話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

VRMMO生活は思ってたよりもおもしろい

夏月太陽

38.夏祭り 1


 時は進み土曜日になり、夏祭りの日がやって来た。

 ただ、祭りは17時からなのでそれまでTPOをやることになった。

 しかし、ここで問題が発生した。速人達が夏祭り一緒に行かないかと誘ってきたのだ。

「龍さん、今日夏祭りがあるので一緒に行きませんか?」

 そう聞かれた僕がどう答えようか悩んでいると、桃香がはっきりと「今日は私と二人で回るから、三人で回って」と言った。

 それを聞いた速人は、慌てて「そりゃそうですよね。お祭りですもんね。僕達は僕達で回るので、二人で楽しんでください」と言った。

 完全に気を使わせてしまった……。

 申し訳ないと思いつつ、TPOをするためログインした。


 ◆◇◆◇◆


 17時の30分前にログアウトした後、速人達三人は先に行き、僕と桃香は浴衣に着替えてからお祭りに向かうことになった。

 着替え終わってまだ着替えている桃香を待っていると、「お待たせしました」と桃香が来たので見てみると、ピンクの浴衣に黄色い帯、浴衣髪型がよく似合っていた。

 いつも以上に可愛くて驚いた。

「ど、どうですか?」
「よく似合ってるし、可愛いよ」
「そ、そうですか? えへへ、ありがとうございます!」

 因みに、僕の浴衣は黒色に薄い灰色の波のような模様が入った浴衣だ。

 桃香は僕の浴衣姿を見て、「やっぱり洋服より和服の方が似合いますね」と言った。まぁ、普段着がシンプルだから、それよりは和服の方が似合ってると思う。

 それからお祭りが催されている場所へ行くと、既に大勢の人達がお祭りを楽しんでいた。

 出店している屋台を見て回っていると、桃香が立ち止まった。

「どうしたの?」
「龍さん、あれやりましょう! あれ!」

 桃香がそう言いながら指を指したのは、祭りの定番射的だった。

「しゃ、射的?」
「どうしたんですか?」
「射的は苦手なんだよね……」
「いいじゃないですか、苦手でも。楽しめればいいんです」

 優しくそう言ってくれる桃香。でもね、桃香、苦手は苦手でも……

「龍さん、どこに飛ばしてるんですか!? 危うく店主さんに当たるところでしたよ!?」

 思いもよらない場所へ弾が飛んでいくから、楽しめないんだよ……。しかも、一回も当たったことないし、かすったこともないんだよね……。

「だから苦手って言ったのに……」
「苦手の域を越えてますよ! どうやったら屋台の左側で真っ直ぐ撃ったはずの弾が、右側の隅に居る店主さんに当たりそうになるんですか!?」
「本当、不思議だよね。なんで真っ直ぐ飛んでいかないんだろう? 父さんと母さんは百発百中だったんだけどなぁ」

 僕が不思議がっていると、桃香が「次、私がやります」と言って射的銃を持った。

 僕のノーコン射撃に対して、桃香は6発中6発全部当てた上に当てた物全て落とした。

 桃香、射撃得意なんだね。というか、撃つ時の桃香の目がマジでガチだった……。獲物を狙う時の猟師さんみたいな目をしてた。

「見てください龍さん! こんなに取れました!」
「あ、うん、そうだね……」

 クマ関係のグッズを嬉しそうに見せてくる桃香。クマが大好きなのがよくわかった。

 射的を終えた僕達が次にやったのは、くじ引きだった。

 一等から十等まであって、一等は僕達が既に遊んでいるTPO,二等は某人気カードゲームのレアカード五枚,三等は某人気探偵マンガ最新巻を含めた約九十巻,四等は桃香が大好きな大きめのクマのぬいぐるみ(リ○ックマ)で、五等以下もそれなりにいい賞品だった。

「あれです、あのぬいぐるみが欲しいです!」
「よし、任せて。さっきの汚名返上するから」
「ハッ、無理無理! くじ引きなのに狙って当たるもんか!」

 僕の言葉に、店主のおじさんが嘲笑いながらそう言ってきた。

 僕はお金を払い、箱に入った三角形のくじを引き、ホチキスで止められた紙を開くと……

「そ、そんなバカな!? きっちり四等を当てやがっただと!?」
「ふぅ、これで汚名返上できた」
「さすが龍さん、物凄い強運ですね!」
「強運過ぎだろう!?」

 店主のおじさんがそんな風に驚きながらも、ぬいぐるみを渡してきたので、桃香に渡した。

「はい、桃香」
「ありがとうございます! 他のグッズよりも大切にします!」

 ぬいぐるみを抱きながら嬉しそうにそんなことを言う桃香。

 クマグッズが七つになって持ちきれなくなっているので、賞品が貰える系のものはやめて、次は食べ物の屋台を見て回ることにした。

 見て回っていると、桃香がリンゴ飴を食べたいと言うので買ってきてあげた。すると、桃香がこう言ってきた。

「手が塞がってるので食べさせてください」
「いや、それ、片手で抱けるでしょ?」
「落としたくないじゃないですか」
「まぁ、それもそうだね。はい、どうぞ」

 そう言って僕がリンゴ飴を口へ持ってってあげると、桃香は嬉しそうにしながら一口食べた。

「甘くて美味しいです」
「そりゃよかった」
「龍さんの分は買わなかったんですか?」
「リンゴ飴の気分じゃなかったから」

 そんなやり取りをしつつ、リンゴ飴を食べさせてあげながら、次の食べ物を求めて屋台を見て回った。

 すると、前から幸也が女の子と一緒に歩いて来るのが見えた。

 隠れようかと思ったけど時すでに遅し、向こうがこちらに気づいて手を振りながら近づいてきた。

「よっ、龍! ……って、なんでお前女の子と一緒に居るんだ? もしかして、彼女か?」
「猿渡くんに彼女が居たっておかしくないでしょ? 幸也くんより頭良いし、剣道は東京一なんだから」
「補足するとだけどね。こんばんわ、佐倉さん。と、TPOトッププレイヤーさん」

 僕が不適な笑みを浮かべながら幸也に向かってそう言うと、幸也が怒った。

「またそれか! つーか、現実でそれはやめろ!」
「ごめんごめん、ついうっかり」

 そこへ佐倉さんがこう訊ねてきた。

「猿渡くんがあの牛若丸って幸也くんに聞いたんだけど、本当?」
「そのあだ名、久し振りに聞いた……けど、うん、そうだよ」
「ところで、その子、誰なんだ?」

 幸也が思い出したかのように聞いてきた。

「誰って、モモだよ。僕が所属してるギルドの」
「はぁ!? まさか、あの可愛いフェアリーの!?」
「初めまして、丹紫桃香です」
「あ、どうも、鉈切幸也です」
「佐倉菜奈です」

 桃香がお辞儀をしながら自己紹介をしたので、二人もつられてお辞儀をしながら自己紹介をした。

 その後、桃香が一緒に回らないかと提案すると、一緒に回ることになったので、四人でお祭りを楽しむことになった。


「VRMMO生活は思ってたよりもおもしろい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く