全ての才能を一瞬で得た者

帝而17

楽しみ

俺は瓦礫に埋まっていたフレイ達を救出し、平地に運びフレイ達が目を覚ますの待っていた。その間あの時の黒い奴が何かを考えていたがハッキリ言って何か分からない。でも一つ言えるのが、俺の新たな力だと。俺は新たな力は何なのかを今度は考えた。この力は何が出来るのかを。力の事を考えていたら二つの気配を感じた。最初は警戒をしたが、その気配は知っている奴だった。

「やっと来たか」

「主様の側を離れてしまい申し訳ありません」

「主置いて行くだなんて酷いよ」

今回の事件を起こしてくれたバカ二人だ。

「色々聞きたいが、その前にお前らの言い訳を聞こう」

「言い訳と申しましても、あのバカ達が」

「あの役立たずが」

「「悪い!!」」

「何だとこのバカが!」

「何!この役立たずが!」

「お前ら少し黙れ」

「申し訳ありません」

「だって」

リアンのリーダーのアフィーは何か言いたいそうで、俺を主様と呼ぶ奴はずぐに謝った。この二人は正反対だと俺は思った。てか俺を主様と呼ぶ奴の名前知らないな。

「一先ずお前らの罰は後で決める」

「そんな~主酷いよ~」

「それで本題に入ろう。まずお前は誰だ?」

「本当に覚えて無いんですね」

「すまない。先代からはリアンと同等の力と聞いているが。その辺りどうなんだ?」

「どうかと申されても、あのバカ達と一緒にされるのは嫌ですが、主様の前では一緒ですね」

「どういう事だ?」

「簡単ですよ。主様の前では皆平等に弱者になりますから」

「意味が分からん。その話は置いといて、お前らの力は一緒で良いんだな?」

「不服ながら」

「なら次の質問だ。一番重要な話だ」

「何ですか?」

「お前の名前は何だ?」

「そっからですか!」

「本当に悪い。何も覚えて無いんだ」

「主様は本当にしょうがないですね。今回だけですよ。私の名前と次いでに役職も教えます。私の名前はキベリティー神霊獸の総督です」

「神霊獸って聞いた事無いな。一体何だ?」

「そうですね、力を使って貰った方が早いのですが、今回はやめておきましょう。なので簡単に説明します。主様はモンスターの最上位は何か知ってますよね」

「確かSSS+じゃなかったか?それがどうしたんだよ?」

「今現在はそうなっていますが、本来はSSS+を超えるモンスターがいます」

「何だと!」

「そのクラスの名は、神絶級です。神絶級とは簡単に言えば神話に出てくる者ばかりの確認をされていないモンスターの事ですね」

「そんな奴がいるなんて、最高に面白いじゃないか」

俺はそんなモンスターがいると知れてとても嬉しかった。それに早く戦いたくてしょうがなかった。

「流石主様ですね今の話を聞いて嬉しそうな顔をするなんて。それでは話を戻しますが、我ら神霊獸は神絶級の一部です。簡単に言うと子供ですね」

「そうか。分かった。お前はこれからどうするんだ?」

「どうするんだ、と言われても主様について行くに決まってるじゃないですか!」

「悪い俺の聞き方が悪かった。どうやってついて来るんだ?」

「そう言う事ですか。てっきり捨てられるのかと思いました」

「安心しろそんな事はしない」

「ありがとうございます!」

「でどうするんだ?」

「そうですね~ならこれをお持ちください」

俺が渡されたのはペンダントだった。

「何でペンダント何だ?」

「それがあれば私達をすぐに出て参りますので」

「そうか助かる」

「ではこれで失礼します」

「どっか行くのか?」

「そうですね。今の世界を見て回りたいので」

「そうか気を付けろよ」

「はい。では何か有ればすぐにお呼び下さい」

「分かった」

「では何かあれば。主様の中に流れるあの魔力はあの者の力。面白くなって来ました」

キベリティーは何処かに行った。最後に不気味な言葉を残して。だが俺には聞こえなかった。

「全ての才能を一瞬で得た者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く