始創終焉神の俺、異世界を満喫する!

メコルデグス

異界の神と世界の王 2 久しき神友

「クラン、左に跳べ!」

「分かりました!」

目の前にそびえ立つ巨人に向かって俺は肥大化させた新たな刀[神龍王魔の夢幻刃(しんりゅうおうまのむげんじん)]で脳天から一刀両断する。巨人は血を撒き散らしながら絶命し、後には馬鹿デカい核らしき丸い宝石のみが残っていた。

「お疲れ。一先ずここで少し休もうか?」

その一言でクランとシオンを筆頭にアテネ、ラナ、ベルクの順にその場に座り込む。流石にこの三人でも疲れているのだからクランとシオンはよくここまでついてこれたものだと驚き、二人に労いの言葉を掛ける。
今俺達は、俺の神力があるであろうダンジョンに潜っている。しかし、俺の神力でできているだけあって、階層はここまでで実に百層を越えている。それをノンストップで攻略してきた訳だがそれも終盤、次の階が最下層となっている。ここにくるまでにかけた時間はおよそ三時間。その驚異的なスピードに繋がったのはやはりこの刀の力だろう。
ある時は、暗闇の中を音もなく現れた蜥蜴型の魔物に対して俺が握っていた柄に反応が現れ、相手の攻撃可能範囲外からの瞬時の魔法攻撃によって呆気なく撃退。
またある時は、魔力を喰らい成長する道化師型の魔物に対して鞘が空間の魔力を僅か3秒足らずで枯渇させてしまい、焦った道化師を皆でボコボコに。
またある時は、閃光の如く辺りを駆け巡る蛇型の魔物に対して鍔に触れ、幾重にも折り重なり張り巡らされた刃の捕獲網を俺達を取り巻くように空間に創り出すと、止まることができずに自らの速度で刃に切り裂かれ自滅。
,,,などなど話せばキリがないほどの戦闘をこの刀が瞬殺を繰り返した。改めてこの刀の有能さと、これが俺以外の力ある者に渡ったときの災厄の未来に身を震わせ俺は今ここにいる。
しかし、このダンジョンも残すところ後一階層だけ。俺は丁度回復が済んだ皆と共に準備を整え重く荘厳な灰色の扉をゆっくりと開けた。
中からは濃密な神力が溢れだし俺達にぶつかってくる。中でも俺達と違い最初から人間のクランとシオンはその有無を言わせぬ絶対的な力の前に息をすることすら出来ずにいた。俺は急いで鞘に神力を喰わせ二人の呼吸を確保した。

「はぁ、はぁ,,,い、今のは何ですか?」

「ふぅー,,,あれが神の力の一部なんて,ね,,,」

「二人とも大丈夫か?」

二人の息が整い作戦を練り上げた所で、アテネにはクランとシオンのサポートに回って貰うこととなり、淡い赤橙色の光となって二人の加護に変化したのを確認すると俺達は扉をくぐった。
中は白い炎が灯るシャンデリアが上から吊られ、床は黒く発光する紋章が刻まれた絨毯の敷かれている円型の闘技場だった。その中央には身体の色が真ん中で白と黒に別れている、俺と瓜二つの姿をしたクリスタルのような鉱石的な体を持つ者が堂々と立っていた。白と黒で出来た体はその中央で互いを反発し、侵食しながら絶妙なバランスで現在の形を保っているようだ。しかし、俺の神力が自らの姿を象りこのダンジョンの最奥でこうしてひたすらに佇んでいたのには一体どんな理由があるのだろうか?目の前の俺は一切の感情が感じられず、本当にただこの場で何かを待っていたとしか言い様の無い物言いでこちらを見据える。確かに強くなっている俺達だがコイツには全員で束になってようやく戦闘になると言ったところだろうか。それほどにコイツは俺達の力の格を逸脱している。俺は[神眼]を発動させ白黒の俺のステータスを覗いてみた。
____________________

名前 全ての祖の一欠片  LV.1023
 HP 5984000/6000000 
SP 30000000/30000000

加護 (なし)称号 生まれた無
 
種族 神人(始創終焉神)(鬼神)
(聖剣魔神)
職業(究極魔神竜王 二刀流)

攻撃力  7800000
防御力  5800000 
俊敏性  15億
魔法耐性 3500000
攻撃耐性 3500000 

使用可能魔法  
光ー純白 聖魔法     闇ー暗黒 影魔法   
武技ー闘神  雷ーイカズチ  炎ープロミネンス   風ーエウロス  
神 竜 帝王 天魔

スキル 
  ユニークスキル 
                  創成 LV.5
                  破滅 LV.5
      
  固有スキル             
                  神眼   LV.15      
                  武剣王 LV.15
                  覇剣魔技 LV.1                   
                  究極神王降臨 LV.5

  ノーマルスキル 
                   純白魔法 LV.5
                   暗黒魔法 LV.5
                   影帝魔法 LV.5 
                   聖帝魔法 LV.5 
____________________

そのステータスに俺は一切何も口に出さず、周りの仲間達の士気を上げるように努めた。
全員が何かを察した様な表情を見せると、すぐに覚悟を決めた顔付きに変わる。そして自身の武器を構え直し、俺が最後に刀を抜いた瞬間目の前から[全ての祖の一欠片]が幽器の様にそっと動き出した。その手には一切の武器はおろか、どこにも武器を持っておらず大胆不敵にも堂々と歩いてくる。そこで俺がまず刀を握り発動させた20種類にもなる多種の拘束系の魔法を奴に直撃させる。辺りがその膨大な魔法の数々で地響きを巻き起こし煙を立ち上らせる。しかし、当たったところから太陽に触れた物質かの様に全てが蒸発し、消滅していく。

「まぁ、そう上手くはいかないよな,,,」

ならばと俺は光速を超える速さで一瞬の内に千に近い数の青白い斬撃波を放つ。しかし、奴はまるで陽炎(かげろう)のように揺らめきながら全ての斬撃を捌いていく,,,否、そもそも奴は実体の無いホログラムのような存在と化しているのだ。全ての攻撃が透けて無効化されてしまってはこちらの攻撃の意味が無い。
すると奴はお返しだとばかりに両の掌に白銀と黒金の神力を圧縮した超密度のソフトボール程度の波動玉を作り出し、軽くこちらに押しやった。その直後、空気中に置かれた二つの神珠が互いの力で反発しあい、莫大なエネルギーホールを生み出したのだ。それはさながら、神でさえも簡単に手をつけられないブラックホールのようで、水と油のように混ざりあうことなく互いを侵食し我が物にしようと呑み込みながら一体化したかと思うと、神力の奔流が反発により互いの力をどんどん高めながら辺りに極大の神力波をぶつけた。

「っ!?全員、俺の側に集まれッ!あれに指一本でも触れたら根源ごと次元の藻屑に還らされるぞ!!」

他の者はそのあまりの狂惡さとその混沌の中にこそ生まれる真の美しさに目と心をを奪われ、動くことも出来ずにいた。しかし、俺の声を聞いた皆はなんとか魅了から抜け出し我に帰ると俺の周りを囲うように集まった。
全員が集まったのを確認した俺は、囲まれた俺の足元に刀を突き刺し、今出来る最大限の本気である神力の性質そのもので形を作り換えた。[創成]の本来の性質である[無限化]により全員を覆い被す半ドーム型の無限のシールドを生み出し、それをコーティングするように[破滅]本来の性質である[無還(むげん)化]により全てを無に還す無還のシールドを重ね合わせ生み出した。
エネルギーホールは無還のシールドに触れるとその端々から神力を霧散されていく。しかしこちらのシールドはその三倍以上の速度で破壊され、厚さ100cmにもなる限界まで濃縮されたシールドはジリジリと削られていく。しかし、削られた所から瞬時に修復することでエネルギーホールを押し返していく。それは神々が意地とプライドを賭して削り合う、人間には到底敵うはずの無い絶対的にして暴虐的な力の奔流のぶつけ合い。こんな異世界の地下深くのダンジョンで、その力の頂点に座していた者が自らの力と戦っているのだ。このダンジョンの壁が不可思議な強度を持っているからこの程度の拮抗で済んでいるが、ごく一般的な世界程度では神力が当たる前にその衝撃波だけで消し炭となり、両者の背後一帯が何万キロに渡り抉られた平地と化す所であっただろう。つまりこのダンジョンもまた、竜鬼の神力で出来ているに違いないということだ。
数十分に渡り、互いの〈世界の終末〉を圧縮したかのような力のぶつかり合いは続き、いつの間にかそれは我慢比べとなり及んでいた。どちらかの神力が潰えるまで続く途方もないと思われたこの戦い。しかし、それも突如として流れが変わったのだった。
竜鬼の二重の神力で造られた[無限&無還むげん]のエネルギーは留まる所を知らず、この戦いの中で常に一歩、また一歩と進化し続けたのだ。そして、進化し続ける濃縮された[無限&無還むげん]のエネルギーは確かにブラックホール並のエネルギーを押し返していった。今までの彼ならばこのまま一人で自分が死ぬリスクをも省みず正面突破のゴリ押しを行うだろう。しかし、今の彼は「人間」であり、豊かな「感情」と死ねない「理由」、そして何より共に歩み感情を共有出来る[仲間]がいるのだ。

「よし!皆、いけるか?」

「「「「「まかせ(ろ、て)!」」」」」

俺の合図に伴いラナとベルクが俺達がぶつけ合っている神力を集めるとその身に宿す。すると、彼等の服装は以前の物より形状が変わり辺りに神気を放出し始めた。久方ぶりの二人の神化。しかし、それは元来の二人の力を超越していた。
元より二人は俺がスカウトするまでは今の剣の姿ではなく、人型の姿でそれぞれとある世界の管理をしていた上級神だった。俺の把握できぬ程に生まれた多種多様な神の中でも、彼等二人だけは類を見ない超濃密な神力を手にしており、それを納める器もまた俺の創り出した原初の神々に匹敵するほどだった。そんな中で俺の力を直々に与えた二人のキャパシティは、二人が持てる力の限界を一層強大な器に作り替えた。それから二人は鍛練を続け器の限界にこれまで近づいていた。しかし、俺の力を与えられた者達は、最初からその力の全てを受け取れる程の強靭さを兼ね備えている訳では無いため、徐々に力に体を馴らしていき器を更に大きくしていくのだ。つまり、彼等の器は今もなお・・・・本当の限界を迎えていないのだ。
,,,そして今遂に俺の神力との融合を果たしたことで真の力を解放するに至ったのだ。その名も[ヘルズベルセルク][エデンズラグナロク]。地獄と天国という、生きとし生きる者達が辿り着く相対する終幕をそれぞれその身に甦らせたのだ。その能力は基礎的な身体能力の向上から始まり、彼等の固有能力である[世界創造(ワールズエンド)]を発現させたのだ。ベルセルクは無限に剣を造り出せることから[劔焉界(ワールズエンド)]、ラグナロクは無限に魔法を造り出せることから[魔淵界(ワールズエンド)]を手に入れた。その力は早速この場でその真意を見せてくれた。
奪われてなお、膨張を続けるエネルギーホールは俺達にジリジリと近づいてくる。しかしそこに二人のワールズエンドが発動される。辺りに充満する霧散した神力のランクによってその能力の大きさが変わるこのスキルは今回、俺同士の戦いで生まれた膨大にして暴虐、万能な神力によって最大限に引き出されることとなった。まず二人はこの空間の全てをリソースとして[全ての祖の一欠片]に向かってスキルを発動させた。そして次の瞬間、俺の[神速(アクセラレゼプス)]によって一瞬の空間を歪ませるとクランとシオン、二人の加護として憑依しているラナをその間に逃がした。その次にはこの空間は魔力、神力、空気までもが空っぽになる完全な無の状況が造り出され、数千にも上るベルセルクの暗黒の戴剣[大鵠巓(だいこくてん)]とラグナロクの明白の魔彈[白楼鼕(びゃくろうとう)]が一斉に射出された。
空気による抵抗、魔力に対する漏洩、神力が起こす奇跡、全ての可能性と邪魔を最大限にまで排除した後に放たれた剣と弾は定められた一点に射たれてはその倍の数が、射たれてはまたその倍の数が、と次第に数を増やしていく。それに伴い、辺りを埋め尽くす剣と弾はその密度を膨らませ、互いの力を反発させ更なる力へと変貌していく。その様は、無からの創造と無からの破壊が同時に起きては無限に繰り返される全次元の誕生を引き起こした「あの時の終焉」に酷く酷似していた。
その時俺の頭に、記憶に眠る何兆回と始まりと終わりを繰り返した宇宙のその最初の一ページが電光石火の様な火花の如くチラつく。それを無意識下で、俺の中の「俺」が、俺自身に気付かれないように深層意識の深淵でその一言を海に落ちる一滴の雫程に小さく呟いた。
それは俺でさえも分からない、いや知らないのだ。


,誰に
,,何のために
,,,そもそもこの言葉は本当に生み出されたのだろうか?


 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , 



思い出せない,,,いや、思い出「さ」ない,,,そうか,,,










 

             ,,,思い出「したく」ないんだ,,,



黒剣と白弾の衝撃は辺りに光源と爆発を渦巻き、その爆音は三分にも渡り、大きく鳴り続けた。

,,,それは見るも無惨な堕ちた鳥のようであった。焼け落ちた翼は「もう一人の俺」を冷酷に見下ろし、その瞳には殴り書かれたような黒と白の2つの丸が塗り潰されている。

宇宙の終わりを何千回と体感してなお、その身はそこに静かに佇み、引き裂かれ消えたボロボロの四肢からは交ざりあったオイルのような鈍い虹色が漏れだし、辺りに神力をばら蒔いてはこの空間を一枚の絵画として遺すかのように最後を飾ろうとしていた。これはさすがの芸術神でさえも書ききるには300年の時を要求するであろう。いや、そもそも彼女ならこんな光景は絵に起こさず心に留めて奥のだろう。自分で殺そうとしたはずなのには痛々しく、心に深い傷を負わされ鬱になりそうなほどに狂っていた。しかし、最悪なことに彼はまだ苦しくもこの場に存在してしまっているのだ。
もう見たくない、闘いたくないほどに消耗した彼から力を取り返せるほど今の俺には度胸がない。俺にあるのは人間の心なのだから。,,,だから、次の世代に可能性を渡したのだから。
彼の目前にクランとシオンが異次元から現れる。二人は俺と同じ姿で、完全に戦う気力と意思、意識の全てを失った彼を前にただ、頭を垂れ、跪いた。俺達もそれが正解と信じて二人人間に習った。本当の理解は出来ないかもしれないが、俺達なりに「彼」の存在に意味を遺したかったのだろう。長い黙祷の後にクランの剣を握りしめた二人はゆっくりと、彼の心臓部にあたるコアを貫いた。その瞬間俺には、シオンの手に微かな力みと何かの覚悟と思想を感じたがそれが何か、今の俺は分からなかった。砕かれたコアはこのダンジョンという空間ごと収縮すると白い光と暗いオーラを周りに振り撒き俺の中に帰って来た。



  
                          「ありがとう,,,」



空耳かもしれない。でも確かにそう聞こえた気がした。俺のせいで、俺という存在全宇宙の記録の全てを魅せられ、理由も、思考も、感情も、何もかもを奪われたまま生まれてしまった「」は意思の疎通の意義も意味も知らぬまま、このほの暗く冷たい俺の力の中で握り潰されていた。でも、彼の心臓には確かに俺「以外の何か」が存在を価値づけたのだ。俺はこうしてまたひとつ、自分に罪を増やし一歩前へと進んだ。
全てが終わると俺達はダンジョンの外に帰ってきており、俺以外の皆は先程までの残酷な意識が夢や嘘かのように勝利を喜び、笑みを浮かべている。から返して貰った記憶の最後を見てしまったせいで何が本当だったのかは分からない。全てが俺の創り出した幻かもしれないし、俺が導き出した1つの終焉事実なのかもしれない。でも、皆が笑っているならば、これでいいのだと思う。こんな残酷で罪悪感に苛まれる悪夢のような夢幻の病みは人間には受け止めきれないから。
俺が,,,俺だけがこの事実を覚えていれば、背負っていれば必ず新しい明日創造始まるのだから。

「始創終焉神の俺、異世界を満喫する!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く