話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

VRMMO生活は思ってたよりもおもしろい

夏月太陽

09.二人でクエスト


 シアンの巣を造り終えた僕は今、モモ・シアンと共にクエストをするためにクエスト受注場所にてクエストを選んでいるところだ。

「どれが良いかな」
「リュウさん、リュウさん、これはどうですか?」

 そう言ってモモが持ってきたのは、『ドラゴンの居住地にある洞窟にて採取される【ドラゴニッククリスタル】を採取せよ』というクエストだった。

 因みに報酬は、採ってきた【ドラゴニッククリスタル】だ。

「リュウさんなら攻撃されることなく採取出来ると思います」
「キュキュ!」

 モモとシアンに出来ると言われたので「じゃあ、これにしようか」と答え、受注してドラゴンの居住地に向かうことになった。

 ドラゴンの居住地は、【始まりの広場】がある街から北へ数キロメートル行ったところに山があり、その頂上付近に在る。

 道のりの長いのなんのって、ゲームだから疲れないけど、現実だったら数キロメートル歩いただけで疲れるのにその上山登りしなきゃいけないとか……これがゲームで良かったとしか言えないよね……。

 そんなこんなで頂上付近に辿り着いた僕達の目の前に、大きいドラゴンが立ちはだかった。

《お前達ここへ何をしに来た》

 あっ、喋るんだ! と心の中で思いつつ端的に答えた。

「【ドラゴニッククリスタル】を採取したいと思ってここに来たんだけど」

 僕がそう言うと、大きなドラゴンが顔を近づけてきた。

《ダメだ! ここは人間が立ち入ることを禁じている。帰れ》

 まあ、そういうことなら仕方ないか。そう思い踵を返して帰ろうとした時、肩に居るシアンが止めてきた。

「キュキュ!」
「ん? 任せろって?」
「キュ!!」
「じゃあ、任せた」

 シアンが、自信満々に任せろと言ってきたので任せることにした。

「キュキュ、キュ!!」
《な、何故あなた様が……龍王ドラゴンキングたるあなた様が何故こんなところに……!》
「キュ、キュキュ!」
《なっ、この者があなた様の主人ですと!? バカな、我々ドラゴンのテイムは難しいはず……にもかかわらず、その中でも一番難しい龍王ドラゴンキングでテイムを成し遂げるとは……》
「キュキュ!!」
《なるほど、確かにこの者からは何か惹かれるものを感じますな》
「キュ!!」
《わかりました。採取することを許しましょう》

 おっ、シアンのお陰で採取出来るみたいだ。さすがシアン、龍王ドラゴンキングなだけあるな。今の今まで微妙に忘れてたけど……。

「キュキュ!」
「うん、ありがとな」
「ありがとう、シアン」
「キュ!」
「さて、許可も下りたことだし早速採掘に行こう……えっ!?」

 奥の洞窟へ行こうとしたその時、洞窟から小さい、子どもと思われるドラゴンが数匹出てきて僕目掛けて飛んできたため、僕は驚いた。

 飛んできた子どもと思われるドラゴン達が僕に突っ込んで来て、突進かまされて仰向けに倒れた。あっ、HPちょっと減っちゃった……。

「リュウさん、大丈夫ですか!?」
「だ、大丈夫、大丈夫。ああビックリした……」

 そう言ってから僕が起き上がっても、突進してきたドラゴン達は必死にしがみついて離れようとしなかった。

「えっと、歩きにくいから離れてくれないかな」

 僕がそう言ってもドラゴン達は離れようとしなかった。そこへシアンが僕の肩から一鳴きすると、ドラゴン達が離れてくれた。

「ありがとう、シアン」
「キュ!!」

 シアンのお陰でドラゴン達が離れ、歩きやすくなった僕は、モモ・シアンと共に洞窟へと足を踏み入れた。


 ◆◇◆◇◆


 洞窟の中は意外と広く、あの大きなドラゴンでも入れるくらいの広さだった。

 奥へ奥へと進んでいくと、3つの分かれ道があった。マジか、これはどっちへ行ったら良いんだ?

「リュウさん、どっちへ行ったら良いんでしょうか?」
「いや、僕に聞かれても分からないよ」
「キュ! キュ!」
「えっ? 真ん中?」
「キュ!!」
「そう言えば、ドラゴンを連れていくと簡単だって、聞いたこと有ります!」
「ドラゴンには何か感じ取れるってことなのかな?」
「キュ!!」
「そっか、じゃあシアン、頼むぞ?」
「キュキュ!!」

 シアンを信じ、取り敢えず真ん中の道を通って奥へと進んだ。

 奥へ進むとやたら広い空間に出た。そして地面には銀色に光る石のようなものがたくさん、地面から顔を出すように有った。

「これが【ドラゴニッククリスタル】?」
「そうです。これが【ドラゴニッククリスタル】です」

 それならと、早速採掘に取り掛かろうと【ドラゴニッククリスタル】の傍に行きしゃがむと、モモがとんでもないことを言ってきた。

「あ、その【ドラゴニッククリスタル】はドラゴンの死体から出来てるんですよ」
「なにそれ、採って行き辛いんだけど!?」
「でも頑丈なので剣を作れば折れることは無いらしいですから、採っておいて損は無いですよ?」
「損得の問題じゃないよね!? これ死者への冒涜とかにならない? いや、絶対なるよね?」
「でも採って帰らないとクエストクリアにならないですよ?」
「分かってるけど……。まあ、仕方ないか……」

 僕は諦めて採掘に取り掛かった。道具は持ってないから、道具で掘らないだけマシだと思いたい。

 素手で掘り、一つ長さ30センチメートル太さ10センチメートルのものを10個採ってアイテム欄に入れた後、僕達は来た道を戻った。

 洞窟の外に出ると、先程の大きなドラゴンと突進してきたドラゴン達が待っていた。

《お主、名前は?》
「リュウです」
《リュウか、覚えておこう》

 よく分からないけど、名前を覚えてもらった。

 それから僕達は山を下り、数キロメートル歩いて街へと戻ってクエスト受注場所へ行き、【ドラゴニッククリスタル】を受付で見せるとクエストクリアとなった。

「そう言えばリュウさん、HP少し減ってるので回復しますね」

 モモがそう言って「『回復ヒール』」と唱えると、僕のHPが満タンになった。

「モモがプリーストで良かった。回復ポーション持ってるけど、使わないに越したことは無いからね。回復してくれてありがとう」
「いえ、どういたしまして」
「そうだ、鍛治屋に行っても良いかな?」
「リュウさんが行きたい場所ならどこへでも行きます!」
「えっ、あ、ありがとう。じゃあ、行こうか」
「はい!」
「キュ!!」

 ビックリした。まさかそんなこと言われるとは思わなかった。

 でも、嬉しいので問題なし。


 ◆◇◆◇◆


 鍛冶屋に行くことを決めた僕達は、以前僕がコバルトを売った鍛冶師のコラソさんの鍛冶屋に向かった。

 コラソさんの鍛冶屋に着き、中に入るとコラソさんは作業中のようだった。

「コラソさん!」
「ん? ああ、リュウか! ちょっと待っててくれ、すぐ終わるからよ」
「あ、はい!」

 コラソさんに言われて待つこと10分、コラソさんが作業を終えてこちらに来た。

「今日はどうしたんだ? そんな可愛い子連れて。妹か?」
「違います、私はリュウさんの彼女です!」
「ああ、悪い悪い……って彼女!? リュウ、お前彼女居たのか!?」
「今日できたばかりですけど……」
「そうなのか……リア充爆発しろ!」
「「えっ!?」」
「と、何時もの俺なら言うんだが、リュウには爆発してほしくないな」
「は、はぁ……」
「ま、要するに頑張れってことだ!」
「あ、はい」
「それで、今日はなんの用で来たんだ?」
「これで剣を作ってほしくて」

 僕がそう言いながら【ドラゴニッククリスタル】を出して見せると、コラソさんは目を丸くして驚いた。

「おまっ、これ、【ドラゴニッククリスタル】じゃねえか!? 採ってきたのか?」
「はい、クエストで採って来ました」
「マジかよ……これ採るの難しいんだぞ? 最強種のドラゴンに阻まれる難しいクエストをクリアしたってのか?」
「したからこうしてここに有るんじゃないですか。まあ、クリア出来たのは肩のこいつのお陰ですけど」
「キュキュ!」
「そう言やお前、ドラゴンをテイムしたんだったな。ソーキから聞いたぜ」
「ソーキさん達はテイム成功したんですか?」
「ああ、リュウのお陰で成功したと報告に来たぜ」
「じゃあこれ、ソーキさん達に渡して貰えますか?」
「ああ、巣用の木材な。分かった、来たときに渡しとく」
「お願いします」
「じゃあ今度はリュウの剣の話に移るか。どんな剣が良い?」
「う~ん、やっぱりこういう剣より刀の方がしっくりくるんですけど、出来ますか?」
「刀か……難しいが、材料がこんだけ有れば作れない事はないぜ」
「じゃあお願いします」
「おう、任せとけ。出来たときの連絡のためにフレンド登録してくれねえか?」
「あ、はい、良いですよ」

 コラソさんとのフレンド登録を済ませ、刀作成を依頼した僕はモモ・シアンと共に次のクエストを探すため再びクエスト受注場所へ向かった。

 クエスト受注場所に着いた僕達は、再びクエストを探していた。

「今度はなんのクエストをしようかな?」
「リュウさん、リュウさん、これはどうですか?」

 なんかデジャヴ……。そう感じつつモモが持ってきたクエストを見てみると、『コバルトスパイダーを討伐せよ』というクエストだった。

 あ、これ、前に見つけたけど、レベルが上がりすぎるからっていう自分勝手な理由付けてやらなかったやつだ。

 まあ、モモが持ってきたやつだしやるか……。そう思った僕はモモが持ってきたクエストを受付に持っていき受注した。

 そして僕達は、モモにとって2度目、僕にとって3度目の【英雄の台地】に行くことになった。


「VRMMO生活は思ってたよりもおもしろい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

  • ショウ

    ブレンド登録てw何のブレンドを登録するんやw

    0
コメントを書く