話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

VRMMO生活は思ってたよりもおもしろい

夏月太陽

28.夏休み中お泊まり会開始


 家に着いてからの家の中は騒がしいことこの上なかった。

 家に着くなり、速人が「やっと、やっと龍さんの家に泊まれる……!」とガッツポーズをしながら言い、楓季が「俺、龍さんの家に泊まるのが夢だったんだ!」と大袈裟なことを言い、輝美が「和風って落ち着くわよね」と大人なことを言い、桃香がそんな三人に対し自慢気に「ふふん、私は一度泊まりましたから!」と言った。

 そのせいで家に入る前にちょっとした口論になってしまったけど……。

 家の中に入ってからも、ワイワイガヤガヤとお喋りをしながら夕飯を食べたり、テレビを見たりしていた。

 そんな賑やかな四人を見ていると、これから約一ヶ月間こんな感じが続くんだと思い、いつもより気分が高揚した。

 両親が居たときも、居なくなってから今までも三人での夏休みだったので、大勢での夏休みは初めてだ。いや、両親が居たときは一人になることの方が多かったので、両親との思い出は少ない。

 でも、休みになったときは全力で僕と遊んだり旅行したりしてくれたので、それなりに思い出は残ってる。

 僕が感慨深そうにしている間も、四人はワイワイガヤガヤとお喋りを楽しんで……ると思ったら、夏休みの宿題をやっていた。

「龍さん龍さん、ちょっと教えてもらいたいところがあるんですけど」

 速人にそう言われた僕は、苦笑しながら速人のところへ行った。

「どこがわかんないの?」
「この『タンザニアで発見された猿人は?』っていう問題なんですけど、名前が出てこないんです……」

 おっふ、世界史か……。僕日本史選択だから世界史ってあまりわかんないんだよね……。というか、さすがお金持ちが通う学校。中学でこんな詳しいところまでやるとは。

 でもまあ、これは聞いたことあるから答えられる。

「えーっと、確か、ホモ=ハビリスだったと思う」
「ああ! それですそれ! ありがとうございます!」
「どういたしまして」

 スッキリした顔で再び勉強に勤しむ速人。

 ふぅ~、一瞬焦ったけどなんとかなった。聞かれたやつが知ってるやつで良かった。

 しかし、そう思っているのも束の間。今度は楓季が質問してきた。

「龍さん、さっきからこの『2x+4y=-8,-3x+5y=6の連立方程式を解きなさい』っていう問題の答えが合わないんだけど」
「ん~…………あっ、ここのプラスとマイナス入れ替わってるよ」
「うわっ、本当じゃん! ありがとう、龍さん!」
「どういたしまして」

 楓季の質問に答え終わるや否や、今度は輝美が質問してきた。

「龍さん、『1338年に征夷大将軍になり室町幕府を開いた人は?』という問題……」
「足利尊氏だよ」

 日本史を聞かれたことが嬉しくて、つい速答してしまった僕を見て、速人や楓季がこう言ってきた。

「なんで日本史だけそんなに答えるのが速いんですか!?」
「俺らの時より速いじゃんか!」
「そりゃあ日本史が得意だからに決まってるでしょ。それ以外に理由はない」

 僕がそう言って得意そうにしていると、桃香も質問してきた。

「龍さん、chemical fertilizerって和訳すると何でしたっけ?」
「……化学肥料じゃなかったかな」
「そうでした! ありがとうございます!」
「どういたしまして」

 というか、化学肥料が出てくる文章ってどんな文章なの!?

 それと、全員の質問に答えてわかったことがある。それは、全員勉強しているものがバラバラだということだ。

「みんな教科がバラバラだけど、苦手なやつなの?」
「そうなんですよ! 人物と人物の繋がりとか人物と場所の繋がりとか深く覚えないといけない日本史より、その時々に起こった出来事や人物を覚えれば良い世界史の方がいけると思ったんですけど、カタカナが多くて覚え難くて苦戦してます……」

 僕が質問すると速人が逸速くそう答えた。速人が答え終わると、楓季、輝美の順にこう言った。

「俺も数学は苦手だなぁ。いつも符号間違えるし」
「私は、速人の反対の理由ね。世界史の方が覚えやすいもの」

 そして、最後に桃香がこう言った。

「私は、苦手というか……ただ、龍さんに質問したかっただけです……」

 てへっ。といった感じで本音を吐き出した桃香。それを聞いた僕が、えっ? そうなの? という顔をすると、輝美がこう言った。

「桃香はいつも学年の成績トップを取ってるもの。本当は宿題なんてとっくに終わってるのに、龍さんに質問したいがために態々持ってきたのよ? 龍さん、愛されてるわね?」

 あれ? そのセリフ、前に真理にも言われたよ? 流行ってるの? とは思ったけど、聞かなかった。聞くほどの事でもないし。

「そう言えば、龍さんは宿題やらないんですか?」

 そう聞いてきたのは、速人だった。

「宿題なら貰ったその日に終わらせたよ。一緒にやってると、質問されたら返答に集中しちゃって進まない気がしたから」
「龍さんって、強い上に頭良いんですね!」
「剣道バカだと思ってた」
「はいそこ龍さんをバカにしない! 桃香が物凄い形相で貴方のことを睨んでるから!」
「龍さんを、バカにした……。許しません! ええ、絶対に許しませんとも! これは、何か罰を与えないと……!」

 ヤバい! 桃香の雰囲気が真っ黒だ! 目が光を失ってて、完全に怒ってる顔だ!

「桃香、落ち着いて! 剣道バカって程ではないけど、確かに剣道は好きだから! 気にしてないから!」
「龍さんがそう言うなら……。良かったですね、楓季君。龍さんが寛容で。私は許しませんけど!」

 許さないんかい!! 僕が良いって言ってるんだから許してあげてよ! でもまあ、いつもの桃香に戻ったから良しとしよう。


「VRMMO生活は思ってたよりもおもしろい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く