創造神で破壊神な俺がケモミミを救う

てん

第55話

「おいおい。東側ボロ負けしてんじゃねえか。」

「あなたが領主を殺してしまい指揮系統に乱れが出たのでしょう。」

密林より出てきた帝国軍は大きな帝国軍旗を掲げており、先頭には馬上にて談話をしているバセルダとゼルターがいた。

帝国兵の登場にこれまで意気消沈して東トーム連合軍の士気が一気に上がる。

それに比べ帝国兵の出現によりこれまで余裕ムードすら漂わせていた西トーム連合軍は焦燥感を浮かべていた。

「帝国が救援に来たぞ! お前達もう大丈夫だ!」

東トーム連合の将は兵を鼓舞するように帝国兵の到着を伝える。

これまで逃げ腰だった兵士達は帝国兵の到着により一気に士気を取り戻すと、攻勢に出始める。

「なんで帝国がこんな所!?」

「俺達は帝国と戦争していたのか!?」

それに比べ、西トーム連合の兵士達は帝国の出現にそれまで強めていた勢いを緩めてしまう。

でもそれは仕方ないことであろう。彼らはガルムから帝国が東側についていることを聞かされていなかったのだから。

ガルムは相手が帝国だと知れば、自分達の兵士は戦うことなく逃げるであろうと予想していた。

それを防ぐ為、領主やその側近達一部の者達にしかこのことが知られないように情報操作を行っていたのだ。

「もう少しでミッテを落とせるという時に・・・」

帝国の出現に苦虫を噛み潰したような表情を見せるガルム。

しかし帝国が現れたからと言って降伏する訳にはいかない。

ガルムは大きく声を張り上げ、攻めることに躊躇している兵達に怒号を浴びせる。

「お前ら帝国兵をよく見てみろ! 大した数ではなかろう! これなら俺達西トーム連合軍の方が圧倒的に多い! この戦争勝てるぞ!」

ガルムの怒号により、兵士達は改めて帝国兵に目を向ける。

確かに密林で隠れて少し見えにくいが、帝国兵の数は精々十万程度だろう。

西トーム連合軍は戦争で数を減らしたといっても、まだ三十万近く残っている。

東トーム連合軍も士気を取り戻したといっても既に兵の数は半数以下になっている。

帝国兵が東トーム連合軍に加わったとしても数の差でこちらが有利だ。

そんな単純な思考で自分達の兵士に檄を飛ばしたガルム。

しかし彼は帝国兵の量ばかりに目がいってしまい、帝国兵の質という部分を気にかけていなかった。

西トーム連合軍がガルムの怒号により持ち直したことで戦線は拮抗した状態になる。

それを眺めながらバセルダはかったるそうな表情を浮かべていた。

「目ぼしい奴はいねぇな・・・どいつもこいつも小物ばかりだ。もう様子を見ることもないだろ? 早くこんな茶番終わらせようぜ。」

バセルダは目の前の戦場に強者がいないことに気付くと、興味無さげに両軍の殲滅を勧める。

「しかしアーヴからは準備があるからもう少し待てという指示があったでしょう。一応今回の作戦では私達はアーヴの部下になりますから、勝手に行動する訳にはいきませんよ。」

ゼルターから子供を諭すような口調で説得されたバセルダはふてくされるように馬上で器用に横になると、そのまま眠り始めた。

その様子をやれやれといった表情で見つめながら、後ろに控える帝国兵に制止するように指示を出すゼルター。

東トーム連合軍は現れておきながらこちらに加勢する様子のない帝国兵に苛立ちを見せ始める。

「領主様の話と違う。何故帝国は加勢に来てくれないんだ!」

「よし! 帝国が動いていない今がチャンスだ!」

西トーム連合軍は動かない帝国兵を見ながら、今が攻め時だと言わんばかりに猛攻を加えていく。

再び窮地に陥る東トーム連合軍。

帝国の登場で持ち直したとしても圧倒的な数の不利は変わらない。

次々と兵士達は討たれていき、ついに西トーム連合軍に中央を突破されてしまう。

東トーム連合軍の将が負けを確信し、ガルムが勝利を確信した時、帝国兵が配置されている密林の奥から赤黒い光が空へと向けて放たれた。

不可解な現象に思わず動きを止める両軍。

両軍全員が足を止め密林の方角を見ていると、密林の上空より一つの影が浮かび上がってきた。

浮かび上がったその影は凄まじいスピードで戦場の真ん中まで飛行してくると、ゆっくりと地面に降りて来る。

その影が降り立った場所に居た両軍の兵士達はその影の正体を見るやいなや、戦争中にも関わらず大きな悲鳴を上げると、敵味方関係なくその影から距離をとろうと逃げ惑い始めた。

「魔族だぁ!」

「魔族が攻めてきたぞぉ!」

両軍の兵士達が見たその影の正体とは細長い黒いタトゥーを模した赤黒い身体に額から二本の角を生やした魔族の姿だった。

「魔族だと・・・そんな話は聞いてねぇぞ・・・?」

これまで何百年もその姿を確認したこと無かった魔族の出現にガルムはすかさず退却の命令を飛ばす。

東トーム連合軍の将もガルムと同じように退却の命令を出していた。

「これが魔族の力か・・・素晴らしい。素晴らしいぞ! これなら犬斗であろうと大地であろうと敵ではない!」

魔族の男は犬斗と大地の名前を口にすると、準備運動と言わんばかりに周囲にいる兵士達に闇魔法を放った。

まき散らされた暗黒の煙は周囲にみるみるうちに広がっていき逃げ惑う兵士達を包んでいく。

「がはぁ!」

「息が・・・・・でき・・な・・い。」

黒い煙に包まれた兵士達はその場でバタバタと倒れると、徐々に痩せこけた表情になり、最後にはミイラのような姿へと変わっていく。

「なんだあの魔法は!」

「あの煙に触れては駄目だ! 魔法障壁を張れ!」

魔族の放った黒い煙は兵士達を飲み込みながら両軍の駐屯地まで広がっていく。

ガルムや他の領主達は魔法師を自身の周りに集め、黒い煙に飲み込まれる前に魔法障壁を張らせることでどうにか煙を防ぐことに成功する。

「ふぅ~どうにか助かったか・・・後少しでミッテを落とせただろうに。」

ガルムはひとまずの危機が去ったと安堵した後、ミッテを落とせなかったことに悔しそうな表情を見せた。

しかし魔族が来てしまって仕方ないと考え、今は生き延びることが先決と退却方法について思案を移すガルム。

その後ガルムや他の領主達は煙が晴れた瞬間に全軍に退却の号令を出すことで意見を一致させると、そのまま煙が晴れるまで待つことにした。

しかしここで大きな問題が発生する。

どれだけ待っても煙が晴れる様子が見られないのだ。

魔法障壁を張っていた魔法師の顔色が徐々に悪くなり、一人また一人と魔力枯渇を起こして倒れていく。

「どうなってるんだ! たかが煙であろうが! 風魔法でどうにか出来ないのか!」

「風を発生させているのですが、あたり一面黒い煙に覆われているようで意味がありません!」

魔法師が倒れ始めて、やっと事の重大さに気付いたガルムは魔法師に怒鳴り散らしながら打開策を考えるように指示を出す。

魔法師達も様々な魔法を試してみるが、どれもただの徒労に終わってしまう。

その間にもバタバタと倒れていく魔法師達。

そしてとうとう残った魔法師は一人になってしまう。

一人残った魔法師は顔面蒼白になりながらも必死に魔力を練って障壁を張っていくが、一人で張れる障壁にも限界があり、隙間を縫う様な形で黒い煙が障壁内に入り込んでくる。

「ぐわぁ!・・・がはぁ!」

「イシュメル!」

領主の一人であるイシュメルが黒い煙に捕まりミイラと化してしまう。

目の前でミイラ化したイシュメルを見て取り乱すフォード。

ガルムが必死に制止しようとするが、既に錯乱状態になっているフォードにガルムの声は届かず、そのまま自ら黒い煙の中に入っていき、ミイラと化していった。

「なんで俺が・・・俺はトームの領主だぞ? こんな事してただで済むと思ってんのか!」

ガルムは煙に遮られ見えない空に向けて大きな声を張り上げた。

そしてこれが自己顕示欲の塊であったガルムの最後の言葉となった。

ガルムが姿見えぬ魔族に怒号のような叫び声をあげたと同時に魔法師は魔力枯渇を起こした。

障壁が無くなりガルムの周囲には黒い煙が充満していき、ガルムに迫っていく。




しばらくして黒い煙が晴れた後、そこには叫び声を上げた状態の顔のままミイラ化したガルムの姿があった。

「創造神で破壊神な俺がケモミミを救う」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く