全ての才能を一瞬で得た者

帝而17

プロローグ

僕には居場所何て無い。
家では馬鹿にされ、学校ではイジメられる
こんな僕に価値は有るのだろうか?

(君には力が有る、才能が有る)

僕には力は無いし、才能の何てもっと無い

(君はまだ目覚めていないだけだ、私の声が聞こえてるなら、もう少し)

いったい君は誰なんだ

(いずれ分かるわ、それに君は知っているはずよ私を)

僕は君何て知らない!

(別に今分からなくても大丈夫よ、いずれ分かる事なのだから、そしたら君は私を愛し欲しってくれるのだから、だから今は我慢してあげる君が目覚めてくれるのを)

「また、あの夢か。今日は女の声だったな」

僕は最近同じような夢を見る、日によって男の声だったり女の声だったりとその日によって聞こえる声が違う。

(夢でまた力だの才能だの、よく言ってるけど僕にそんなもの無いのに)

僕はそんな事を思いながら準備を終わらせ下に降りた。

「おはようございます」

「落ちこぼれがしゃべるな空気が汚れる」

「まぁお兄様そんな事言ったら可哀想では、ございませんか」

「そう言うがリティアよ本当の事を言って何が悪い」

「そうですね。本当の事言って何も悪く無いですわね。クリフお兄様」

「クリフ、リティア少し言いすぎですよ、ロードも一応家族なのだから」

「「はいお母様」」

「喋らずにさっさと食べろ。そろそろ学園に行く時間だろ。クリフもリティアちゃんと頑張るのだぞ、そしてロード貴様はせいぜい我らリヒゼ一族の顔に泥を塗るなよ」

「はいお父様」

これが僕の朝の日常だ。家族全員から馬鹿にされ蔑まれている。僕には才能が無いからしょうがない僕の先祖はとても強くこの国グリス一番強いのだ。それは今も変わらず今この国で一番強いのがお父様だ。クリフお兄様もリティアお姉様も学園でとても強いのだ。
そんな中で僕はとても才能が無かった。今までの先祖の中でも一番才能が無かったのだ。魔法でも剣術でも勉学に置いて全てがダメだったのだ。そんな僕でもクリフお兄様達と同じ学園、クリスティア学園に通っている。もちろん合格ラインギリギリで受かっており成績は一番低い。なので学校ではイジメられている。そんな生活が僕はとても嫌だった。
才能が無い自分がとても憎かった。だから色々な努力をした。勉学に魔法技術、火、水、草、土、風、雷、魔法の基本の6第属性魔法そして光、闇、世界に数千人にしかいない、2極属性魔法、無、神、魔、歴史にしかいない世界を破壊できる3絶属性魔法の知識、武術の全ての知識を記憶した。しかし僕には才能が無かった。だから、この知識は無駄だとしか思えなかった。あの日までは

「全ての才能を一瞬で得た者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー455349

    (期待)

    0
  • 苺谷みるく

    (期待)

    3
コメントを書く