腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが

けん玉マスター

56話 俺の理想

「ハーディス…ようやく…ようやく終わったよ…。」
「…エー…テリア。あなたは…これでいいの?」
「当たり前だろ。君と…普通の暮らしができる…そんな世界を再構築する。それが…僕の復讐だ。」
「エーテリア…さっきの人は?本当に…殺してよかったの…?」
「…何が言いたいんだ?」
「本当に…殺したの?」
「殺したよ。彼は僕の理想には…必要ない。」
「そう…それなら…なんで…そんな悲しそうな顔をしているの?」
「!…何も…ないさ。ほら…行くよ…ハーディス。」
「エーテリア…私は…私はあなたがいるだけで幸せ。」
「急にどうしたんだい?」
「自分への復讐なんて…やめて?」
「…」
「自分を責めないで。あなたは悪くなんかない。悪いのは私…。こんな力を持って生まれた…私。」
「そんなこと…!」
「そうだよ。私がいなければあなたが…友達を自らの手で殺すことなんてなかった…!あなたが…自ら作ったこの世界を…壊すことには…ならなかった!」
「ハーディス…。僕は君がいれば何もいらないんだよ。だから…君が普通に暮らせる世界を一緒に作ろう。」
「エーテリア…。」
エーテリアはハーディスに手を差し出す。
その手をハーディスは取ろうとする。



「待てよ。」


「「!」」


「いい感じで話が進んでるところ申し訳ないが俺はまだ…死んでねえぞ?」
「優君…。」
「…」
「あんたが邪神ハーディスか…。」
「よかった…生きてたのね…!」
「悪いがあんたの恋人は俺が倒すぞ?」
「ふふ…言ってくれるね…。死に損ないの分際で。」
「エーテリア…もういいの…やめて…!」
「ハーディス…君は見ててくれ。」
「!」
ハーディスの前に結界魔法が展開される。
「エーテリア!」
「…ごめんね。」
エーテリアは視線を優に移す。
「さて…生きてたんだね。」
「何とかな。」
「戻ってきたところで君に何ができるんだい?」
「ミーシェに救われた命だ。ミーシェを助けるために使うさ。」
「ミーシェちゃんに助けられた?」
「すぐにわかるさ…。」
優は剣を2本作り出す。
「黒い雷…。またミーシェちゃんの力に頼る気かい?」
「絆を信じしもの。この称号がある限り…俺とミーシェは一心同体。」
「そんな称号あげたかな…。」
「お前に貰った称号じゃねえよ。俺の称号だ。」
「ふーん。どんな称号かは知らないけど…君は殺すよ。」
「俺もだよ。お前を…殺す。」


ギンッ!


再び2人の剣がまじわる。
「僕は絶対に負けないよ…!優君!」
「ミーシェは…絶対に俺が助ける…!」
剣から火花がほとばしる。
「…絶断!」
「…」
キン…
「!」
優は剣で簡単に弾く。
「その技はもう見たぞ…。」
「絶断をあんな簡単に…ふふ…いいね…。そう来なくちゃ!もちろんまだまだ行くよ…。絶雷!」
「!」
優の上に巨大な雷が迫る。
「ふっ!」
優は剣をクロスして受け流す。
「インフェルノ!」
優の剣から黒炎が吹き出す。
「はっ!」
エトはそれを手でかき消す。
「この程度かい?」
「!」
スボッ!
「がっ…は…」
エトの腕が優の胸を貫いた。



ガシ…
「!」
その腕を掴む優。
「まだだぜ?」
「なんで…生きて…」
「はあっ!」
「ぐっ…!」
優はエトの腕をもぎ取る。
「ぐぅっ…!」
エトは肩を押さえて後ろに飛び退く。
「はぁ…っ…どうして…生きているんだい…?確かに心臓を貫いたはずだげど…。」
「称号…絆を信じしものの効果だ。俺は…ミーシェが生きている限り…死なねえ。」
「そんな能力…神の領域を侵すものだよ?」
「なんにもおかしいことは無いだろ?俺とミーシェはどっちも神なんだから。」
「やっぱり君たち2人は面白いね…。ミーシェちゃんが生きている限り君が死なないと言うなら…。ミーシェちゃんごと君を殺すだけだ…。」
「!」
エトはハーディスを抱き抱え空高く飛び上がる。
「エーテリア…!」
「大丈夫…これで終わらせる。この戦いも…この世界も。」
「エーテリア…。」
「っ…!」
優は剣を構える。
「ミーシェ…。」
(大丈夫…大丈夫だよ…ユウ…!私とユウが揃えば…倒せない敵なんていないんだから!)
「ふ…そうだな…。」
「行くよ…我が友藤山優。最後に戦えたのが君で本当によかった…。」
「俺もだよ。終わらせよう。この戦いも…この…喧嘩も。」
「ふふ…終わるのはこの世界さ。」
エトが手を上に掲げると巨大な黒い玉が現れる。
「っ…!」
巨大な力を纏ったその玉は世界樹の枝をなぎ倒していく。
「創造の前には破壊が必要だ。これは僕が編み出した破壊のための創造さ。…創造魔法…アルマゲドン…!」
「行くぞ…ミーシェ…!」
「うん…!」
優は剣を構えて飛び上がる。
「はぁ…!」
右手の剣に黒炎を纏い、左手の剣に黒い雷を纏う。
「合成奥義…




…グランド・クロス。」


全てを飲み込む巨大なエネルギーと聖なる2つの斬撃が衝突した。




「はは…は…はははははっ!!そうか…そうか!僕の創造を上回るか…!」

斬撃はアルマゲドンを打ち消し、エトに迫る。
「認めるよ…優君!君は…君たちは…僕の創造よりも…強い…!君に討たれること…本望だよ…。だから…だからこそ…これからはハーディスのような…そんな存在が現れない…平等な世界を…!」






「…エト!!お前は…俺の理想の中では…必要な存在だぞ!!!」



「!」
エトの前に優が現れる。
「君…何をやっている!!」
「悪いかよ…!お前に死んで欲しくないだけだろーが!!…うぉぉおおおおっ!!!」
優は巨大な斬撃を受け止める。
「優…君…。」
「俺は…不器用なんだよ…!ミーシェに死んで欲しくないし…お前にも死んで欲しくねぇ!だったら…両方助けるしかねえだろ…!はあぁぁ!!」
「君…馬鹿だろ…。」
「うるせぇ!お前も手伝え!!」
「手伝うも何も君が生み出した斬撃だろ…。」
「いいから!このままじゃ…死ぬ…。」
「はぁ…たく…君は…




…本当に馬鹿だよ…!…はあぁぁ!!」
エトは手を前に突き出し斬撃を受け止める。


「「うぉぉおおおお!!」」



斬撃は優とエトの手によって消滅した。




「たく…どういうつもりだい?」
「はぁ…はぁ…言った…通りだよ…。お前に…死んで欲しくねぇだけだ…。」
「君は助けたところで僕が復讐をやめると思うかい?」
「思わねえな。だったらお前を殺さずに復讐をやめさせるだけだ。」
「本当に…君は馬鹿だ。」
「うるせえ。」



「さっきの巨大なエネルギーは一体何よ…?」

「「!」」
「サラ…。」
「姉貴…。」
優とエトの前に現れたのはサラだった。
「君が一体なんの用だい?」
「あなたに…



…交渉しに来たのよ。」



間に合わなくてすいません!
人気キャラ投票やってます!
最後の人気キャラ投票なのでぜひ投票して欲しいです!
55話の最後の方に説明があるのでそれを見て、55話のコメント欄にお願いします!

フォローorコメントよろしくお願いします!

「腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • KIA

    サラさんの交渉内容がちょっと鬼畜そう

    1
  • 負け犬

    お疲れ様です
    次の展開に期待してます

    1
  • イルネス

    サラさんの交渉内容ちょっと怖そう…

    1
  • HARO

    お疲れ様です

    1
  • かつあん(とけい)

    今日もお疲れ様です!
    これはハッピーエンドになる予感?

    1
コメントをもっと見る / 書く