全ての才能を一瞬で得た者

帝而17

これからの事

俺は目を覚ました。もちろん昔の記憶を思い出したたまだ。記憶を思い出した俺が最初にする事を考えていた。違うな一生懸命考えようとしている。何故ならフレイから抱きつかれいる。

「なぁフレイ離れてくれないか?」

「嫌です」

「何でだよ」

「お兄様が生きて戻ってくれたからです」

「あんな昔の記憶を見るだけだろ?死ぬはずが無いだろ」

「それがですね。あれは見た者の精神を壊すおそれが有ったのです。自殺する者や、他人との接触をさけ接触を持とうとする人をひたすら殺す者もいた、など色んな理由でまともな人生を歩めた者はいないのです。だからお兄様が戻って来てくれたのは嬉しいのです」

「そうか」

そんな大変な事だった知らなかった。だから俺はフレイを心配させてしまったから、俺はフレイが落ち着くまで待った。

あれから一時間がたった。フレイが落ち着くまで待った。でも全然離れてくれない。だから俺は記憶を思い出したのと同時にリアンとの再契約について思い出していた。リアンが言うには生死がかかった状態でちゃんと契約できていなかった。だから記憶を思い出した時に再契約をした。やり方は全く違って魔力を全然取られず、すぐに終わった。力が上がった感じは全く感じず、感覚は全然変わらない。俺は力を使えるようになりたい。二度と昔と同じ過ちを送らないように。だから最初にやる事は

「フレイ離れてくれ。これからの事に聞きたい事が有る」

「!失礼しました。どうかお許しください」

俺は声のトーンを昔トーンに合わせた。フレイは昔の記憶を思い出しているのですぐに離れた。フレイは知っているのだろう俺の強さを。

「別に怒ってるわけでは無いから気にするな。俺が知りたいのは二つだ」

「何でしょ?」

「一つめは俺の力だ。フレイは何か知ってるだろ?」

「はい。知っています。お兄様の力は無限に有ります。お兄様が望めば力が答えてくれます」

「それはどう言う事だ?」

「お兄様記憶で使われた魔法を覚えていますか?あれがリアン序列一位が持て、お兄様の力の可能性であります」

「インビュディルだな」

「はいその力はずくに使うと思いますよ」

「そうかフレイの言葉を信じよう」

「ありがとうございます。それでもう一つは何でしょ?」

「もう一つはリアン選ばれた者についてだ。たしか4人仲間がいるんだったな」

「確かにいますがリアン序列によって自分より強くないと見下す傾向に有りまして。力を示さない奴は誰であろうと殺します。なのですぐには従わないと思います」

「そうかならお望み通りに力で従わせるまでだ」

「流石ですねお兄様カッコいいです。なら向かいましょう彼らの元に」

俺とフレイは4人の元に向かった。

「全ての才能を一瞬で得た者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く