創造神で破壊神な俺がケモミミを救う

てん

第34話

ベッドが一つしかない部屋を見た大地は怪訝そうな表情を浮かべた。

「おいルル? どういう事だ?」

大地はさっきの受付の女性の視線の意味を理解し、額に青筋を浮かべるとルルを問いただす。

「これはですね! 私もメリアちゃんも姿を変えているとはいえ、獣人ですから同じ部屋が良いと思いまして。」

「ベッドが三つの部屋もあったんじゃないのか?」

「あっそういえばそんな部屋もあったかもしれませんね・・・私ドジだから気付きませんでした!」

白々しい態度をとるルルに呆れた様子を見せながら、青筋を引っ込める大地。

「まぁもう過ぎた事を言っても仕方ないか。とりあえず二人ともシャワー浴びてすぐに寝ろ。もしかしたら夜中にお客さんがいらっしゃるかもしれないからな。」

大地は部屋の一角をプログラミングでシャワー室に変化させると、二人に早めに休むように伝える。

ルルとメリアは順番にシャワーを浴びると、すぐに床に着いた。

大地は二人が就寝した事を確認すると、部屋の窓から上空にカメラ付きのドローンモドキをばらまく。

ばらまかれたドローンはプログラミングされた場所まで移動すると、そのまま上空で停止する。

ドローンは宿屋周辺を囲うような陣形になり、そのまま監視カメラの役割を果たした。

大地はドローンの監視カメラと感覚共有させたタブレット型のモニターを見ながら冒険者達が来るのを待つ。

数時間後、南側に配置したドローンの映像に、十数人の武器を装備した男達が映し出される。

大地はドローンの映像を拡大していくと、その集団の後ろに酒場で会った男が顔を腫らしている状態の姿を確認した。

大地はすぐさまコピー体を男達の近くに出現させると、物陰に隠れながら様子をうかがう。

「おい。いい加減に吐けやゴメス。」

「サムシアンの旦那もう勘弁してください・・・本当に何もわからないんです。ガルダの野郎も気付いたら殺されてて。」

「でもお前がそのガルダを殺した相手と路地裏に入ったのを見た奴らがいるんだよ。ガルダが殺されたんなら、何でお前は俺の所にすぐに報告してこなかった?」

「それは・・・関わっちゃいけないと思ったからです。」

「はぁ!? 何言ってんだお前。まぁいい、とりあえずそいつは俺らに宣戦布告したんだ。せいぜい歓迎してやらねえとな。お前も俺達に対して背信行為をしたんだ。この後どうなるかはわかっているな?」

どうやらゴメスと言われる男と大地達が路地裏に入っていったのを、仲間の冒険者に見られてしまっていたらしい。

ゴメスはサムシアンと呼ばれる男の隣で恐怖に怯えた表情をしていた。

多分こんな状況じゃなきゃ同一人物だと気付かないほど顔を腫らしたゴメスを見て少し同情してしまう大地。

「まぁあいつは一応俺らの事を口外しないという約束は果たしてるしな。助けてやるか。」

大地はサムシアン達の周りに黒のローブで顔を隠した状態のコピー体をサムシアン達と同じ数だけ出現させる。

冒険者達は急に現れたコピー体に驚くが、サムシアンだけは冷静な様子でコピー体に向けて声をかけた。

「もしかしてお前がガルダを殺し、ゴメスと路地裏に連れていった奴か?」

「そうだとしたら?」

「悪いが俺らは敵対してくる奴には容赦しないたちでな。もちろん一緒にいた二人の少女は俺達が可愛がってやるから安心して死ねや。」

「なら。俺がお前達を殺しても正当防衛というやつだな。」

「調子こいてんじゃねえぞ! 俺らと同じ人数に見せてはいるが、それは魔法で作った実体のない幻影のようなもんだろ?

実体のある分身体など聞いたことねぇ! おおかた多数の分身の幻影でこちらの戦意を削ごうっていう作戦だったんだろうが、残念だったな!?」

「じゃあその予想の答え合わせといくかい?」

「舐めた態度とりやがって! お前ら! とっととこいつを黙らせろ!」

サムシアンは怒気を含ませた声で冒険者達に大地を殺すように命じる。

冒険者達はサムシアンに受け答えをしていた正面にいる者が本体だと決めつけ、戦士は切りかかり、魔法師は魔法を放った。

冒険者達は周りを囲っている者達は幻影だと信じて疑っていなかった。

左右を囲っていたコピー体は腰に差していた銃剣を構えると、目の前のコピー体に切りかかる戦士達に向けて銃弾を発射する。

幻影が実体のある攻撃をしてくるとは思っていない戦士達は無防備な状態のまま横っ腹から銃弾を浴び、骸と化していく。

次々と床に倒れていく戦士達を見た魔法師達はその異変に気付くと、左右のコピー体への警戒を強める。

しかし後方に控えていたコピー体にまでは意識を向けることが出来ず、コピー体からの狙撃により頭を撃ち抜かれていく。

「どうなってやがんだ! ゴメス!」

「だから関わらない方が良いって言ったんですよ! 俺達みんな殺されちまいます!」

コピー体からの銃撃が始まって数分経った頃、サムシアンとゴメス以外の冒険者達は床に伏せたまま動かなくなっていた。

受け答えしていた者以外のコピー体はサムシアンとゴメス以外の冒険者を始末したところで姿を消していく。

すると残ったコピー体の大地はゆっくりとサムシアン達の方へと歩み寄ってきた。

「お前は何者なんだ・・・?」

「俺か?う~ん・・そうだな、通りすがりの旅人ってことにしとくわ。」

「ふざけやがって!」

サムシアンは腰に装着している鞘から剣を引き抜くと大地に切りかかろうとする。

しかし大地はすぐさまサムシアンの両手に手錠を再現し拘束する。

急に不自由になった両手に驚いたサムシアンは無理やり火魔法を自分の腕ごとその手錠に当て、手錠を焼き切ろうとする。

しかしディシント鋼で出来た手錠が焼き切れるわけもなく、自分で両手に大きな火傷を作るだけに終わってしまう。

ゴメスは隣で恐怖のあまり放心状態になっている。

「くそが! とれねぇ! 」

両手を封じられたサムシアンは剣を手放し、大地に向かって火球を放つが、大地は前方に滝を発生させることで火球を軽々と鎮火させていく。

その後も火魔法を放っていくサムシアンだったが、大地の水魔法による防御を崩すことはなく、ついにサムシアンは魔力を枯渇させた。

「はぁはぁ・・・」

「もう終わりか?」

「ふざけんな・・・もう指一本動かす力もねえよ。」

サムシアンは魔力枯渇により立つことすらままなくなり、仰向けになった状態で激しく肩で息をしていた。

「まじでお前は何者なんだよ・・・」

「まぁ旅人ってのは嘘だ。俺は腕にタトゥーの入っているケンプフって奴に用があってな。」

「ケンプフさんに何の用だよ・・・」

「ちょいと聞きたい事があるだけだ。聞きたい事を聞けたらこれ以上はお前らに干渉するつもりはない。」

「そうかい・・・・まぁ俺らはケンプフさんに従いはすれど、義理があるわけじゃねえからな。

そういう訳なら居場所を教えてもいい。冒険者が良く使う酒場の裏口の先に誰も使っていない古びた教会がある。

そこがいつもケンプフさんがいる場所だ。他にも教会へ行く道はあるが、あそこら辺は入り組んでて地元の奴でも迷う奴がいるぐらいだ。

来たばっかのお前じゃあ裏口からじゃないと見つけれないだろうな。

しかし裏口を通ることは幹部である俺達しか許されていない。後はお前で考えな。」

そう大地に告げるとサムシアンは魔力枯渇により意識を失った。大地は戦後の後処理を行った後、放心状態のゴメスに声をかける。

「おい?・・・おい!!」

「あっ! 何だ何だ!」

「・・・落ち着け。お前に何かするつもりはない。こいつの事任せていいか?」

「あぁ・・・わかった。これからケンプフのとこに行くのか?」

「そのつもりだが、それがどうした?」

「いや・・・このままだと報告しなかった罰として、俺はサムシアンの旦那に殺されちまう。ケンプフとの事が終わったら俺もあんた達について行かしてくれないか?」

「はぁ!? 何言ってんだ!」

「俺はまだ死にたくないんだよ! だから頼む!連れていってくれ!」

支離滅裂な事を言い出すゴメスに呆れた様子を見せる大地。ゴメスは必死に大地にすがり出す。

「ケンプフの幹部達は裏切り者にはすぐに制裁を加える奴らなんだよ! だからこのままだと俺は直ぐに制裁されちまうんだ!」

「わかった! そのケンプフ達も何とかするから! とりあえずお前はそいつを運べ!」

「・・・わかった。」

大地の怒気を含ませた声に一旦説得を諦めたゴメスは、サムシアンを担いで酒場のとなりにある治療院へと向かった。

大地は後処理が済んでいることを再度確認したあ瞬く間に姿を消す。

先程まで戦闘による喧騒に包まれていたマルタの道路には、何事もなかったかのように再び静寂の時が流れ出した。

「創造神で破壊神な俺がケモミミを救う」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く