創造神で破壊神な俺がケモミミを救う

てん

第57話

会議室から出て再び東側の城門の最上階まで上がってきた大地は対吸収霧の兵器の試作を行っていた。

ある程度の時間を使い対吸収霧の兵器を完成させた大地が後ろを振り向くと、いつの間にかルルがこちらの作業を興味津々に眺めていた。

「おっ! ルルか・・お前なぁ来ているなら声ぐらいかけろよ!」

真後ろにいたルルに驚いた大地は少しムッとした顔を向ける。

「あっすみません。邪魔しちゃ悪いかなって・・・」

「それでどうした? 何かあったのか?」

「いやそういう訳ではないんですが・・・・」

「じゃあ何だ?」

急にモジモジとし始めるルルに怪訝そうな表情を浮かべる大地。

つかの間の静寂が二人の周りの空間を包んでいく。

「いや・・その・・大地さんの顔が見たくて・・」



ん?何この感じ???




目の前で甘酸っぱい青春物語でしか言われないような言葉を浴びた大地は一瞬思考がフリーズする。

日本にいる間、ケモミミAI作成することに命を懸けていた大地にはもちろん彼女等出来た試しはない。

それどころか女性からの好意にも気付けない程の鈍感男である。

しかしそんな鈍感男でも目の前で頬を染めながら甘酸っぱいセリフを吐く猫耳娘の発言に色々と気付いてしまった。

もちろん何も思わない相手から同じセリフを言われたところで完全にスルーしているだろう。

そう考えると大地は自分自身で気付かないうちにルルに好意を寄せていたのであろう。

これから戦争が始まるとは思えない甘ったるい雰囲気に包まれる二人。

しかし実際の恋愛経験が皆無に近い大地はその雰囲気をぶっ壊す発言をしてしまう。












「もしかしてお前俺の事が好きなの?」










唐突に大地から問われたルルは完熟トマトのように顔を真っ赤にさせると、ルルの後ろに白袴を着て、大きな日本刀を携えた般若が出現する。

大地は自分の失言に気付いておらず、再度致命的な発言を繰り返す。

「え? 違うのか? ルルは俺の事好きなのかなって思ったんだが・・・」

その後も大地はルルの怒る理由が分からず何とかフォローしようと、ルルに何度も声をかけるが、大地が発言する度にルルの後ろに出現した般若はその大きさを増していく。

それもそのはず。ルルは確かに大地を慕っており、異性として好きなのかと問われれば間違いなく好きだと答えるだろう。

しかしルルもお年頃の女の子である。

好きな人から告白してもらいたいと思っているし、言われるならこういうシチュエーションでなんて考えたりしている、普通の女の子なのだ。

そんな中、大地から不意にかけられた「もしかしてお前俺の事好きなのか?」という発言。

ムードも何もあったもんじゃない発言にルルは大地に怒りどころか殺意まで芽生えていた。

「本当に・・・あなたって人は・・・少しでも期待してしまった私が馬鹿でした。そうですよ・・この男はこういう人間なんですよ・・・」

大地のデリカシーのない発言に我慢出来なくなったルルはこれまで聞いたことのない低い声でぶつぶつと呟き始める。そして・・・

パンッ!!

「大地さんなんて大嫌いだぁ! もういっそのこと一回死んじゃえ!」

ルルは大地の右頬ギリギリに銃弾を放つと、大声で大地を罵倒した後、全力で城壁を降りて行った。

「何だったんだ・・・・?」

大地はいまだに自分のしでかしたことを理解出来ていないようだった。

その後少しの間キョトンとした顔のまま固まっていた大地だったが、後ろから声がかかったことで我に返る。

「旦那? 追いかけなくて大丈夫か・・・?」

「あぁドグマか・・・何故かわからんが怒らせてしまったみたいでな・・・まぁルルのことだ。時間が経てば元に戻るだろう。」

ルルとのやり取りをたまたま目撃してしまったドグマは完全無欠だと思っていた大地の意外な弱点がまさかの恋愛下手だと知り、思わず吹き出しそうになる。

「ククク・・・そうか。ならこっちの話をさせてもらうぜ。この戦争が終わったら少しの間暇をもらっていいか?」

「ミッテにいる鍛冶師か・・・」

「さすが旦那だな。その通りだ。それに鍛冶師の親っさん以外にも世話になった人がいる。ミッテの領地で戦争があったんだろ? それにあの霧だ。生存している保障はねえが、それでももし生きているなら助けに向かいたくてな。」

ドグマはこれまでの豪快な雰囲気とは違い真剣な眼差しのまま大地を見つめていた。

「そうか・・・じゃあみんなで助けに行くか!」

「大地の旦那も来るのか!?」

「あぁそういえばみんなには言ってなかったか・・・・」

「何を言ってなかったっていうんだ?」

ドグマは大地がみんなにまだ話していないその話の内容が気になって仕方ないといった様子を見せる。

我慢出来なくなり大地に早く話すように急かしていくドグマ。

大地はドグマに急かされるままにみんなにいまだ話してなかったことを話し始めた。

「俺はこのトームに新たな国を作る。しかもただの国じゃない。獣人、人間、魔族、小人族から妖精族まで全ての種族がお互いを尊重し合える国。そんな国を俺はここに作る。そうなるともちろんミッテの住民も俺の国の民になるだろ? なら助けに行かないとな。」

ドグマは大地の言葉を理解した瞬間、思わず大地に向けて片膝を着いていた。

「おいおいドグマ! お前まで理解出来ない行動はやめてくれ!」

ルル同様にドグマまでも不機嫌にさせてしまったのではないかと思った大地は、必死にドグマの機嫌を直してもらおうと声をかける。

「いや・・・大地の旦那。そうじゃねぇんだ。これは俺なりの忠誠を誓う儀式みたいなもんだ。今後とも頼むぜ旦那。」

「おっおう!ドグマ頼りにしてるぞ。」

どうしてドグマが今片膝をついて忠誠を誓ってきたのかわからず、少し困惑した様子見せる大地。

しかしルルのように不機嫌にさせてしまったのではないと同時に安堵した表情も浮かべる

大地は片膝をついたまま忠誠を誓っているドグマに手を差し伸べる。

ドグマがその手を取ろうと大地に向いた時、暮れかけている夕日と大地が重なり、大地の姿が神々しく輝いているように見えた。

もしかしたら神ってのは実在するのかもしれねぇな・・・

ドグマは大地の手をとりながら、これまで信じていなかった神という存在を少しは信じてみようと思った。

「創造神で破壊神な俺がケモミミを救う」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く