全ての才能を一瞬で得た者

帝而17

俺はバカ二人が後先考えずに力を使い、辺り一体を吹き飛ばしたため俺はフレイ達の所に向かった。

「確かこの辺りだったハズだ」

俺は必死に探した。だから俺はアル方法が思い付いたが、俺は不安が有った。その不安は
リアンの力が今使えるのか分からない事だ。
リアンは繋がってると言っていたが、離れてるてるから不安なのだ。

「どうするバカ入る所に戻るか?もし瓦礫に埋まってたらすぐに助けないといけない。いくらリアンに選ばれと言っても、生身の人間には変わらない。だから早く助けないといけないが、戻っていれば助かる確率が下がる。俺はどうすれば良いんだ!?」

俺は自分がどうすれば良いのか分からなかった。悩んでいたら、胸の奥から何か大きくなって来るのが分かった。

「何だこの感覚は!」

その時時間が止まった。

「何が起きている?」

その時俺の前に黒い実態の持たない者が現れた。

(貴様は力を求めるか)

「お前はなんだ?」

(質問をしてるのは我だ!もう一度問うぞ。
貴様は力を求めるか)

「俺は何か分からない奴から力を貰うほどバカじゃない。だからお前の力はいらない!」

(本当に良いのか?奴等が助かるかも知れないのにか?)

「何度も言わせるなよ。いらないって言ってるだろ」

(そうか)

「何笑っている?」

(何故笑ってるか知りたいなら、何故我が笑ってると分かった言ってみろ)

「ただ単純に喋っている声が笑っていたからだ」

(面白い。流石だよ我の本体だな)

「何!?それはどう言う事だ!おしえろ!」

(そう焦るな。今回は力を返しに来ただけだ。また会えるからな。では力を返そう)

奴がそう言ったとたん、黒い何かが俺を飲み込もうとしている。

「な、何が起きている?」

(今は飲み込まれろ。次の段階に進むまでは)

俺は何を言ってるのか分からなかった。俺はそのまま黒い何かに飲み込まれた。
俺は気づいたら時は進んでいた。どれぐらい時間がたったか分からないが、そんなにたって無いのは確かだ。

「さっきのは後回しだ。今はフレイ達を探すか」

俺は神経を研ぎ澄ましフレイ達の魔力を感知しようとした。

「見つけた!」

俺はフレイ達の魔力を感知する事ができたのだ。俺はずぐに向かった。

「この瓦礫の下だな」

俺は瓦礫をどけてフレイ達を救出する事が出来た。俺は一先ず全員を連れてその場を後にした。

「全ての才能を一瞬で得た者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く