創造神で破壊神な俺がケモミミを救う

てん

第62話

ペンタゴンの正門にあたる西側の城門ではガラン、マヒア、ケンプフ、フィアがナーシェンを含めた室長達と一対一での戦闘を行っていた。




そんな中、戦場に似つかわしくない可愛らしい雄叫びを挙げながら猪突猛進している人物が一人・・・・


「無駄無駄無駄無駄だよぉ!」

「お前は一体何者なんだよ!?」

周囲に九つの小盾を旋回させながら、自身の身長ほどある戦槌を振り回すフィア。

生体兵器開発局第三室長のパレスは地上と空中から、つららの様な鋭い氷の塊を出現させ、フィアに放っていくが全て周囲を旋回する小盾に防がれてしまう。

フィアはその勢いを落とすことなくパレスの元へと辿りつくと、勢いを乗せたまま戦槌を振るった。

ドゴーン!

パレスがバックステップにより辛うじて避けたことで、振るわれた戦槌は地面を捉えた。

戦槌が地面にぶつかると同時に大きな地響きが周囲に響く。

「一体どうなってんだ・・・」

フィアの打撃により地面には隕石でも落ちたかのような窪みが出来ていた。

その中心でにこやかな表情を見せるフィアに驚愕した表情を向けるパレス。




フィア専用小盾型防具「九尾きゅうび」&フィア専用戦槌型武具「天狐てんこ

九尾は戦術的な理解が乏しく敵に対して突き進むことしか出来ないフィアを心配した大地が作成した盾型の防具である。

九尾にはペンタゴンのヘキサゴンと基本的に同じプログラミングがされている。

九つの少盾がフィアの周囲を旋回しながらレーダーの役目を持つ結界魔法を周囲に展開させることで、結界に触れた魔法を感知した小盾が自動でフィアを守る仕組みになっている。

唯一ヘキサゴンと違うのは少盾に組み込まれているのがセキュリティではなく、魔力吸収という点である。

一定の魔法を盾が吸収すると、盾の色が金色へと変わってくる。

金色へと変わったタイミングでフィアが魔法を発動すると、盾に溜めこんだ魔力がフィアの放った魔法に変換されるようになっており、魔法の威力を最大で十倍にすることが可能になっている。

また小盾といえどもドグマの熊樫同様にディシント鋼を何層にも張りめぐらせている為、物理攻撃への耐久性も非常に高いものとなっている。


九尾と共に作られたもう一つの専用装備である天狐は両端に四つの噴気孔を備えた戦槌型の武具である。

フィアの動きに合わせてその噴気孔から空気を噴射することで、大きな戦槌でありながら素早い攻撃を可能としている。

戦槌の下部分にも二つ噴気孔をつけており、常時フィアの動きに合わせて空気を噴射している為、大きさほどの重さ感じさせず、動きを阻害しないような配慮もしてある。




あんなもん喰らっちまったら即お陀仏だぞ・・・

ていうかリストにあった人物以外は大したことなかったんじゃなかったのかよ・・・

パレスは止まらない冷や汗を腕で拭いながら、体格に似合わない大きな戦槌を自由自在に振り回すフィアの姿を見ていた。

パレスが室長を務める第三室は主に水魔法の研究をテーマとして行っている。

その室長であるパレスは水魔法から派生させた氷結魔法の使い手であった。

水魔法本来の汎用性に加え、強力な攻撃力を併せ持った氷結魔法を使うパレスは宮廷魔法師には敵わないまでも、帝国内でも上位の実力者である。

しかしそんなパレスの氷結魔法をフィアの九尾はものともせず防いでいた。

フィアのひたすら近づき戦槌を繰り出すという稚拙な戦法のお陰で、今のところはダメージがないパレスであったが、戦槌による打撃の威力は非常に重たく、一撃でも喰らえば致命傷は間違いない。

パレスは何とかフィアから距離を取り、天狐による一撃を避けながら、様々な角度や方法で氷結魔法を放っていくが、いまだ九尾の攻略の糸口を掴めていなかった。

「むぅ。ちょろちょろすばしっこい奴ですね!」

「一撃さえもらわなければ負けることはない!」

パレスはフィアの進路先に氷柱を作りフィアの動きを封じながら、安全圏である遠距離からの攻撃を繰り返していく。

しかしどうやってもフィアの九尾の防御網を破ることが出来ない。

そのまましばらくフィアが追い、パレスが距離をとるといった構図のまま戦闘が続いていく。

近づいて攻撃出来ないフィアに、攻撃しても全て防がれるパレス。

お互いに決めてのない状態に苛立つ二人。

するとフィアが何かに閃いたように九尾の裏側の上に乗り出した。

「ムフフフ・・・良い方法を思いつきました。」

九尾に乗ったフィアは胸を張って得意気な顔を見せる。

パレスはフィアの行動の意味がよくわからず警戒態勢のままフィアの行動を観察する。

「よーし! これで上手くいけば私もゼーレのように空を飛ぶことが出来るよぉ!」

フィアは乗っている九尾のみを遠隔操作によるマニュアル操作に切り替えた。

するとフィアの乗っていた九尾が徐々に浮かび上がってくる。

「やったぁ! 成功だぁ!」

サーフィンボードの様に九尾に乗りながら、マニュアル操作の成功にはしゃぎだすフィア。

「くそが・・・空まで飛ぶだと・・・?」

パレスは上空ではしゃぐフィアの様子を見て、これまで使っていた足止めの方法が使えないことに焦りだす。

焦ったパレスは不安定な飛行を見せるフィアが飛行になれる前に仕留めてやろうと、大きな三角錐の巨大な氷塊を頭上に出現させると、フィア目掛けてそれを発射した。

「おっとっとっと・・・」

九尾の上で姿勢を整えたフィアは自分に向かってくる巨大な氷塊を迎え撃つべく、九尾の上でぐるぐるとハンマー投げの選手のように回転していく。

天狐の噴射口から勢いよく空気が噴射され、回転数が段々と増していく。

そして向かってきた氷塊を残りの九尾が受け止めた瞬間、回転数はそのままに氷塊目掛けて天狐をぶつけた。

天狐の一撃により粉々に砕かれる氷塊。

砕かれ小さくなった氷塊は天狐の衝撃により小隕石のようにパレスのいる地上に降り注いだ。

「あれを砕くだと!? なんであんな怪物がリストに載っていないんだよ!」

パレスはアーヴのリストに文句を垂れながら、死に物狂いで降り注ぐ氷塊を避けていく。

やっとの思いで避け、ダメージを回避したパレスであったが、この後更なる脅威がパレスを襲うことになる。

「今度は何だよ・・・・・」

目の前で金色に光るフィアの姿を見て絶句するパレス。

正しくはフィアが光っているのではなく、周囲の九尾が光っているわけなのだが、パレスにはフィアそのものが金色に光っているように見えていた。

「これが大地君が言ってた、一撃必殺モードだね!」

金色に光ながら屈託のない笑顔を見せるフィア。

「一撃必殺ってなんだよ・・・」

目の前で笑顔を見せる金色の妖狐。

パレスの背筋には氷結魔法より冷たいものが走っていた。

「創造神で破壊神な俺がケモミミを救う」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く