創造神で破壊神な俺がケモミミを救う

てん

第38話

大地がミッテへ出立してから初めての夜が訪れた頃、犬斗はサイラスに呼ばれて領主室に来ていた。

眠たそうな表情をしながら領主室の扉をノックする犬斗。

サイラスから入室許可の声が聞こえ入室すると、会談用のソファに座って紅茶をすすっているサイラスの姿が見えた。

犬斗はサイラスに誘導されサイラスの前に位置する形でソファに座る。

「犬斗。わざわざこんな夜更けにすまないな。」

「いえ。それは大丈夫なんですが。こんな夜中にどういった用事ですか?」

「あぁ。別に大した話ではないんだ。少し犬斗と話をしたくてね。」

「こんな時間にですか? まぁ長くならないなら大丈夫ですが。」

犬斗が話に付き合う姿勢を見せると、サイラスはソファからゆっくりと立ち上がる。

立ち上がったサイラスは領主用のデスクの方へと歩いていくと、犬斗に背を向けたまま話を始め出した。

「犬斗と出会ってもうそろそろ一年になるか。」

「そういえばそうですね。あの時は本当にお世話になりました。」

「こちらこそ犬斗には獣人の保護では世話になった。」

「いやいや! 大したことはしてないですよ。むしろ大半はサイラスさんが連れてきたんじゃないですか。」

「私だけの力ではない。犬斗が地道に獣人を保護し、また大地を見つけてくれたから短期間で四万人もの獣人をボレアスに集める事が出来たのだ。犬斗には感謝してる。」

「そうですか?役に立てたなら良かったですけど。」

急にサイラスから感謝の気持ちを伝えられ、照れくさい様子浮かべる犬斗。

サイラスは犬斗に優しい笑みを浮かべながら、再度のお礼を述べた。

「あぁもう充分役に立った。ありがとう。だからもう死んでくれ。」

「えっ! 何をいっ――――――――」

サイラスから予想だにしない発言を掛けられた犬斗が聞き返そうとした時。

犬斗目掛けて全方位から魔法が放たれた。

放たれた魔法は油断していた犬斗を捉えると小さな爆発を起こす。

犬斗に魔法が着弾すると物陰に隠れていたサイラスの使用人達が姿を現した。

「さすがの再生力だな。この程度の魔法では死なんか。」

「いてて・・・これはどういう事ですか?」

爆破跡に朱雀スタイルの状態で立っている犬斗を見たサイラスは、朱雀スタイルのしぶとさに呆れた顔を見せる。

「サイラスさん・・・答えて下さい。どういうつもりで僕に攻撃を?」

「殺すつもりに決まっているだろう?」

「サイラスさんが僕を殺す理由は何ですか!」

「はぁ・・サイラスの姿だと話がややこしくなるな。もう必要もないから脱いでおくか。」

サイラスはこのままでは話の埒が明かないと察すると、蛹のように背中を丸めたまま動かなくなった。

そして丸まった背中に亀裂が走った瞬間、蛹から孵る蝶のように亀裂から見た事のない銀髪の青年が現れた。

「あなたは誰ですか!?」

いきなりサイラスの身体を突き破って出てきた銀髪の青年に驚きを隠せない犬斗は思わず相手の名を尋ねていた。

「犬斗。改めて自己紹介をさせてもらうよ。私は帝国生体兵器開発局局長、並びに帝国宮廷魔導士第二位のアーヴだ。」

「帝国!?もしかして大地さんが言っていたスパイって・・・」

帝国のスパイが身内に潜んでいたことに愕然とする犬斗。

アーヴは驚きのあまり固まり状況を把握出来ていない犬斗に向けて忠告を始める。

「そんな惚けてて大丈夫か? 何故これまで正体を隠していた私が今このタイミングで正体を明かしたのだと思う?」

不気味な笑みを浮かべながらクイズでも出すかのように犬斗に問いかけるアーヴ。

犬斗が嫌な予感を感じたその時、北東側から眩い光が漏れ出し、大きな爆破音が響いた。

尋常ではない事が起きていると察した犬斗はアーヴには目もくれずに、東側に開けられた吹き抜けから、クーポラの様子を確認する。

「なんてことを・・・・」

犬斗の目に映ったのは北側と東側のクーポラが謎の光線によって風穴を開けられている姿だった。

遠目でしか確認できないが、北東に位置する剣山では犬斗の魔獣と帝国兵が戦闘をしている様子も見えた。

犬斗はすぐに助けに行こうとするが、アーヴとその使用人達に道を塞がれてしまう。

「こんな事していったい何が目的なんですか!」

「目的はこのボレアスにいる四万人の獣人だよ。」

「獣人が目的?」

「そうだ。犬斗と出会うまで私は保護した獣人を使って人体実験をしていた。

それなのに君を拾ってしまったばかりに人体実験を控えざるを得なくなってしまった。

獣人に好意的で戦闘力も高く、おまけに魔獣も操る君に万が一人体実験の事がばれてしまうと、まずいと思ったからだ。」

「獣人で人体実験って・・・・」

犬斗は保護していたつもりが、本当は人体実験用に集めさせられていたという事実に大きなショックを受けていた。

アーヴの発言を聞き、騙されていた犬斗の中には沸々と怒りが込み上げてくる。

アーヴは犬斗が怒りに震える姿を楽しそうに眺めながら話を続けた。

「正直君を拾ったことを最初は心底悔いたよ。でも君を拾って悪い事ばかりではなかった。

君のおかげでこれまでより多くの獣人をボレアスに集めることが出来たし、大地を連れてきてくれたことで、より多量の獣人をボレアスに収容できるようになり、今では四万人もの研究用サンプルがこのボレアスに集まっている。

これだけの人数が居れば、生体兵器の研究、開発は大きく前進するだろう。しかし人体実験をするにも邪魔な存在が二人いてね。」

「僕と大地さんという訳ですか・・・」

「その通りだよ。それに私には実験以外にトームの侵略というもう一つの大切な任務もこなさなくてはいけない。

そろそろそっちの方も行動を開始しないといけないのだよ。

大地には色々面白い物をたくさん見せてもらったから殺すのは大変惜しいのだけど、トームの侵略をする際に君達は必ず私の障害になる。

だから早めに始末しておこうと思ってね。

君達さえ始末すれば残りは烏合の衆も同然。好きなように実験に打ち込める。」

「僕たち二人が邪魔だということは良くわかりました。けどこのタイミングで正体を現した理由が良くわからないのですが?」

「あぁ確かに疑問に思うのも無理はないか。

私も最初はトームと帝国の戦争に発展するまでは正体を明かす気はなかったんだ。

むしろ君達の力を利用して、トームの侵略を有利に進めるつもりだった。

しかし私の予測を遥かに超えてボレアスは発展しすぎてしまった。

それだけではなくディシント鋼の加工、魔力ポーションの開発等、帝国の技術、知識を超える獣人達まで現れ出してしまった。

このままではトーム侵略どころか、トームに獣人の国を作ることになってしまう。

だから私はトーム侵略の本格的な作戦が始まる前にボレアスを掌握し、帝国の敵となる君達を殺しておかねばならなくなったという訳だ。」

「つまり大地さんの力を利用するつもりが、その力を見誤っていて、自分の思ったとおりにならない事に慌ててしまったって事ですね?」

犬斗が薄笑いを浮かべながら、子馬鹿にするような口調で言い返す。






犬斗の指摘通り、今回の作戦は自分の予想より遥かに早く文化まで形成させていた大地の力を恐れたアーヴが単独で行っていたものだった。

アーヴはこれまで密かに大地の作成してきた物の分析、解析を行い、その情報を元にトームに潜んでいる部下にそれを再現させようとしていた。

もし大地の作成してきた物の再現に成功すれば、帝国での地位は思いのまま。

四万人もの獣人を使った生体兵器開発に加え、新たな技術の開発となれば、宮廷魔法師第一位の座に着くことだって可能だ。

その栄誉を独り占めする為、アーヴは帝国にこの事を報告することはしていなかった。

大地からの要望は全て叶え、大地からの信用を得ることで、ようやく大地から作成した物についての詳しい情報を収集することに成功した。

しかしここで一つ誤算が生じてしまった。

アーヴとその部下達は、何一つ大地の作成した物の全容を捉える事は出来ず、再現出来るまでに至った物はなかった。

技術や知識を盗む事が出来ず、なおかつ底しれない強さを誇る大地を恐れたアーヴは、諜報活動と称して大地を遠くに追いやり、その間に犬斗の始末、獣人達の捕縛をした後、防衛用クーポラの兵器を利用して、帰ってくる大地を迎え撃つ事を決めた。





それまで終始得意気な様子で語っていたアーヴの表情は、犬斗の核心を突いた指摘により初めて怪訝なものに変わる。

「大物ぶってるとこ悪いですけど、あなたは大した事はなさそうですね。はやくみんなの加勢に向かいたいので、そこを退いてください。」

「やはり犬斗は少々頭が足りないようだ。お前が加勢に向かうことはない。ここで死ぬからだ。」

アーヴの言葉を合図に朱雀スタイルの犬斗は騙されていた怒りを放つように、前方のアーヴ達に炎の羽を乱射する。

しかしアーヴの使用人の一部が前方に水魔法を展開させ、乱射された炎の羽を無効化していく。

犬斗はアーヴ達が炎の羽を防いでいる間に、白虎、青龍、玄武を呼び寄せるとアーヴ達の使用人に霊獣を突っ込ませる。

使用人が霊獣の相手に手こずっている間に、犬斗はアーヴの元まで近づきインファイトを仕掛けた。

アーヴは自身の腕を変異させると、犬斗の繰り出した蹴りを受け止める。

その後両腕両足を変異させたアーヴと犬斗のインファイトでの攻防は続き、中央クーポラの最上階ではお互いの武器がぶつかり合う音と使用人と霊獣達が放つ魔法による炸裂音によって、大きな音を響かせる事となった。

「創造神で破壊神な俺がケモミミを救う」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く