創造神で破壊神な俺がケモミミを救う

てん

第16話

大地達は意気揚々に密林の中を駆け抜けていた。

今大地達が乗っているのは大人数移動を目的とした超大型車、そういわゆる大型バスだ。

材質はもちろんディシント鋼で作っており、大きな動晶石を積んでいる。

窓は付けず吹き抜けにしている為、心地良い風が車内に入ってくる。

もちろんセキュリティをバスに設定している為、どんな事があっても壊れることはないし車内に攻撃が届くことはない。

このバスの作成には多少手こずってしまい数日間を費やしてしまった。

ただのバスなら直ぐに作れたのだが、目的地に何時つけるかわからない以上、三十人程度の人数が暮らせるだけの設備が欲しかった。

その為大地は快適さを求め試行錯誤を繰り返していくうちに、見た目はバスだが中身はハリウッドVIPが使う様なキャンピングカーになってしまっていた。

細かい内装にこだわってしまい不必要な時間を使ってしまったのはみんなには内緒だ。

最初にこの大型バスをルル達に見せた時の反応には笑ってしまった。

何故なら度肝を抜かれたように大口を開けたまま唖然とした状態で固まってしまっていたのだから。

パーキ達だけは目をキラキラさせて質問攻めをしてきたのだが、その様子を見る限りパーキ達子供達の方が物事に対する柔軟性はあるように思える。

そんなこんなで度肝を抜かれたルル達だったが一度乗ってみると意外と快適だったらしい。

「はやぁ~い!」

「こらフィア顔を出すのは危ないからやめなさい!」

「ゼーレ姉ちゃん景色がぐるぐる変わるよぉ~」

「マーレまでフィアの真似はしないの!!」

「ライラこの椅子フッカフカだぞ!!」

「パーキ!!危ないから飛んだり跳ねたりしないの!」

「大地さん・・私少し気持ち悪くなっちゃいました・・・」

「ルル大丈夫か?しんどいなら横になれ。」

「あ!じゃあ膝貸してください!」

「お前酔ってないだろ・・・・」

車内では既に子供のようにはしゃぐフィア達を叱るゼーレ達という構図が見事に出来上がっていた。

ゼーレの叱りながらも楽しそうな表情を見せているところを見ると、なんだかんだバスでの移動を楽しんでもらえているようだ。

まぁ若干一名楽しめていない者もいるが。




まるで遠足に行く園児のように賑やかな車中ではレイとガランとマヒアが目的地への動線を話し合っていた。

目指しているのはトームとユーリスの境のサイラスが居ると思われる領地。とりあえずトーム方面に出る事を決め、大地に報告するレイ。

「大地さん、次はあっちの方角をお願いします。」

「了解。みんなシートベルトしとけよ。少し揺れるぞ。」

ルルに無理やり膝を取られた大地がアウトプットを使い出す。

するとバスの前方からザレウスが出したのと同じ熱線の魔法が出現し、レイに指示された方角へ放射される。

瞬く間に密林は焼き払われ一筋の道が現れる。

「こんな密林の抜け方大地しか出来ねぇよ・・・」

「なんともまぁ規格外なお方だ。」

ガランとマヒアは今更だなと感じながらも感嘆していた。

もちろん大地達が通り抜けた道にはアウトプットにより新しい密林が出来上がっていた。密林に道が出来ていては帝国に怪しまれる可能性も高い。超高速ながら慎重に密林を抜けていく。

村には獣人全員のコピーを作成し、いつもの動きのプログラミングと、帝国が来た時に備え戦闘プログラムを入れておいた。

また大地が作成した武器や防具等は必要な物以外は全て除去しておいた。これで帝国兵が来てもこちらの情報を与えることはなく、適当に戦った後にコピーが死ぬ事である程度はごまかせるだろう。

しかしあまり安易に考えてはいけない。

何故なら今大地達には拠点がない。それは戦う上でかなり不利な状況だ。

ある程度ごまかせるとしても、自分達の情報がいつ帝国に入るかわからない。

帝国に命を狙われている以上、帝国に自分達の生存が知られる前に出来る限り早く拠点となる場所を見つけ、帝国との戦いに備えないといけなかった。

その為大地はそのサイラスと思われる人物を足がかりに、トームに大きな拠点を作るつもりであった。

走り続けて約一日。ようやく鬱蒼と生い茂る密林を突破した大地達。

「うわぁ~~~!!」

「なにこれ凄いよ凄いよ!!」

「すごいキレイ・・・」

「「「お外だぁ~~~!!!」」」

密林を出ると、目の前には視界を遮る物のない広野が広がっていた。

大地はただの広野に感動しているルル達や、大きな声をあげながら興味深そうに外を眺めるパーキ達を見て、これまでルル達が人間の迫害により、どれだけの我慢を強いられていたのかを察した。

そしてそんなルル達の境遇を知り、どんなことをしてでもトームの領地を手中に収め、獣人の為の国を作る事を静かに決意する。

『こんな事考えるなんて、俺は本当に人間にとっての破壊神になっちまったみたいだな。』

感慨深そうにそんな事を考えながら、外を見ていた時、大地が急に凶悪な笑みを浮かべた。

『やっときたか。お手並み拝見と行きますか。』

大地は意識を村に残したコピーに集中し始めた。















「シリウス小将。獣人の村まで残り一キロです。」

「そうか。ご苦労。相手は赤い閃光なる魔法を使う。常時結界魔法を張りながら進め。」

シリウスは部下に前進の指示を出す。副官には宮廷魔法師第十位のメリアがついて来ていた。

メリアはめんどくさそうに頭を手の後ろに組んだ状態でサリウスの後ろを歩く。

「メリア!もう少し緊張感を持って動け!」

「シリウス小将。正直五万の兵を動員する指示を出したのはやりすぎじゃないですか? おかげで私も副官として付いていかないといけなくなりましたし。」

「貴様は本当にたるんでいるな。末席とはいえお前も宮廷魔法師だ。陛下の決定に対してむやみな発言はするな、味方を殺す趣味はないからな。」

「そうは言いましてもザレウスさんがやられたんなら、私じゃ相手にならないですよ。死んでこいって言われてるようなもんですよ。」

「ぬかせ。お前が日頃の魔法訓練で手を抜いているのはわかってる。上位になればそれだけ色々な仕事が回ってくるからな。大方それが嫌なのだと思っていたが。」

「またまた!過大評価もいいとこですよ!」

「シリウス小将。メリア大佐。村が見えてきました。」

シリウスは前線の部下から報告を受け取るとメリアとの会話を打ち切り、そのまま進軍を命じる。

第一陣として一万の兵が城門に向け、雄叫びをあげながら突撃していった。

しかし城門前に急に現れた巨人によって、突撃した兵は蹴散らされる。

「何事だ!? 報告せよ!!」

軍の中央辺りにいるシリウスは城門前で兵士がゴミのように蹴散らされている光景に驚愕する。

「ゴーレムが三体出現してきて現在交戦中です。しかし普通のゴーレムと違い、物理攻撃にかなりの耐性を持っているように思えます。」

「前線の兵士はそのまま前線維持に努めろ! 魔法師隊! 前方三体のゴーレムに複合魔法神炎を放て。」

前線の兵士達は奮戦するが、物理攻撃が効かない時点でゴーレムからしたらただの肉壁でしかなく、次々にゴーレムにより圧殺されていく。

多数の兵士達が犠牲になる中、ようやく複合魔法の「神炎」の発動準備が整う。

シリウスの散開の合図で兵士達が左右に散り、その瞬間魔法師達は神炎をゴーレムに放った。

神炎は不死鳥の様な形になり、ゴーレム達を食らうように飲み込むと、城門付近が炎に包まれた。

しかし三体のゴーレムはその炎の中から出てきた。

魔法師達が驚きを隠せず、後ずさりする中、シリウスが檄を飛ばした。

「良く見ろ! ゴーレム共の身体は神炎により溶けかかっている状態だ! 兵士は今まで通り前線の維持を行え。魔法師は兵士達の隙間から魔法を放て!」

確かにゴーレム達は無事とはいえないダメージを負っていた。

兵士達が檄に反応しゴーレムが溶けかかっている事に気付くと攻勢に出る。

しかし兵士達が突撃を開始しようとしたときゴーレムの動きに変化が現れた。

これまでの城門の前で入ってくる兵士を撃退していた守りの動きをしていたゴーレム達が、急に自ら突進してくる攻めの動きを見せる。

ゴーレム達の攻勢に出る行動に一時的に指揮系統が麻痺してしまう第一陣の兵士達。

ゴーレム達はそのまま急速に加速し第二陣にまで入りこんでいった。

シリウスは再度檄を飛ばし第一陣と第二陣で挟み込んで対処するように指示を出す。

ゴーレムの囲うような陣形をとる兵士達。

すると先程まで攻勢に出ていたゴーレムの動きが止まった。

兵士達は遂にゴーレムが力尽きたのだと思い、歓喜の声をあげようとした時、三体のゴーレムの体内が光り始めた。

兵士達が不思議そうな顔でそれを見つめていると、その光は急に大規模な爆発に変わった。

ゴーレムを囲い込んでいた第一陣、第二陣は爆発に巻き込まれると、痛みを感じる間もなく一瞬で全滅する。

「これはなんだ・・・魔法なのか?」

シリウスは驚愕の表情を隠せなかった。メリアも口をポカンと開けたまま動けていない。



ゴーレム内には大地作の遠隔の爆弾が備わっていた。村を出る前にパーキ達のゴーレムを改造のする際に埋め込み、動晶石に送り込んだ魔力が尽きるのをスイッチに、遠隔の爆弾を起動させるようにプログラミングしていた。

わざわざ爆発させたのは帝国兵の数を減らす為だけでなく、証拠隠滅の意味合いもあった。

一時的に動揺していたシリウスだが、ゴーレムを排除したことに変わりないと気付くと、シリウス自身も前線に立ち進軍を開始する。

数は減ったとはいえ、まだ三万の兵がいる。ゴーレムがいない今、城門を制圧する絶好の機会と捉え、急いで城門を確保するように兵士に命じた。

警戒心を最大にして城門付近を進み、城門に辿りつく。何も起きなかったことに安堵する兵士達を尻目に警戒を続けるシリウスとメリア。

すると目の前の建物から一人の人間が姿を現した。

「よく来たな。帝国兵。」

建物から出てきた人物はシリウスとメリアに声をかける。

「お前が創造神か?」

「そうだよ。俺が創造神だ。」

建物から出てきたのは創造神を名乗る青年。つまり大地のコピー体である。

大地は飄々とした態度のまま、挑発染みた発言をシリウスに投げかける。

「お前らって何で人間至上主義なんて掲げてるの?」

「私達人間が一番優れているからだ。」

「何が優れてるんだ?」

「高い技術力に独自の魔法、高い知能、どれも他の種族にはないものだ。」

「小人族から教わった技術に妖精族から伝授された魔法、無駄に高くなった自尊心の間違いじゃないのか?」

「貴様。それ以上愚弄するならば――――」

「あーそういうのいいから。俺を殺りにきたんだろ? 愚弄しなくても殺るつもりなのに、今更愚弄するならばっとか言われてもな。」

「貴様は殺す!」

シリウスは怒りに満ちた顔で大地に向かって剣を振るうと、剣先から空気の刃現れた大地を襲う。

大地はすかさず回避するが、避けきれず肩の一部から小さな血飛沫が舞う。


名前 シリウス
種族 人間
年齢 27歳
能力値
腕力A 体力A 敏捷性A 魔力S
保持スキル
「風魔法」「水魔法」「風精霊魔法」
「結界破壊」


『結構強いな・・どっちか始末するつもりだったがコピーじゃ厳しいな。』

そんなことを思いながらもう一人の方を観た時、思わず大地は驚愕してしまった。


名前 メリア
種族 魔族
年齢 612歳
能力値
腕力S 体力A 敏捷性S 魔力SS 
保持スキル
「闇魔法」「闇精霊魔法」「血液魔法」
「魔力変換」「魔力吸収」「変換魔法」


『おいおい・・・魔族は滅びたんじゃなかったのか・・・』

唖然とした表情をしながら、見た目はかわいらしいポニーテールお嬢さんの様なメリアを見つめる大地。

大地は「やるしかないか」とつぶやくと密林に隠れている獣人に合図を出す。

すると後方の密林から出て来た獣人が兵士に襲い掛かり、兵士達が一時混乱に陥る。

しかし劣化コピーでしかない獣人達は最初の奇襲で数人が兵士により討ち取られる。

するとゴーレムの時と同じように爆発を起こし、討ち取った兵士と周りにいた兵士は一瞬で肉塊となり果てた。

討ち取った瞬間に爆発すると知った兵士は獣人達に手出しが出来なくなる。

魔法師達が辛うじて遠距離より抗戦するが、討ち取れば爆発を起こす状況に陣は乱れ、多大な犠牲を出してしまう。

シリウスはそんな味方の状況を見て、歯痒い思いに囚われながら大地と戦闘を行っていた。

劣化大地では能力値はシリウスに大きく劣ってしまう。しかも自分のスキルの全容がばれないようにアウトプットのみで戦う大地は防戦一方の状態となっていた。

メリアは値踏みするような視線を大地に向けるのみで、戦闘に参加してこない。

シリウスは風の鎧の様な物を纏いながら、空中から次々と剣先より真空刃を放っている。

シリアスよりメリアに興味があった大地は、絶え間なく攻撃をしてくるシリウスにうんざりしながら攻撃を紙一重で交わしていく。

「おい! ちまちま攻撃してくんな! 邪魔臭いんだよ!」

「戦闘中にも関わらずふざけたことを抜かす。なら見せてやるよ。」

シリウスは剣の切っ先を大地に向けると、剣の先に魔力を集中させる。

その様子を見た大地は二ヤッと笑みを浮かべると、アウトプットによりシリウスを囲むようにディシント鋼の壁を作り閉じ込めた。

「挑発されたぐらいで隙の大きい技を使うなんて馬鹿のやることだよ。」

そうつぶやくと大地はゆっくりとメリアの元へ近寄っていく。メリアは大地の行動が理解出来ず、警戒態勢を強める。

「お前、魔族だろ?何で人間といる?」

「・・・・・ほえ!?」

急に核心をついてくる発言をされ、思わず声が上擦るメリア。

さっきまでの警戒は無くなりむしろ隙だらけになってしまう。

「なっなっなっなんで知っているんですか!?」

「理由は教えられない。てか隙だらけだぞ。」

メリアは大地の発言に自身の構えが解けているのに気づき構え直す。

しかし次の大地の発言で再度隙だらけになってしまう。

「612歳。」

「うわぁぁぁぁぁああああ!やめろぉぉお!」

『これが魔族・・?俺が想像していた感じではないんだがな。』

目の前で四つん這いになり絶叫している魔族があまりにも間抜けが過ぎて、魔族のイメージを破壊される大地。

やはりどの種族だろと女性にとって年齢はタブーのようだ。

するとシリウスを閉じ込めていたディシント鋼にひびが入り始める。それを確認した大地は話を進める。

「時間がないから早めに頼む。魔族であるお前が人間に化けて、よりにもよってなんで帝国に?」

「仕方ないじゃない・・・魔族が生きる為には、自分を偽るしかないのよ!帝国にいたのは、帝国領の村で暇つぶしに闇魔法で遊んでたら、領主の貴族に見つかって、気付いたら今の地位に・・・・」

大地は哀れみの目をメリアに向けた。メリアは大地の目がどのような物か気付き、顔を赤くしながら頬を膨らませる。

「何よその目は!馬鹿にしてるの!」

「いやそんなつもりはないんだが。それよりお前はこのまま帝国にいるつもりか?」

「え?そりゃ今一番力のある国だし、ここにいれば安泰だと思ってるけど。」

「詳しくは話せないが、じきに帝国は滅びるぞ?それでもか?」

「なっ何を根拠もなく―――」

メリアが言い切る前に大地は笑みを浮かべながら自信ありげに話し出す。

「俺が滅ぼすからだ。一つだけ教えておく、今お前の前にいるのは俺の劣化した分身だ。この分身の能力はオリジナルの俺の半分だ。ここまで言えばなんとなくわかるかな?」

「シリウス小将程度なら軽く殺れるってことでね。でもそんな大事な事を私に教える意味は何?」

「いわゆる引き抜きって奴だ。帝国を切って俺達に付いて欲しい。」

「なんで私を味方に引き入れたいの?」

「俺の敵は人間至上主義を掲げ、獣人を差別する帝国人だ。魔族は人間とは敵対していたんだろ?敵の敵は味方っていうし、それに強い戦力は一人でも欲しい。お前シリウスより強いだろ?」
「・・・・・・・・・・・私があなたに付くメリットは何よ?」

「魔族であることを隠さなくて良い。魔族として生きる権利だ。」

「・・・・・・・・・・・・・少し考えさせてください。」

「今はそれで良いもし―――――」

大地が続きを話そうとしたとき、シリウスがディシント鋼の壁を破り、一直線で大地に切りかかる。大地は避ける素振りも見せずメリアに一言告げる。

「もし腹が決まったら、トームとユーリスの境にある獣人が居る村に来てくれ。」

そしてメリアから離れ、シリウスへと向かっていく。シリウスは風魔法で自身を加速させ、猛スピードで大地に突撃し腹部に剣を突き刺す。

大地は多量の鮮血を腹部から放出させた。勝利を確信するシリウス。しかし貫かれた大地の身体が爆発を起こした。

「なっ!」

シリウスは辛うじて風精霊魔法で風の鎧を作るが至近距離での爆発により全身に熱傷と細かい裂傷を浴び、そのまま膝から崩れ落ちるように倒れる。

「シリウス小将!」

多大な犠牲を出しながらも獣人を全滅させた兵士達がシリウスの元に集まる。

シリウスは殺したはずの大地の最後の笑みを思い浮かべ、大きな不安を抱きながら、意識を失った。

メリアは爆発を起こした大地の残骸に目を向けると、悩ましそうに頭を抱えていた。

「創造神で破壊神な俺がケモミミを救う」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く