創造神で破壊神な俺がケモミミを救う

てん

第9話

翌日の昼食後、大地は自室に閉じこもりながらあることを試していた。

近くにはフィア、マヒア、ルルが興味深そうにその様子を見ている。

午前中、大地はフィアとマヒアにも協力してもらい、この世界の物の仕組みや、魔法について教えてもらっていた。

この世界の魔法は主に火、水、風、土、光、闇の属性を合わせた六つの属性に分けられるそうだ。

特に、回復系の魔法や結界等の防御魔法を得意とする光と洗脳系の魔法や戦闘魔法に特化している闇の属性は希少な属性なようで、数えるほどしか使い手がいないそうだ。

どの種族も魔力自体はもっており、魔法が使えるかどうかは属性に適性があるかどうかで決まるらしい。

適性率は各種族によって異なり、妖精族などは全員何かしらの適性を持っているのに対して、

小人族や獣人族は全体の二割程度しか適性を持たない。人間は全体の六割程度は何かしらの適性を持つようだ。

適性は素質によって決まってしまう為、鍛錬をしたからといって出来るようになるわけではないらしい。

ほとんどの人は一つの属性のみに適性を持つのが普通だが、稀に二つ以上の特性をもつのだそうだ。

ちなみに獣人の村のガラン以外の幹部達はそれぞれ属性を持っておりレイとルルは水、ゼーレは風、フィアは土、マヒアは火と風を持っていた。

魔法の行使の方法は意外と簡単なようであり、頭の中でイメージすることにより可能で、そのイメージに応じた魔力を消費することでイメージした魔法を発現させるものらしい。

またこの世界の物には基本的に魔晶石というものが使われていた。

これは魔力を流すことで魔晶石に付属されている効果に応じた現象を生み出すことが出来るものだ。

例えば火晶石に魔力を通せば火を発生させることができ、水晶石に魔力を通せば水を生み出せる。

またその現象の度合いは流す魔力に比例し、流せる魔力の最大値は魔晶石の大きさに比例するらしい。

この村にも小さい魔晶石が何個かあり、食材の調理や、飲み水の補給に使われている。

そんな話を聞き、マヒアに教えてもらいながら、自分に魔法の適性があるか確認したのだが、どうやら自分には魔法の適性はないようだ。

まぁアウトプットで再現できるから関係ないのだが。

そんなこんなで大地が今行っているのは魔晶石の再現である。

自分のいた所と違いここには電力にガスにガソリン等の燃料がない為、電気機器や燃料が必要な物を作っても使用できなかった。

実際はガソリン等の燃料は再現可能なのだが、使用方法を間違えれば一大事にもつながる為、再現してないだけではあるのだが。

魔晶石を再現出来ればそれらの問題を一気に解決できると知った大地はマヒア達から魔晶石の種類とその付属されている効果を聞き、一つずつ再現していく。

「さすがそうぞ・・・大地殿。全てちゃんと魔力を通せば使用できます。」

作成された魔晶石に魔力を流しながら驚いた様子を見せるメヒアと魔晶石を見ながら嬉しそうに騒いでいるフィア。とりあえず第一段階は成功のようだ。

次に大地はその魔晶石と故郷である日本が誇る電気製品を組み合わせたものを再現していく。

目の前に試作したのIHクッキングヒーター、オーブンレンジ、ドライヤーの三つ。材質は全て軽くて頑丈なディシット鋼にした。

それぞれに熱晶石という熱のみを生み出す魔晶石を使い、ドライヤーには熱晶石とは別に風晶石を使い魔力に応じて温風が出る仕組みにしてみた。

「これはなんなの!!そう・・じゃなくて大地君!!!」

先ほどからマヒアとフィアが自分の名前を呼ぶときに一瞬創造主と呼びかけて口ごもっているのは気のせいだろう。いや絶対に気のせいだ。

大地は魔晶石と電子機器を組み合わせた物を魔晶機器と名付け、使い方を教える。

「本当になんでも作ることが出来るんですね。」

「まぁ大地君は簡単に家建てちゃうぐらいだからね・・・」

「いまだにその力には驚かされるばかりだ。」

三人が口々に魔晶機器を使いながらつぶやく。

魔晶石の使い方を把握した大地はフィアにコンロとオーブンレンジを複数個作り渡した後にマヒアとルルを連れて畑に向かう。

畑にはゼーレと子供達が作物の収穫を行っていた。大地が声をかけるとゼーレが反応する前に子供達がキラキラした瞳を大地に向けながらやってくる。


「「「創造主様!!」」」


創造主と呼ばれた大地が額に青筋を浮かべながらゼーレにジト目を向ける。

大地の後ろでマヒアがやってしまったといわんばかりに額に手を当てながら首を振る。

ジト目を向けられたゼーレは顔を青くしながら頭を何度も下げている。

「創造主様!!またあの甘いもの作ってくれよ!!」

狼の獣人の子は無邪気に大地を創造主と呼びながらおやつをせがむ。大地は誤解を解こうと子供達に諭すように声をかける。

「みんな、悪いけど俺は創造主じゃないんだよ。名前だって石田大地って名前があるし。だから創造主って呼ぶんじゃなくて大地と呼んで欲しいんだが。」

「え?創造主様は創造主様でしょ?」

「違うよ、創造主様の名前が大地っていうんだよ!」

「創造主様が大地で、大地が創造主様?」

あぁこれは理解してもらうまでに時間がかかるな・・・なんてことを考えながら、子供達に再現したおやつを渡す。おやつをもらい嬉しそうに食べる子供達。


『たった数日なのによくもまぁこんなに懐いてくれたもんだな。』


畑の問題を解決して以来、三人の子供達から懐かれてしまっていた。

狼人族で男の子のパーキに、ルルと同じ猫人族で女の子のライラ。そしてゼーレの妹のマーレだ。

スイートポテトをあげてからというもの、この三人組は畑仕事の合間を見つけてはおやつをせがみに来ていた。

歳は三人とも九歳だそうで、ゼーレに歳がだいぶ離れた妹だなと言うと「私はまだ十七です!!」と怒られたのを覚えている。

そういえばステータスでも十七だったな。

「大地!!今度はどんなすごいことするんだ?」

パーキが目をらんらんとさせながら大地の腕をつかみブンブンと振り回す。

「今日は、みんなのお手伝いをするものを作りにきたぞ!」

大地が答えると子供達がワァーと声をあげる。

子供達に早く早くと急かされ早速アウトプットで再現を始める。

すると目の前に三体のゴーレムが現れた。更に子供達からウォーと大きな声が挙がる。

このゴーレムは畑作業をしている子供達の負担軽減の為に作成したもので、先日フィアが物を運ぶのに土魔法で作っていたゴーレムに手を加えて再現したものだ。

このゴーレムは全身ディシント鋼で出来ており体内に動晶石という魔力を流すことで動力となる魔法石を埋め込んでいる。

そうすることで土魔法を使えないものでも魔力を流すのみでゴーレムを作動させることが出来る仕組みになっている。

また子供が上に乗って操れるように右肩に乗り込み口を作ってある。
 

名称 ゴーレム 
能力値
腕力B 体力A 敏捷性G 魔力G


ゴーレムの作成後、使用しやすいようにプログラミングを行う大地。

動かすのに必要な消費魔力を最低限に変更し、念のため盗難、悪用防止の為に本人認証システムを付け加え、子供達以外では動かせないようにした。

その後試しに子供達に動かしてもらったのだが・・・

「大地兄ちゃん。動きが遅くてこれじゃ仕事になんないよ。」

ライラが残念そうに大地に告げる。

他の二人も同じ意見の様だ。大地はどう改良しようか頭を悩ましていると、ふとさっきのインプット時のステータスにあった『敏捷性G』を思い出す。

そして再度ゴーレムのプログラミングでステータスの書き換え行う。
 

名称 ゴーレム
能力値
腕力B 体力A 敏捷性A 魔力G
保持スキル
「ライラ専用」「魔力消費軽減(大)」


インプットで確認を行い、ライラに試してもらう。




「大地兄ちゃ~ん今度は早すぎぃ~!!」


今度は早すぎてコントロールできないようだ。色々試してみたが『敏捷性D』が一番使い勝手が良いとのことで落ち着いた。

またゴーレムの試し運転でライラがコントロール出来ない様子を見た大地はゴーレムの作動中、怪我防止用に右肩に光魔法である結界が起動するようにこっそりと書き加えを行った。


その後嬉しそうにゴーレムを操作するパーキ達を眺めながら、のどかな雰囲気を楽しむようにほのぼのとする大地達であった。

「創造神で破壊神な俺がケモミミを救う」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く