話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

VRMMO生活は思ってたよりもおもしろい

夏月太陽

57.ダンジョン攻略再開


 桃香の誕生日が近づいているため、そろそろ誕生日会の準備をしようかと思って桃香を抜いた3人に相談すると、速人が「そういうのは前日にやればいいんですよ」と言った。

 その言葉に楓季も輝美も、同意するように頷いたので、3人には明日頑張ってもらうことにして今日はゲームにログインすることになった。


 ◆◇◆◇◆


 ログインした後、シアンとブランをアイテム欄から出し、転送にて五十二階層へ向かった。

 五十二階に着き奥へ進んでいくと、4本腕の生えた凶暴な顔をしたクマが出てきた。

「なにあれ、腕が4本もあるんだけど……」
「あれは、『ホールドベア』の上位種で『ホールドファイティングベア』です。プレイヤーをがっちりと捕まえてから往復パンチを喰らわせてくるモンスターです」

 『ホールドベア』って久しぶりに聞いた。

 ソーキさん達が抱きつかれるならイケメンの方がいいとか、美人の方がいいとかよくわからないことを言ってたやつだ。

 そう言えば、ソーキさん達どうしてるのかな、最近全然会わないけど……。

 まぁ、ソーキさん達にも都合や事情があるだろうから、気にしない気にしない。

 なんてことを思っていると、『ホールドファイティングベア』が僕を捕まえようと走ってきていた。

 こういう場合は、殺られる前に殺るのが一番。

 僕は、刀を抜いて突っ込んでいって、『ホールドファイティングベア』の腕をすべて切り捨てた。

 その後、首を胴体から切り離して止めを刺した。

 若干、『ホールドベア』より走る速度が速かった気がする。

 腕が2本多いからだろうか。

 まぁ、それはともかく、『ホールドファイティングベア』を倒したので更に奥へと進んでいった。

 『ホールドファイティングベア』は頭がいいからか鼻がいいからか、待ち伏せしたり遠くからいきなり全速力で走ってきたりと、様々な戦法をしてきた。

 そんな『ホールドファイティングベア』達を倒していくと、次の階層へと続く階段の手前で『ホールドファイティングベア』の亜種『ホールドファイティングベア(亜)』に出くわした。

 どんな違いがあるのかハヤトに聞いてみたところ、普通の『ホールドファイティングベア』より防御力と攻撃力が高いとのことだった。

 実際、僕が腕を切り落とそうとしても、一太刀では切り落とせず少し傷を負わせただけだった。

 まぁ、とはいえ、それだけではある訳で、僕はまず『ホールドファイティングベア(亜)』の一本の腕だけを集中的に何回も斬って落とし、それを繰り返して、すべての腕を切り落とした。

 これであとは止めを刺せればいいんだけど、『ホールドファイティングベア(亜)』のHPバーはまだ4分の1ぐらい残っているため、すぐ止めとはいかない。

 僕は、『ホールドファイティングベア(亜)』を斬りつけて斬りつけて斬りつけまくって、最後は刀を突き刺して止めを刺した。

「やっと倒せた……」
「よく一人で倒せましたね、龍さん。結構難しいんですよ? 『ホールドファイティングベア(亜)』を倒すの」
「手伝おうとしなかったくせによく言うね……」
「そうだよ! 回復役の私は参加できないけど、ハヤト君達は戦闘職なんだからリュウさんに頼ってないでちゃんと戦ってよ」

 憤慨したモモにハヤト達は説教を受けた。

 説教を受けたハヤト達は、気まずそうにしながらモモから視線を逸らす。

 自覚があるなら最初から一緒に戦ってよ。と言いたいけど、実際僕が一人で対処してしまっていることがハヤト達の慢心に繋がってしまっていることはわかっているので、言うのは止めておいた。

 その代わり、こんな案を出してみた。

「じゃあさ、これからは3人が戦って、僕は3人が無理だと思う敵が出たときだけっていうのはどうかな」
「えぇ!? 無理ですよ! もう、五十二階層ですよ!? 今から3人はちょっと……」
「だから3人で無理だと思う敵だったら僕が相手するって言ってるんじゃん」
「わ、わかりました……」
「俺はまあ、リュウさんに頼りっぱなしだったからそれでいいと思う」
「そうね、そろそろ私達もやらないとね。しばらくやってないんだし」

 ハヤトは渋々、他の二人は進んで承諾したので、これからは、僕は3人で対処できない強敵が出た際のみ戦闘をすることになった。

 そう言えば、結構モンスター倒したけど、今のステータスどうなってるんだろ。


―――――――――――――――――――――――

◆プレイヤー名:リュウ Lv96 職業:ソードマン

 HP:5520/5520

 STR(攻撃力):4960(+200)→5160

 VIT(防御力):4570(+20)→4590

 AGI(回避力):7000(称号:<回避の貴公子>により+2000)→9000

 INT(賢さ):3255

 MND(精神力):3110

 LUK(運):10(※Max:10)

◆スキル(※Max:Lv10)

【気配察知】:Lv1

【鍛治】:Lv1

【生産】:Lv1

【テイム】:Lv10

【料理】:Lv1

【調合】:Lv1

【挑発】:Lv1

【隠密】:Lv1

◆所持スキルポイント:20
 ※1ポイントで1レベルアップ

◆称号
 ・<【英雄の台地】の英雄> ・<回避の貴公子> ・〈牛若丸〉

―――――――――――――――――――――――


 あれ、いつの間にかあだ名が称号に……!?

 レベルはそこそこ上がってもうすぐ99で嬉しいけど、どうしても称号の〈牛若丸〉が気になる。

 ステータス画面を見ながら唸っていると、モモが話し掛けてきた。

「リュウさん、もうすぐ次の階層に続く階段ですけど、そんなに唸ってどうしたんですか?」
「いや、なぜか称号に〈牛若丸〉が……」
「えっ、本当ですか?」

 そう言って僕のステータス画面を覗いたモモモは、「あっ、本当に称号に〈牛若丸〉が」と言って驚いた。

 その声を聞いてハヤト達が駆け寄ってきた。

「どうしたんですか?」
「称号にね、〈牛若丸〉ってあるんだけど……」
「あぁ、それは、僕が父に頼んで付けてもらったんですよ」
「……えっ?」
「ですから、僕が父に頼んで付けてもらったんですよ!」
「なんで?」
「そりゃもちろん、おもしろそうだからですけど?」

 それを聞いた瞬間、体の力が抜けて地面に倒れかけた。

 普通おもしろそうだからって頼んで称号付けてもらうとかしないでしょ……。

「そういうことするんだったら、これから僕、一切戦わないからね? それかゲームにログインしなくなるかも」
「あっ、わかりました、わかりましたから、それだけは止めてください!」

 必死に頭を下げて謝罪してきたので、許すことにした。

 まったく、ハヤトは僕を困らせることばかりしてくるから、たまにお灸を据えてやらないとエスカレートしそうで怖い……。

 そしてその後、僕達は次の階層に続く階段から五十三階層へ向かった。


「VRMMO生活は思ってたよりもおもしろい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く