話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

月輝く夜に、あなたと

山吹美咲

3話

あのあと、無理やり連絡先を交換されタクシーで家へと帰った。
朝、起きても体は重いし、ショックで大学に行くこともできなかった。
携帯を見ると、たくさんの通知。
その中には、あの桐谷漸の文字もあった。
返信する気にもなれなくて、そのまま携帯を机の上に戻したときだった。

「電話?」

もう一度携帯を手に取ると、友達である間中柚葉の文字。
気は進まなかったけど、電話にでた。

「もしもし……」
「咲!
大丈夫?」
「あー、うーん……」

そう言って、失笑してしまった。

「……そりゃそうだよね。
退学するぐらいだもんね」
「た、退学!?
なにそれ!?」
「え?
今日なんか男の人が来て、咲が退学するって言ってたって……」
「なんの話……?」

嫌な予感がした。
あのとき、桐谷漸は言っていた。
『権力持つ連続殺人犯』と。

「ごめん、ちょっと切るね……」
「あ、うん!
また何かあったら、相談のるから!」
「……ありがとう」

優しい柚葉に申し訳なさを感じながら、電話を切った。
そして、私は桐谷漸に電話をかける前にバイト先に電話をした。

「もしもし、神崎ですけど……」
「あぁ、神崎さん?
聞いたよ、彼氏さんのこと……。
もし、また復帰できるようになったら帰ってきてくれたら嬉しいな」

そう言って、電話は切られた。
絶対にこれは、桐谷漸の仕業だ。
私は、そのまま桐谷漸に電話をかけた。

「もしもし、神崎ちゃん?」
「ちょっとどうゆうつもり!?」
「そんな大きい声出さないでよ……。
びっくりするじゃん」
「なんで勝手に学校やバイト先に……」

そう言った時に気づいた。
私は、桐谷漸に名前しか言ってなかったはず。
なのに、どうして……。

「学校やバイトがあると、犯人見つけるのに時間とるでしょ?
なるべく神崎ちゃんだって、早く見つけたいでしょ?
そのためにやめるように連絡いれといたんだ」
「早く見つけたいけど、だからって……」
「あぁ、大丈夫。
終わった後、大学に戻れるように手はうってあるから」
「……手を打ったって、どうゆうこと?」
「『権力持つ連続殺人犯』って言ったでしょ。
そんなこと、僕にかかれば楽勝なんだよ。
さて、早速探そうか」

事件のあった四丁目で待ち合わせになった。

「月輝く夜に、あなたと」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く