月輝く夜に、あなたと

山吹美咲

2話

和人を……殺す……?

「あなたが、あなたが和人を殺したの!?」
「違うよ、殺そうとしていただけで殺してはいない」
「なんで、和人を……!?」
「んー、なんでって言われると困るけど……。
強いて言うなら、なんか僕の目に写ったから?」
「は?」

何を言っているんだろう、この人は……。
目に写ったから、殺す?

「人の……人の命をなんだと思ってるの!?」
「別に?
なんとも思ってないよ」

そう冷たく言い放った。
さすがの私も何も言えなくなってしまった。

「あーぁ、それにしても一体誰が彼を殺したんだろうね。
僕の計画全て台無しだ」
「……わからないよ、そんなの」
「なにもしないでいるのは、腹立つからなー。
ねぇ、君は犯人を捜し出したい?」
「そんなの……当たり前でしょ?」

大切な恋人が殺されたんだから。
犯人を見つけ出したいに決まってる。

「それじゃ、僕と手を組まない?」
「は?」
「君は、犯人を見つけたいんだろ?
僕もそれは同じだ。
君は、殺された彼のため。
僕は、犯人を殺すため」
「殺すって……!」
「当たり前でしょ?
僕のターゲットを殺したんだ。
邪魔者は排除しないと」

そう言って、怪しげな笑みを浮かべた。
その姿にゾクッとした。

「嫌とは言わせないよ?
これも大切な彼のためなんだから。
それに、僕を味方にしといて損はないし。
協力しないなら、君を殺す」
「は?」
「だって、君は僕の正体を知ってしまったんだから」
「正体って……」
「んー、よくわかっていないみたいだね」

そう言って、彼は携帯を開き画面を私に見せた。
画面には、『またもや殺人、連続犯の仕業か』の文字。
それは、今テレビでよく報道されている事件だった。

「これの犯人、僕だよ」
「え?」
「今まで報道された人達、全員僕が殺した」
「本気で言ってるの?」
「もちろん。
じゃ、予言してあげるよ。
いつ見つかるかわからないけど……。
次は、40代男性で山奥で殺害、心臓一刺し」
「……あなた、何者?」
「んー、そうだな。
権力持つ連続殺人犯とでも言っておこうかな」

そう言いながら、彼は笑っていた。
なにも危機感を感じているように感じなかった。

「……あなた、異常ね」
「それは、最高の褒め言葉だ。
あ、自己紹介してなかったね。
僕は桐谷漸。
君は?」
「神崎……咲……」
「神崎ちゃんかー。
それじゃ、これからよろしくね?」

「月輝く夜に、あなたと」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く