話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

月輝く夜に、あなたと

山吹美咲

5話

「うーん、ここで殺されたんだっけ」

カフェを出て、和人が刺された場所へと向かった。
そこは、人通りの少ない通りで見つけるのが遅くなってもおかしくはなかった。
和人の住んでるアパートに向かうには、この道を通る必要があったし、いつもこの道を通っていた。

「昨日彼は、バイトがあったんだよねー。
バイト帰りに殺されたって考えが妥当かな」
「……そう」

本当にこの人は、なんでこんなにも知っているのか。
どうやって調べたのか知らないけど、やっぱり気味が悪い。

「ねぇ、誰か協力してくれそうな人とかいない?
例えば、彼の親友的存在の人とか」
「親友?」
「彼女にも話せないことは、あるだろうし。
友達が知ってることもあるかもしれない。
ほら、同じ大学にいる御堂遥人君とかさ」
「……そこもリサーチ済みってこと?」
「まあね」

御堂遥人は、和人の幼馴染であり親友とも言える人だ。
御堂大学病院の跡取りとして、期待されているエリート。
そのことで偉そうにすることなく、とても優しくいい人であることは印象に残っている。

「どうせ神崎ちゃんも御堂君の連絡先もってるでしょ?」
「もってるけど……」
「今から呼び出そうよ」
「は!?
御堂君は、忙しい人ってことわかってるでしょ!?」

跡取りである御堂君が暇なわけがない。
医療の知識はもちろん、経営する側にもなるのだから時間があるわけがなかった。

「いいから、早く連絡してよー」
「だから……」
「いいから連絡しろって言ってんのがわからないかな?」

声が低くなり、冷たい目で私を見下ろす桐谷漸に恐怖を感じてしまった。
私の肩が大きく跳ね上がったのが自分でもわかった。

「あ……。
ごめんね、怖がらせる気はなかったんだ」

また、いつもの声のトーンで話し始めた。
それでもさっきの低い声と冷たい目が私の脳裏に焼き付いていた。
咄嗟に目を逸らしてしまったことに後悔しながらも、改めて目を合わせる気にもならなかった。

「……また後で御堂君には連絡しとくから。
それでいい?」
「……いや、今じゃなきゃダメだ。
彼、明日はパーティー的なものに出席するから。」
「……わかった、今するよ」

どうしても今日じゃなければならない原因があるのかわからないけど、桐谷漸の言う通り連絡をした。
そして、4回ぐらいコールした後
『もしもし』
という声が聞こえた。

「月輝く夜に、あなたと」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く