話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

VRMMO生活は思ってたよりもおもしろい

夏月太陽

45.ホラーイベント


 数日が経ち、今日はTPOの夏ならではのホラーイベントが開催される日だ。

 前日にイベントに参加することが決まった時から、桃香はこの世の終わりのような絶望した顔をしている。

 決まった瞬間の桃香は、まるで鯉のように口をパクパクさせ、言葉にできない程にショックを受けたようだった。

 そんな桃香を、僕は必死に宥(なだ)めた。

 その甲斐あって落ち着いたは落ち着いたけど、表情は暗いまま固定されてしまった。

 暗い表情を解除できぬまま、ログインした。


 ◆◇◆◇◆


 ログインした僕達は、ホラーイベント開催エリアへ向かった。

 そのエリアには、廃墟のビルが建ち並んでいたり、少し遠いところには如何にもな雰囲気の屋敷があったり、使われていない感じの学校があったりと怖がらせるための場所が一つのエリアに集結していた。

 そんなエリアに着くと、大勢のプレイヤーが参加しようと集まっていた。

 そして開始時間になると、例の音声が流れ始めた。

『やっほ~、プレイヤーの皆さん! 今日から始まるホラーイベントの説明をするよ~!』

 相変わらず軽い喋りだ。

『うぉぉぉぉぉっ!!』

 そして相変わらずノリが良いプレイヤー。

『まずこのイベントの主旨は……スタンプラリー! ここから見える3ヶ所の怖がらせポイントのどこかに、スタンプがあるからそれを見つけてこの紙に押してね~』

 そう言った後、スタンプを押すための紙が出現した。

『今回のイベントでは、ギルド関係なしなので個人で回るもよし、グループで回るもよし、カップルで回るもよし! そして、どの順番でどう回るか、それもプレイヤー次第! スタンプ集められるように頑張ってね~。そしてそして、それぞれの怖がらせポイントでは様々な怖い体験が待っているので、覚悟してね。因みに、スタンプを逸早く集めた人には、前回同様オリハルコンの防具一式をプレゼント! それじゃあ、イベントスタート!』

 音声が終了すると、プレイヤー達が再び『うぉぉぉぉぉっ!!』と叫び、我先にと走っていった。

 オリハルコンかぁ。もう持ってるから要らないかな。

 それに、また目立ってイベントの難易度上げると他のプレイヤーからどんな視線を浴びるかわからないし……。

 でも、さっきからずっと僕の腕にしがみついているモモのためにも、早く回った方がいいのは確かだ。

 ん~。どうしたものか……。

「リュウさん、せっかくですから二人で回ってください」
「えっ? なんで?」
「いいからいいから。俺達のことは気にせず二人で回って」
「モモも、二人の方が良いわよね?」

 ヒカリがそう聞くと、モモはコクリと頷いた。

「ハイじゃあ決まりですね。じゃあ僕達、先にいくので」
「また後で!」
「ごきげんよう」

 なんか最後のイラッときたけど気にしないでおこう。

 風のように去っていった三人に取り残された僕とモモ。

 取り敢えずモモに話し掛けてみる。

「……大丈夫?」
「だ、だだ、大丈夫……じゃないかもです」
「じゃあやめとく? 僕はどっちでもいいから」
「いえ、二度もリュウさんの足を引っ張る訳にはいきません。い、行きましょう」

 僕の腕にしがみつきながらそう言ったモモは、体は震えてるし、顔色が悪い。

 本当に大丈夫なのかと心配ではあるけど、本人が行くと言ったので、これ以上は言わない。

「ほ、ほら、リュウさん。い、行きましょう?」
「あ、うん」

 ……本当に大丈夫だろうか。


「VRMMO生活は思ってたよりもおもしろい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー51407

    4話のドラゴンのテイムの時【テイム】無しでのところが【エイム】無しで担っていました。
    面白いので頑張ってください!

    0
コメントを書く