話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

VRMMO生活は思ってたよりもおもしろい

夏月太陽

19.初めてのゲーム内商店街と思いきや


 散歩を再開した僕は、この街に商店街が有るのを思い出したので、行ってみることにした。

 商店街がある方へ歩いていくと、現実と同じような入り口が有り、商店街の名前が書かれた看板が飾ってあった。

 看板には、『TPO商店街』と書いてあった。まあ、このゲームの名前と一緒にするのがベターだから、有りだと思う。

 『TPO商店街』には、ポーション屋・防具屋・武器屋・餌屋等が軒を連ねている。

 餌屋が有ったことに一番驚いた。だって、シアンとブランにまだ何も食べ物あげてなかったんだもの……。本当、シアンとブランには申し訳ない……。

 テイム後のモンスターは、一定時間毎に餌を与えないと機嫌を損ねてクエスト等で戦ってくれなくなる。というのを、超今更ながら思い出した。

「ごめん、シアン、ブラン。今まで餌食べさせてあげなくて……」
「キュ?」
「クゥ?」

 僕が謝ると、シアンとブランは首を傾げながら「なんの事?」と言いたげな鳴き声を出した。

 あれ? 2匹ともなんの事か分かってないご様子なんですけど、どういう事? まさか、餌が要らないとかそんなことは無いよね?

 それはさすがに無いよね? だって、そこまでいったらもうチートと言うよりバグだよ。バグモンスターだよ。

 一応聞いてみるか……。

「もしかして、お腹空かなかったりする?」
「キュ!」
「クゥ!」

 あちゃあ、マジか……。通りで今までご飯くれって催促されなかった訳だ。これは、チートモンスターと言わざるを得ないね。いや、バグモンスターだね。

 あれか、2匹とも王だからか。エネルギー源がなんなのか分からないけど、そういうことなのかも。いやまあ、これは推測だから、僕の知識では、今はそれしか思い浮かばない。今度、ハヤトにでも聞いてみよう。

 そんな2匹をテイムしてしまった僕は、やっぱりチーターと呼ばれるのかな? あだ名は、最近全然呼ばれてないけど、牛若丸で充分なんだけどなぁ……。

 そんなことを思いつつ商店街を歩いていると、またマクロ達に会った。

「あれ? マクロじゃん。また会ったね」
「お、そうだな。ところでリュウは、ここに何しに来たんだ?」
「何も? ただの散歩だよ」
「ふーん」
「そっちは明日から始まるイベントに向けての準備?」
「よく分かったな。その通りだ」
「そう言えばクロスさんから聞いたんだけど、今回のレイドボスの『ヤマタノオロチ』って、前に一回出てきたんだよね?」
「そうだけど?」
「それで、その『ヤマタノオロチ』をマクロ達があっさり倒したってのも聞いたんだけど」
「そ、その通りだけど、それがどうかしたか?」
「いや別に? 聞いてみただけ。えっ、もしかして、何かやましい事でも有るの?」
「ね、無ぇよ!?」

 明らかに動揺してますがな。有るって言ってるようなものだよ? まあ、詮索はしないでおくけど。

「ふーん、なら良いけど。それより、何を買いに来てたの? やっぱりポーション?」
「ギクッ!?」
「えっ? 何?」

 ギクッって言葉で発する人、初めて見た。それよりも、ポーションに何か有るんだろうか?

 マクロの後ろに居る3人も、どこか焦った表情をしている。

「い、いや? 別に? なんでも無ぇよ?」
「そうそう、なんも無いって! なぁ?」
「当たり前だろ!」
「うんうん、何も無いよ? そう、何も……。それに、買いに来たのはポーションじゃなくて、『ヒーラーベア』用の餌だから……」

 将人の目が超泳いでて、物凄く怪しいんだけど……。そこまで怪しいと、詮索したくなる。

「ふーん、そっか。ポーションでごり押しして『ヤマタノオロチ』を倒したって聞いたから、てっきりポーションを買いに来たのかと……」
「「「「ギクッ!?」」」」

 僕の言葉に今度は全員が一斉にギクッという言葉を発した。まさか全員が「ギクッ!?」と言葉で発するとは思わなかった。

 もしかして、ポーションでのごり押しは何らかの目的が有ったのかな? そう思った僕は、単刀直入に聞いてみた。

「もしかして、ごり押ししたのは何か目的が有ったの?」
「そ、それは、その、だな……。あの時、一番早く倒したギルドには運営から公式プレイヤーの称号が贈られたんだ」
「それでポーション使ってごり押ししたんだ」
「他の幾つかのギルドもやってたけど、俺達は当時もレベルが高かった事もあって一番早く倒せたんだよな」
「当時のレベルってどのくらいだった?」
「えーっと、確か、70は超えてたはず……」

 だから、どんだけこのゲームガチったんだよ……!

「じゃあ、今のレベルは?」
「俺は92だな」
「俺は89」
「俺は90」
「僕も90」

 僕が聞くと、マクロ→奏樹→透→将人の順で答えた。お巡りさんこっちです! 本物のガチ勢です! ここに本物のガチ勢が居ます!

 というか、今さらだけど、マクロ以外の3人のプレイヤー名聞いてないな……。ちょうど良いから聞いておこう。

「へ、へぇ、そうなんだ、全員レベル高いんだね……。ところで、今さらなんだけど、マクロ以外のプレイヤー名って、何?」
「そう言えば、言ってなかったな。俺はカナデ」
「俺はクリア」
「僕はなんの捻りもない、カタカナのマサト」
「カナデとマサトは分かるけど、クリアってどういうこと?」
「俺の名前透だろ?」
「うん」
「透には透き通るって意味もあるだろ?」
「あるね」
「透き通るって英語で?」
「クリスタルクリアだったかな……あっ、なるほど……」
「つまりそういうことだ」

 なんだ、そういうことね。納得。プレイヤー名を聞いたところで、話を『ヤマタノオロチ』の件についての話に戻して。

「ところでさ、なんで公式プレイヤーの称号が欲しかったの? 別に普通にプレイしてれば良いじゃん」
「その称号があると、まだ追加されてない新要素のテストプレイが出来んだよ」
「あっそう」
「なんでそんな反応!? 誰よりも早く新要素がプレイ出来るんだぞ? しかも、意見言ったら反映されるんだぞ?」
「だって、こっちにはその運営のトップの御曹司が居るから何か有ったら報告してくれるだろうし。それに、テストプレイ出来なくても、僕的には追加されてからプレイすれば良いからテストプレイは出来なくても良いかな」
「そう言えばそうだったな。でもこれは、俺等にとっては三度の飯より大切な事なんだ」

 そうマクロが偉そうに言ったのが少しムカついたので、僕はマクロにこう言った。

「何言ってんの? マクロの三度の飯より大切なものは、もちろん勉強でしょ?」
「グハッ!?」

 僕の言葉にマクロは、胸を押さえながら地面に崩れ落ちた。そんなマクロに、他の3人が追い討ちを掛けた。

「まあ確かに、マクロは勉強頑張った方が良いかもな」
「何時も成績最下位だもんな」
「僕達は平均取れてるからまだ大丈夫だけど、マクロ君は赤点ギリギリだもんね」
「お前らまで!?」

 さらに精神的ダメージを負ったマクロの目尻には、少し涙が出てきていた。そんな状態にもかかわらず、僕は思った事を口にした。

 ただ、あまり大声で言うのもアレなので、呟く程度の大きさで言った。

「ゲーム内では一番でも、成績が最下位じゃトッププレイヤーもクソも無いよね」

 結構ちっさめに言ったつもりだったのに、マクロにはバッチリ聞こえていたようで、怒られた。

「リュウ、てめェ……! それは嫌味か!? 何時も学年トップの成績が取れるのを自慢してんのか!?」

 マクロがそんなことを結構な大声で言うのものだから、周りの人達が「なんだなんだ、どうした!?」とばかりにこちらを見てきた。

 しかも、歩いていた人達まで立ち止まって訝しげにこちらを見てきてしまったので、慌てて僕が「すみません、なんでも無いです!」と言うと、立ち止まっていた人達が去っていき、視線も無くなった。

「あんま大きい声出さないでよ、周りの人の迷惑だよ?」
「どの口が言うんだ、どの口が! お前があんなこと言うからだろ!?」
「そんなに気にしてるなら勉強して上位に入れば良い話でしょ? 頑張れ!」
「それが出来たら苦労しねえよ……」
「何言ってんの? 僕だって、最初からトップだった訳じゃないよ? 毎日コツコツ勉強した結果、学年トップにまで登り詰めたってだけで。マクロだって、このゲームで最初からトッププレイヤーだった訳じゃないでしょ? 努力した結果トッププレイヤーになったんだから、それを勉強でするだけだよ」
「おぉ……! なんか、それ聞いたらなんかやる気出てきた! リュウ、明日から毎日学校で勉強教えてくれよ!」
「良いけど、三日坊主はやめてよ? せめて今年一年、卒業するまで続けてね」
「おう、わかってる!」

 本当に分かってるんだろうか……。マクロの性格的に、三日坊主とまではいかなくても最初の一週間だけ本気でやって、なんかやった気になってやる気無くしそうなんだけど……。

 まあ、その時は何か罰を与えて強制的に勉強だけに意識が向くようにすれば良いか。

 今思ったけど、商店街でなんの話をしてんだろう、僕達……。話を変えないと。

「話は変わるっていうか戻るけど、今回のイベントでは、一番早く倒したギルドに贈られるものって有るの?」
「確か、【オリハルコン】の防具一式だったかな?」
「それで合ってる」
「【ドラニッククリスタル】より硬くて丈夫なんだぜ?」
「へぇ……じゃあ、今回もごり押しするの? 『ヒーラーベア』を使って」
「ま、まあ、そうなるかもな……」
「ふーん、頑張ってね」
「何も言わないのか?」
「プレイスタイルは人それぞれだから、文句は言わないよ。それがルールの範囲内なら」
「そ、そうか。じ、じゃあ、俺ら他にも買わないといけない物が有るから」
「そっか、それじゃ、また明日学校で」

 そんなやり取りをして、マクロ達と別れた。

 マクロ達と別れた後、時間を見ると夕飯の時間に近づいていた。残念、マクロ達と喋っていたら商店街を見る時間が無くなってしまった。

 仕方がないので、一旦ギルドホームに戻ることにした僕は、ギルドホームに戻るとシアンとブランを巣に入れて、ログアウトした。


「VRMMO生活は思ってたよりもおもしろい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く