創造神で破壊神な俺がケモミミを救う

てん

第53話

聞き慣れない単語を聞いて、思わず呆けた声を漏らしたヘイデン。

大地はノルヴェス領地の住人の人数についてヘイデンから聞き出す。

ヘイデンは兵士を含めて約十五万人程だと大地に告げると、大地はヘイデンを車に乗りこませてペンタゴンの出入り口に向かった。

「大地殿?」

「戦争がもうそろそろ始まるなら出来るだけ早くこちら側に連れてきた方が良いだろ?」

大地はヘイデンにニヒルな笑みを向けると、ペンタゴン出入り口に建てられた大型の車庫のような所に連れていく。

何もわからないヘイデンは困惑しながら大地の後をついていくと、車庫に並べられた大型バスの姿が目に入った。

「これは・・・・?」

「これがバスだ。これは大人数を運ぶ為に作った乗り物で、運搬速度は馬車の比にならない。これなら何回か往復するだけで全員の運搬も可能だろう。」

ヘイデンは見た事もない大きな金属の塊を目にして、思わず大きく口を開ける。

いつもそうだが、この世界の人間は何故毎回こんなに飽きもせずに驚けるのだろうか・・・。

大地は驚いた表情を浮かべるヘイデンを見ながら、そんな事を考えていると、大地が前もってガランを通じて指示を出していた獣士団員が車庫へと来ていた。

大地は獣士団員にノルヴェス領地の住民の護送を手伝うように指示を出し、ヘイデンに護送の指揮を任せる。

「ノルヴェスの住民が来る前に住居環境は整えておく。運転は獣士団員がするからヘイデン達には案内を頼む。」

「あぁ・・・わかった。何から何まで感謝する。」

ヘイデンは大地に深いお辞儀をするとその後大型バスに乗り込み、ノルヴェス領地へと向かった。

大地はノルヴェス領地へと向かうヘイデンを見送った後、ペンタゴンの空いた土地にノルヴェス住民が住めるだけのマンションを建てると、王宮にある会議室へと向かった。

大地が会議室に入ると、大地からの念話で呼ばれていた主要メンバーが既に全員会議室に集まっていた。

「悪い少し待たせたな。」

大地は会議室に集まったメンバーに声をかけると、早速今回の戦争の作戦会議を始める。

会議室には犬斗、メリア、レイ、ガラン、マヒア、フィア、ゼーレ、ドグマ、リリスにルルが集まっている。

大地はまず作戦を立てる前にガランに現在ペンタゴンで運用可能な戦力について聞く。

ガランは現在兵として運用できる人数は五万程度でその内獣士団が一万五千程度、人間によって構成されているのが三万五千程度だということを大地に伝える。

「思ったより多いな・・・さすがガランだ。」

「いや・・まぁな・・・」

なんだか歯切れの悪いガランの様子に大地は怪訝そうな顔をしながらガランを見つめる。

「どうした何か問題があるのか?」

「それがな・・・人間で構成されたやつらなんだが。俺の知らないところで創造神の剣って自分達で名乗っててな・・・」

ガランは大地に問われると申し訳なさそうに大地にこれまでの経緯を説明し始めた。

一週間前、大地に住民からも兵を募るように指示をもらったガランは住民に呼びかけたり、掲示物を使って兵士として戦う者を募ったのだが、やはり獣人と人間の間には深い溝があるらしく、思う様に兵が集まらなかった。

しかし近い内に起きるであろう戦争に向け、少しでも戦力を増強させたかったガランは、その時ふと大地が指示した時に言っていた「俺の名前を使え」という言葉を思い出した。

その後ガランは試しに大地の名前を使って兵士を募ったところ、これまでの反応が嘘だったかのように多数の希望者が獣士団の詰所に現れた。

当時は兵が集まった事を素直に喜んだガランだったが、人間達の訓練を続けるうちに志願してきた兵士達の間に変な噂が立つようになる。

それは今回の東側や帝国との戦争で成果を上げた者は大地付きの近衛兵になれるという噂だった。

その噂は瞬く間に兵士の間に広まり、獣士団員ですらそれを信じてしまい、これまで以上に鍛錬を積みだす者まで現れる始末であった。

ガランにより獣士団員の誤解は解くことは出来たが、いまだ獣人に対して溝のある人間達はガランの言葉に耳を傾けることはなく、現在でも人間の兵士達は近衛兵になるべく獣士団以上に精力的に取り組んでいるらしい。

「あははははは! もうあんた創造神を堂々と名乗っちゃいなさいよ!」

ガランの話を聞いてメリアが涙をこぼしながら大笑いしている。

「まぁ精力的に鍛錬を積んでいるのなら良いが・・・」

大地は自分を創造神とすることでペンタゴンの住民が一致団結するならばと今回の事に目を瞑ることにした。

気を取り直した大地は大笑いするメリアを無視して戦争時の自分達の動きについて話し合いを再開する。

「さてとりあえずだが、今回の戦争に俺達はあまり深く関わらないようにしようと思っている。」

「ほう。傍観者に徹するという訳ですかな?」

「もちろん降りかかる火の粉は防ぐがな。帝国がいつ介入してくるかわからない以上、一歩引いて戦況を俯瞰的に見た方がすぐに対応できる。それに今回の争いに関して俺達は正直関係ないからな。潰し合うなら勝手にやってくれって話だ。」

大地はその後も帝国や東側の軍が介入してきた場合についての軍の分け方や配置、布陣について自身の考えをみんなに伝える。

現在大地達の戦力は五万。西側や東側、それに帝国の戦力と比べて兵の数は少ない。それにその内七割はつい最近訓練を始めたばかりの者だ。

大地はもし帝国もしくは東側の軍が侵攻してきた場合、ディシント鋼で作られた強固な城壁を誇るペンタゴンに籠城しながら城壁からの攻撃により、敵の数を減らしていく作戦をみんなに話していく。

レイやガランも同じ考えだったようで大地の考えに賛同を示す。

しかし本当にそれだけで大丈夫なのかという声が挙がってきた。

「城壁からの攻撃だけで敵を撃退することは可能なんですか?」

犬斗が不安そうな顔を浮かべながら大地に質問をする。

「もちろん相手が帝国の場合、敵将を討つのは難しいだろうな。その場合は敵兵の数を減らした段階で城門から打って出る。まぁ心配するな。このペンタゴンの城壁には防衛用の機能もしっかり備わっている。十万や二十万の兵が来ても大丈夫な自信はある。」

自信満々な大地の様子を見て犬斗や犬斗と同様の不安を抱えていたゼーレやフィアの顔が安堵の表情へと変わる。

「雑魚兵はペンタゴンに備えた防衛機能で何とかするとして、問題は帝国の幹部クラスがどれだけ来るかってところだな。一人二人なら俺一人で何とか出来るが、それ以上となるとお前達に任せる事になりそうだ。ガランや犬斗の話からそれなりの使い手だと予想できる。くれぐれも注意してくれ。」

その後大地は宮廷魔法師クラスの相手は自分、犬斗、メリア、ガランの四人で対応することや、城壁に備えられた防衛機能はレイの指示のもと運用していく事等を話し合った。

その後西側と東側の戦争が始まるまでの間、ペンタゴンではそれぞれが出来る準備をしながらその時を待っていた。

そして一週間後ついに帝国の思惑の入り混じった西側と東側の戦争が始まった。

「創造神で破壊神な俺がケモミミを救う」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く