全ての才能を一瞬で得た者

帝而17

これから

俺はとても不思議な夢?を見ていた。一体それが何を表しているのかを分からないまま、目を覚ましてしまった。まだフレイ達が気を失っていたら、寝れば続きが見れるという考えに賭けて二度寝をするつもりだったが、フレイ達は起きていた。だから俺は気にはなるが後回しにして、これからの方針について話そうと思った。

「やっと気づいたのか」

「お兄様こそグッスリ寝ていましたね」

「てかガルム、フレイ達が気づいたら起こせと言っただろ」

「すみません。フレイ様から起こすなと言われたので」

「そうなのか?」

「はい!だって今まで見れなかったお兄様の寝顔を見る事が出来たのですから」

「そうかよ。まぁ皆気がついたみたいだから話をしたいけど、何から話すのが良いのやら?」

「ならまずは私達の話からしますか」

「そうだな。まずは俺は何を試されていたのかを聞きたいな」

「まず先にお兄様を勝手に試してしまった事を謝罪します」

「別に気にしていなから謝る必要は無い。俺が知りたいのは俺の何を試したのかを知りたいだけだ」

「それはですね。器を見せて貰いました。それでお兄様の器を試して、合格か不合格を決めるのがガルムだったのです」

「何でガルム何だ?」

「理由は無いですよ」

「理由は無いのかよ。それで俺は合格と不合格どっち?」

「それは勿論合格ですよ。なのでお兄様は我らの王となりました。王よこれからのご指示を」

フレイ達は片膝をつけ顔をふせている。俺はとても鳥肌がたってしょうがなかった。
だっていきなり王になって敬語使われているんだよ。いきなり俺に対する態度を変えられると気持ち悪くてしょうがない。さっきから鳥肌がたちまくっている。だから俺が出す最初の指示は

「俺と話す時その喋り方禁止ね」

「!それは何故ですか?」

フレイ達はとても驚いていた。特にフレイが。

「簡単だよ。俺に対してその態度を取られると違和感だらけで気持ち悪い」

「お兄様がそう言うなら」

「他の奴等もだからな」

フレイ達は渋々聞いてくれた。

「次に話す事だが、この中に復讐がしたい奴がいる奴いるか?」

俺はどれぐらい復讐心を持ってる奴がいるよかを知るために聞いた。俺の質問にYESと答えたのが二人いた。それはネロとエアラスだった。

「二人だけか?他にいないなら話を進めるぞ?」

俺はもう一回聞くが、他に復讐心がある奴はいなかった。

「二人の復讐は手伝うが、その前にしないといけない事が有る」

「それは何ですか?」

「俺があの町を出る準備だ。俺の荷物全て家に有るから取り一度帰らないといけないだ」

「そうですか」

「それでだフレイお前に一緒について来て欲しい。頼めるか?」

「勿論ついて行きますよ」

「助かる。これからの方針をまとめると、まず俺の荷物を取りに一度戻る。それかはネロとエアラスの復讐したい奴を調べて、復讐をする以上だ。俺が荷物を取りに行っている間ガルム達は3日程野宿して欲しい。大丈夫か?一応早く戻るようにはするが」

「安心して下さい。3日程でしたら大丈夫です」

「そうかなら頼んだぞ。行くぞフレイ」

俺はそう言ってフレイと一緒に町に戻った。しかし俺達の敵は世界では無く、もっと大きな者を敵しようとしてる事にまだ誰も気づいていなかった。

「全ての才能を一瞬で得た者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く