全ての才能を一瞬で得た者

帝而17

目的地

俺はフレイの振りをしてる奴と会うために
フレイとの目的地に向かった。

「ここに来るのも久しぶりだな」

俺がたまたま町で見つけた、道で興味を持ってその道を進んだ。その道は一本道その一本道が続く限り歩いた。歩いて10分ぐらい歩いたら見渡しの良くとても広い場所に着いた。
俺はとてもこの場所がとてもお気に入りなった。俺は色んな事が有るたびにこの場所に来た。フレイも何度か連れて来たことが有った。俺がまだフレイと一緒にいるときの、視線を全然全く気にしていなかった頃の時だ。
この場所を知ってるのは俺とフレイしか以内と思っている。

「ここを知ってる奴が他にもいたなんて」

俺はフレイの振りをしてる奴を考えていたら誰かが来ていた事に気づいた。

「誰だ!」

「お久しぶりですね。お兄様」

「そのフードを取れ」

「せっかちですね、お兄様そんなに慌てずとも大丈夫ですよ」

フレイの振りをしてる奴がフードを取った。
俺を驚いた

「ほ、本当にフレイなのか?」

「はい!お兄様」

「何で生きてるんだよ?」

「話すと長くなるので大事な事だけ話しますね」

「大事な話?」

「まず一つ目私の力です」

「フレイの力?」

「はい。お兄様はリアンに選ばれていますよね」

「何故それを!」

「簡単な話です。私もリアンに選ばれていますので」

「どういうとだ?」

「リアンにはリアン内の序列が有ります。
お兄様の中にいるリアンは序列一位のリアンです。リアンの序列はリアンのグループの強さで決まります。序列が高ければ高い程選ばれた人の魔力を喰らいます。私のリアンの序列は四位です。元々私は先祖帰りのようでリアンとはすぐ契約出来ました。それに私もお兄様も魔力がとても多かったのでリアンに、選ばれても問題は無いのです」

「俺の魔力が多いだと?俺は魔力何て無い事は知ってるだろ」

「有れは無理も無いかと思いますよ。何故ならお兄様の魔力は桁違いの大きさなのですから」

「どういう事だ?」

「お兄様は空気中の魔力を感じ取る事が出来ますか?」

「そんなの無理に決まってるだろ」

空気中にも魔力は有る。だがとても魔力の量がとても少ないから関知する事が難しいとされていたがそれは間違いだった。空気中の魔力を関知する事が出来ないのは魔力が膨大すぎるからなのだ。魔力は膨大すると関知が出来ないのだ。その理由は自分の魔力と混ざってしまうからだ。混ざる理由は本来魔力を関知するには、自分の魔力を放出し相手の体内の魔力を探る必要が有るためだ。だが空気中の魔力は膨大すぎるし、360度囲まれているため無駄な魔力の逃げ道が無いため、魔力の関知が出来ないのだ。

「お兄様の魔力量は空気中の魔力と変わらないのです。だから誰も魔力の関知が出来ないのです」

「そう言う事か」

俺はすんなりと理解が出来た。俺は何時悩んでいた事が有った。それはリアンに選ばれて何故平気なのか?と魔力と武術なのは全く出来なかったが、それ以外は何も無かったのだ 
「お兄様二つ目です」

「まだ有るのか」

「これが最後ですが」

「何なんだ二つ目は?」

「はい お兄様世界を征服しませんか?」

「は?」

「全ての才能を一瞬で得た者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • パパ7年生

    目的地。俺とフレイしかこの場所を知るものは以内…『居ない』では、ないだろうか?

    2
コメントを書く