話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

VRMMO生活は思ってたよりもおもしろい

夏月太陽

42.マクロ達とダンジョン攻略


 ダンジョンのあるエリアからクエスト受注場所に移動した僕達は、ハヤト,フウキ,ヒカリの三人と僕とモモの二人に分かれて違うクエストを受けた。

 ハヤト達は、『廃墟ビルが建ち並ぶエリアにてゾンビを100体浄化せよ』という最早別ゲー感が漂ってるものを受注した。

 僕達は、クエストというか『強者求む! 現実時間の午前11時までに【始まりの広場】の噴水に来られたし!』という、救援を求めているようなものが有ったので、受注して行ってみることにした。

 ハヤト達とは、お互い終わったらギルドホームに集合ということにして別れた。

 【始まりの広場】へ行ってみると、噴水前に見慣れた四人組が待っていた。

「なんだ、あれ出したのトッププレイヤーのマクロか」
「なんだってなんだ! というか、またそれか! いい加減にしろよ!」
「だって、マクロに最初に会ったらそう言いたくなるんだから、仕方ないだろ」
「完全にからかうためだろ!」

 マクロは、ビシッと人差し指で僕を指しながらそうツッコんできた。

 確かにその通りだけど、ここは敢えて「さあね」と惚けることにした。

「というか、なんであんなクエストとは言い難いものを発注してたの?」
「ダンジョンの五十階層が中々攻略できないんだよ。だから強い人を募集しようと思ってさ」
「いや、トッププレイヤーのマクロ以上に強い人居ないでしょ」
「なに言ってんだ。お前が居るだろ? だからお前が来たときは、計画通りって思った」
「他の人が来たらどうしてた?」
「諦めてそのままダンジョンへ行くな」

 そんな会話をしつつ、僕達はダンジョンへ向かった。

 僕達からしたら、もう一回あのゴーレムと戦わなきゃいけないのか……というのと、結局またダンジョン攻略か……というのが頭に過った。

 ダンジョンに着いた後、マクロが疑問をぶつけてきた。

「そう言えば、リュウ達ってどこまで攻略したんだ?」
「今から挑む階層は攻略したよ?」
「マジか!?」
「さすがリュウだな。あの硬いゴーレムを倒すとは……」
「そうそう、どこかのトッププレイヤーと違ってな」
「そろそろリュウ君にトッププレイヤーの座、譲った方がいいんじゃない?」
「うるせぇよ!」

 僕達がそんな会話をしていると、モモがこう言ってきた。

「回復役は任せてください。この子も居ますし」
「そう言やぁリュウ、なんでその子と二人なんだよ」
「もしかして、コレか?」
「表現が古いよ。でもまあ、コレだけど……」

 クリア(本名 とおる)が小指を立てながら聞いてきたので、僕も小指を立てながら返した。

「でも、今二人なのは、他の三人がホラー系のクエストに行ってるからなんだよね」
「私が怖いの苦手なので、リュウさんが気を遣って他のクエストを受けてくれたんです」
「リュウ、お前、イケメンだわ」
「どっかの誰かさんでは、できない芸当だな」
「リュウ君って、非の打ち所が無いよね」
「射的はできないけどな」

 三人が褒めるなか、マクロがボソッとそう呟いた。

 しかし、本当にボソッとだったので三人には聞こえなかったようで無視されていた。

 そんなやり取りもそこそこに、僕達は五十階層へ向かった。

 僕とモモはすでに五十階層は攻略していて、再挑戦を選ぶと五十一階層に行ってしまうので、マクロ達と一緒に一階層から猛スピードで五十階層まで上がった。

 道中はすべてシアンに任せたので、ごり押しのような感じだった。

 五十階層に辿り着いた僕達は、ゴーレムと対峙した。

 マクロ達はドラゴニッククリスタルでできた武器を持って構え、ゴーレムに突っ込んでいった。

 僕は刀を抜いて構えるも、一回目ゴーレムと戦った時のことを思い出して行くに行けなかった。

 だって、あのゴーレム防御力が高すぎて攻撃が通らないし、シアンじゃないと勝てなかった相手だもん。

 今更思い出したけど、最近自分のステータスって確認してなかったな。

 マクロ達が戦っている最中に失礼して僕は自分のステータスを確認した。

―――――――――――――――――――――――

◆プレイヤー名:リュウ Lv89 職業:ソードマン

 HP:4675/4675

 STR(攻撃力):3446(+20)→3466

 VIT(防御力):3214(+20)→3234

 AGI(回避力):5000(称号:<回避の貴公子>により+2000)→7000

 INT(賢さ):2853

 MND(精神力):2562

 LUK(運):10(※Max:10)

◆スキル(※Max:Lv10)

【気配察知】:Lv1

【鍛治】:Lv1

【生産】:Lv1

【テイム】:Lv10

【料理】:Lv1

【調合】:Lv1

【挑発】:Lv1

【隠密】:Lv1

◆所持スキルポイント:20
 ※1ポイントで1レベルアップ

◆称号
 ・<【英雄の台地】の英雄> ・<回避の貴公子>

―――――――――――――――――――――――

 おっふ……。久し振りに見たら、回避力が物凄いことになってる……。元が5000でそこにプラス2000で7000って、何も当たらないんじゃないの?

 一人でそんなことを思っていると、マクロに呼ばれた。

「なにやってんだよリュウ! 早く手伝えよ!」
「わかった、今行く!」

 返事をした僕は、ステータスを閉じてシアンを連れてゴーレムのところへ走った。

 中々苦戦しているようで、ゴーレムのHPはHPバーの1センチメートルしか削れていなかった。

 大人数で戦うと、一人でやるよりはHPが減ることはわかった。でも、HPが減る速度はまだまだ遅い。

 これ絶対攻略できないでしょ。たとえ回復役が居たとしても、何時間かかることやら……。

 まぁ、その点僕にはシアンが居るから勝てた訳だけど、他の人達は居ないからどうやって攻略するれば勝てるんだろうか。

 ゴーレムのところに行くと、ちょうどパンチが来たところだった。

「げっ!? そりゃないよ……!」

 そんなことを呟きながら、僕は全速力で前方へ走ってゴーレムの足元まで行った。すると、ゴーレムのパンチは後方の地面に当たり、威力がでかかったため地面が抉れた。

 当たったら、一発でゲームオーバーになりそう……。

「さすがリュウ、回避力が高いだけあるな」
「それよりさ、リュウはどうやってこのゴーレムを倒したんだ?」
「僕じゃ無理だったから、シアンに任せたよ。そしたら一発で終わった」
「そう言えばその龍って龍王ドラゴンキングだったな。じゃあ、そいつに倒してもらおうぜ」
「そうだな、その方が早いし」

 そんな感じで、ゴーレムは再びシアンのブレスによって木っ端微塵になったのだった。

 五十階層を攻略した後、五十一階層へ行ったところでマクロ達とは別れることになった。

 なぜなら、マクロ達はこのまま攻略を続けるそうだけど、僕とモモはハヤト達との合流することになっていて、ギルドホームに行くからだ。

 マクロ達に別れの挨拶をしてから、メニューから一時撤退を選択し、ダンジョンを出た後僕とモモはギルドホームへ向かった。


「VRMMO生活は思ってたよりもおもしろい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く