ってるの? 死んだに決まってるじゃない! 姉の獣人はあんたと一緒で面白味に欠ける反応だったわ。自分の身体を燃やしながらも最後までに妹に優しい声をかけ、死ぬ間際まで妹を溶岩から守ろうとしてたんだから・・・」

実験で使用した姉の獣人の反応についてつまらなさそうに話すラネッサだったが、妹の獣人の話になると途端に恍惚とした表情を見せはじめた。

「その代わり妹の反応は素晴らしかったわ! 姉が自分の前で死んでいった時の絶望の叫び声、そして自分が溶岩に焼かれている時の絶望の顔。今思い出してもあれほどの興奮を覚えたことはないわ。人は死の間際・・・いや。絶望を感じた瞬間に最も素晴らしい顔を見せてくれる。」

天を仰ぐようにその時の光景を思い出すラネッサ。

余程その時の光景を気に入っているのだろう。

ラネッサは急に気が触れたような高笑いを見せる。

ラネッサの狂気的な様子を見たケンプフは帝国での獣人の扱いに改めて嫌悪感を抱きながら、実験で命を落とした獣人の姉妹をリリーナ達と照らし合わせて考えていた。

もしここで俺が負け、帝国兵の侵入を許してしまったら?

もし帝国兵にリリーナ達が捕まってしまったら?

もし生体兵器開発局の実験に使われてしまったら?

ケンプフの頭の中には愛するリリーナと教会の子供達が帝国の実験に使われ苦しむ様子が浮かんでいた。

もし俺が負けても大地や犬斗やガランがいる。

他の奴らがなんとかしてくれる。

ケンプフはこの戦いにそんな安易な考えを持って臨んでいた。

マルタにいた頃はリリーナ達を守る為に、どれだけ不利な状況でも決して引くことなく自分一人で戦ってきたケンプフ。

しかし自分より大きな力を持ち、同じ志を持つ大地達に出会い、ペンタゴンでの平和な生活を経験するうちに自分が守らなくても大地達が守ってくれるという甘えがケンプフの中に生まれていた。

俺はどれだけ甘い考えをしていた・・・

時間を稼げば大地達がなんとかしてくれる? そうじゃないだろ・・・!

リリーナ達を守るべきは大地達じゃなくて俺だろ・・・

ケンプフはマルタで戦っていた時の覚悟を忘れていた事に気付いた。

これまでの自分の平和ボケした不甲斐なさに苛立ちを覚え、額に青筋を浮かべるケンプフ。

「あんたはやっぱり面白くないわね・・・もういいわ。あんたを殺してあの城にいる獣人達に期待しましょう。」

ラネッサは溶岩に飲み込まれようとするケンプフに興味が失せたような冷めた目を向ける。

既に溶岩はケンプフの頭上にまで迫っており、今にもケンプフを飲み込もうとしていた。

「ペンタゴンにいるリリーナ達には指一本触れさせない。」

そう静かに口を開いたケンプフは大地から授かった武具を手に持った。

その手に持っていた武具は辞書のような分厚さを持つ一冊の本であった。

「創造神で破壊神な俺がケモミミを救う」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く