話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

月輝く夜に、あなたと

山吹美咲

1話

 その日は、いつもより月明かりが輝いていた。
仕事が終わり、いつものようにソファーに寝転がりスマホ片手にテレビを見ていた。
世の中物騒だなー、なんて思いながら最近話題の殺人犯についてのニュースを見ているとバイブ音が響く。
誰だろうと思い、スマホを見ると彼氏である和人から。
こんな時間に電話をかけてきたことはないのに、どうしたのかなと思いながら電話にでた。

「もしもし?」
「あ、でた。
こんばんは」
「え……?」

和人とは、違う声。
和人よりも少し声が高く、男の人だけど綺麗な声だった。

「誰ですか?」
「あぁ、ごめんね?
今外を歩いてたんだけどね、彼刺されちゃってて」
「……え?
いや、何言ってるんですか……?」
「まあ、信じられるわけないよね。
僕もびっくりしたよ。
誰か倒れてると思ったらさ、刺されちゃってるんだもん。
それで今から来れない?
救急車は、呼んでおいたからさ」
「い、行きます!
場所は!?」
「四丁目のコンビニを……」

話を聞きながら、四丁目の方へ走った。
ここから四丁目まであまり遠くない。
こんなに走るのは何年ぶりか、と思うほどがむしゃらに走った。
心の中では、苦しさよりもただ和人が無事かどうかだけ心配だった。
言われた方向に行くと救急車に運ばれる人と若い男の人が立っていた。

「和人!!」
「知り合いの方ですか!?」
「私の恋人なんです!!」
「わかりました、彼の傍にいてあげてください!!」

救命士さんの話をしてから、急いで乗り込んだ。

「和人、無事だよね?
いつもみたいにまた笑ってくれるよね……?」

返事はなかった。
車の中には、機械音と救命士さんが必死に応急処置をしている音が響いた。

「お願い、目を覚まして……!!」

声をかけることしか私のできることはなにもなく、ただひたすら祈るだけ。
病院に運び込まれ、緊急オペが始まった。

「彼女さん」
「あなたは……」

救急車のところにいた若い男の人だった。
暗くてわからなかったけど、綺麗な顔をしている。

「もしかして、さっきの電話はあなたですか?」
「そうだよ、僕が連絡した」
「さっきは、お礼もできなくてすいませんでした」
「いや、大丈夫だよ。
それより今は、彼のことだけを考えてあげなよ」
「……はい」

どれくらい時間がたっただろうか。
オペ室の『手術中』とかかれていたランプは消え、中から医師がでてきた。
その表情は、暗く下を向いていた。
まさか、和人は……。

「……私達も手を尽くしました。
残念ですが……」
「うそ……でしょ?
嘘って言ってよ!!
なんで……なんで和人なの!?」

私はただ泣き叫ぶことしかできなかった。
どうして和人なんだろう。
和人が殺される必要なんてあったのか。
そんなことが頭の中で回っていた。

「落ち着いて」

若い男の人に椅子に座らされ、上着を肩に掛けられた。

「落ち着いてなんかいられない!!
あなたにとって他人でも、私にとっては大事な人なの!!」
「知ってるよ。
でも、彼はそんなこと望んでなんかいないでしょ」
「あなたに和人の何がわかるの!?」
「わかるよ、同じ男だ。
それに僕はずっと彼を見てきたから」
「知り合いなの?」

驚き、少し涙が止まった。

「いや、知り合いとまではいかないよ。
僕が一方的に知っているだけだ」
「どんな関係?」
「彼を……次のターゲットとして狙っていた」
「ターゲット……?」
「僕は彼を殺そうとしていたから」

「月輝く夜に、あなたと」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く