話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界はガチャで最強に!〜気づいたらハーレムできてました〜

Wrath

( ´ ▽ ` )ノ王になったった

急に飛んですまないが、あれから3年の月日が流れて俺は今日、約束の国王になることになった。

「皆の者、この度の御足労感謝する」

そして今俺は国王と貴族が全員集まっている謁見の間で王位継承の儀を行なっている。

「今回呼び出したのは他でもない。この儂、ガリウス・ロードナ・エルカンデは今この時を持って国王を退位する。そして新たな国王はこのシグルズに一任する」
「して、シグルズには家名が無いようなのでな今この場で自身の家名をつけるが良い」
「はっ、それでしたら…………」

「分かった。これにて王位継承の儀を終了する。これからはこのシグルズを色々と助けてやってほしい。では解散だ」

そして俺は一度家に帰り今日のことをユキたちに話した。

「いい家名」
「うん」
「そだね~」
「そうじゃの」

俺の決めた家名は家族にも好評だったらしい。あとシュテンよ、それは特許に引っかかったりしないのかね。まぁ異世界だから大丈夫か。
そのあと俺はまた王室に戻りこれからのことを話し合っている。

「この後は国民に挨拶があるからの」
「それってどうやるんだ?」
「なぁに簡単なことじゃよ。王宮の敷地に国民が押し寄せておるだろうからテラスから顔を出して一言二言挨拶するだけじゃ」
「そうか、ほかにすることは?」
「同盟国に挨拶回りかのぅ」
「分かった」

時間はお昼にしてあると言うことでまた一度家に戻りヒルタが作った神がかった料理を食べ今度はユキたちと一緒に王宮に転移した。なんでも、お披露目会の時に正式に婚約がされていることを証明するらしい。それで他国の貴族たちとのお見合いも断りやすいだろうと宰相さんの気配りだ。俺も3年間で覚悟は出来た。皆んな俺の家族、つまり俺の嫁にすることにした。
長い間待たせてしまって悪かったと思うがここまで待っていてくれたことに心から感謝している。

そして、今は正装に着替えさせられている。まぁ当然だろうな。
俺は白のパンツに白に藍色のラインが入ったロングコートとその上に鮮やかな赤色のマントを羽織りいかにも国王が被っていそうな金の王冠を被り準備を終えた。
これ着て思ったけどいつも黒ばっかり着てた俺には違和感しかないと思うんだけど。そこどう思う?
〈違和感の塊ですね〉
そこまで言うかな?まぁその通りなんだけど。
〈まぁ、似合っているとは思いますよ〉
あれ、なんだろうこの感じ。もしかしてデレてる?。
〈デ、デレてなんかいませんよ〉
あら何この子。こんな可愛いことできたんだ。
〈な、何か悪いんですか〉
いいや、ふつうに可愛いなと思っただけだよ。
〈うぅ~もう知りません〉

シルフィのこんな可愛いことも見れて……はないけど聞けたからいいとしよう。まさかシルフィが最近冷たいなとは思ってたけどツンデレだったとわなぁ。こう言うのも悪くない。うんうん。てか3年間よく気づかなかったな俺。

「さて、アイツらも準備できたみたいだし行って見てみようかな」

俺はメイドに従ってユキたちがいるところの門の前まで足を運んだ。

「どうなってるかなぁ」

俺が門を開けると。

「おぉ~。……お?って何してんだよ」

まず入って最初の感想はユキの服装が素晴らしかったことだ。いや、他のも良かったんだけどね。まぁ第一婦人ですからね。で、それは置いといて、ユキの服装は白色のウエディングドレスのようなドレスを着こなしていて思わず見惚れてしまいそうなほどすごく綺麗だった。
次にロルフで、ロルは全体的にサファイアブルーの色で涼しさがありどこか清楚感があり綺麗だった。
次はシュテルンヒェンで、シュテンは全体的に承和色そがいろって感じで色の通り、菊の様に華やかで明るい様が伺えて綺麗だがどこか可愛らしかった。
次はヒルタで、ヒルタは若葉色わかばいろって感じで全体的に清楚感が溢れていて大人しさが垣間見える。こちらも綺麗だ。
次はサーナで、サーナはヒルタの緑系統に合わせたのか孔雀緑色くじゃくみどりいろでその名の通り、孔雀の美しい青緑の羽の様に鮮やかで可憐だった。
そして最後なんだが……。

「どうじゃシグルズよ。妾の美しさにもうメロメロかのぅ」

そんなこと言ってるがお前……どこからバニースーツうさ耳付きが出てきたんだよ。
俺はミアネに無言で影魔法で体をバインドさせたあと近くに佇んでいた王城のメイドに「着替えさせといて」とだけ言ってミアネを置いてティータイムを取った。
その時のミアネは泣きそうな顔をしていたが声も出せない様にしといたし何も聞こえなかったから見なかったということで。

しばらくみんなでティータイムを楽しんでいるとミアネが戻ってきた。

「おぉ~。いいんじゃないか」

ミアネのドレスは、葵色あおいいろって感じでミアネ自身の大人らしさがこの色と合わさっていつもより大人びていてなんかエロい感じがした。
それぞれがそれぞれの個性にあっていていいドレスだと思う。

「シグルズはひどいのじゃぁ」
「まぁそれは置いといて、みんな綺麗だよ」
「「「「「「えへへ~」」」」」」

そうして俺たちは元国王のもとテラスまで案内された。

「さぁ、国民に挨拶だ」
「ああ」

俺と元国王、さらにユキやロルたちと執事さんと三人のメイドさんたちと一緒にテラスを歩いて行き一段高くなっている段を上がり拡声機(俺が作った)と国民を交互に見た。
集まった国民の数は俺が思っていた以上に多く、圧巻だった。

「私は新たな国王となったシグルズ・テオリズール・エルカンデだ。まだまだ国王として未熟者だが困った時は言ってくれ。できる限りのことをしよう。これからは民の為にこの力を使うことを誓おう。どうか、よろしく頼む」

散々貯めたが俺の苗字、テオリズールは単に神と田をギリシャ語でテオスとリズィエールというからそれらを合体してカッコイイかなぁと思った形に直しただけだ。俺はネーミングセンスが皆無なんだよ。まぁどうしても思い入れのある神田の苗字を入れたかったし無理矢理でも入れたんだよ。
もうそこまで地球には未練はないが俺が17年間使ってきた苗字だから愛着があってな。
話がそれたな。俺が挨拶をすると国民の人たちがでっかい歓声を上げて応援してくれた。なんか嬉しいな。

「あと、俺はここにいる六人と婚約していて今日この時を持って……結婚する」

俺は後ろに振り向きユキたち一人一人と向き合って指輪をはめていく。
この指輪に使われている鉱石は俺が始めて作って思い出深い鉱石、ゴッダスだ。
この鉱石は綺麗だし魔力循環もいいから俺が手間暇をかけて渾身の6品を作り上げたのだ。
この指輪の性能は後で紹介するとして。
この指輪をみんなにはめるとみんなうっとりした目になって頬を少し赤らめ

「「「「「「ありがと」」」」」」

と、言ってくれた。作った甲斐があったってもんだ。

「これで新国王シグルズの面会式を終わる。解散」

最後に元国王のガリウスが占めて挨拶が終わった。

「異世界はガチャで最強に!〜気づいたらハーレムできてました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • オタ君

    オネェ神wwワロタww

    0
  • イルシオ

    続きが気になるから更新お願いします

    2
コメントを書く