話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

始創終焉神の俺、異世界を満喫する!

メコルデグス

異世界での始まり 5 レザリウスの勇者

俺は今、創造世界にいる。ここは木や土、全てが白色の空間で俺の目の前には多きな作業台とイスがある。俺はラナとアテネ、ベルクの体を造りに来たのだ。すると、スキル「創造」により頭の中に俺が蓄えた知識や情報とスキルの声が流れてきた。

(何を造るのですか?)

「(人の肉体だ。)」 

(畏まりました。では、開始します。)

「創造」の声は俺の脳内をスキャンし、願望に沿って創造を始めた。

俺はまず、アテネを肉体を創造した。
赤髪で髪は肩まで伸びているソフトウルフの様な髪型で後ろに結んである。身長は172cmほどで、スラーと伸びた手足が美しい。パッチリとした白色の目元、膨らんだ双球が目を惹き付ける美人系の女性だ。眼鏡を掛けており、知的な雰囲気を醸し出している。青と黒のブラウスとロングスカートは真面目な雰囲気を高めていた。

「(着痩せするタイプだな。)」

ロクでもないことを考えるのを止めて 
次にラナの肉体を創造してみた。
腰まで伸びたストレートロングの銀髪は清潔感を漂わせており身長は168cmほど。目は大きく純粋な物で、真紅の右目と紺碧のオッドアイだった。しかし、その胸は身長と不釣り合いで巨大だった。華やかな彩飾が施された紅白の巫女服を着ており、聖女のような、神々しさを放っていた。

「(これまた、デカイな。)」

また、バカになってしまった。
いやね、しょうがないだろう!俺だって男なんだよ。少しくらい、良いじゃないか?!
、、、誰と喋ってんだろう? 虚しい,,,

気を取り直して、最後にベルクの肉体が創造された。オールバックの紫がかった黒髪に整った目鼻と口の間から見えるのは、何でも噛み砕けそうな丈夫で尖った犬歯、黒色の瞳に金色の瞳孔が禍々しい。身長は190cm程で余分な脂肪を削ぎ落とした分厚い胸板を持つ筋肉質の体だった。服装は鋼と組み合わせて作られた黒のコンバット迷彩服とロングコートという物だった。

「(強そうな肉体だな。にしても筋肉モリモリだな。)」

(創造完了、オーダーにそぐわない場合はご報告下さい。)

「いや、完璧だ。お疲れ様。」

(主より完成の意が示されました。これにて、本日の創造は終了致します。)

どうやら「創造」は1日に創造出来る物に限度があるようだ。3体分の肉体と服(ランク 
神王)を造って限界ということは、かなりのものだろう。すると目の前が白く染まり、俺は現実世界に戻っていった。



「ん?戻ったのか?」

「はい、マスター。素晴らしい肉体をありがとうございます。」

「竜鬼さんに造って頂いた肉体、魔力効率が高いくて魔法が扱いやすいです!」

「竜!この肉体、凄ぇ固いし、動かしやすいぞ!」

目を醒ますと先程造った三人の体と意識の合成がすでに完了しており、それぞれ自身の体を確認していた。

「上手くいったみたいだな。ステータスの方はどんな感じだ?」

スキル「創造」は、この世界仕様のステータスを造ってくれたのか疑問に思っていた俺は三人に聞いてみた。

「はい、問題ありませんよ。どうぞ。」

アテネはそう言うと、三枚の光の板を差し出してきた。どうやらステータスを他の人に見せるときはこうすると良いらしい。そこにはこう書かれていた。
____________________

名前 アテネ     LV.60
 HP 100000/100000  SP 60000/60000

加護 (始創終焉神)称号 創造されし者  
                                              至高なる叡智

 種族 半神人(軍神)職業 軍師 司令官
                                            司祭(プリースト) 

攻撃力  4500
防御力  50000
俊敏性  90000
魔法耐性 8000
攻撃耐性 10000

使用可能魔法  なし

スキル                   
                  
  固有スキル             
                 神の叡智 LV.20
                 神官の導き LV.8
                 カイザー ジェネラル LV.3
                 ストラタジスト LV.3     
____________________

____________________

名前 ラナ     LV.75
 HP 180000/180000  SP 800000/800000

加護 (始創終焉神)称号 創造されし者  
                                              全魔法を極めし者

 種族 半神人(魔法神) 職業 魔術師 魔導師
                                                    魔法使い
                               

攻撃力(魔法)100000
防御力(魔法)70000
俊敏性(魔法)90000
魔法耐性(魔法)60000
攻撃耐性(魔法)65000

使用可能魔法  炎  水  氷  雷  木  風  光  鬼  血 地  神

スキル     
              
  ノーマルスキル
                 神炎 カグツチ
                 神水 トリトン
                 神氷 ユミル
                 神雷 イカズチ
                 神樹 フローラ
                 神風 ニンリル
                 神光 バルドル

 エンシェントスキル
                 鬼神 ハチブキ
                 血神 ブライド
                 地神 ラテリア

  固有スキル             
                 創造魔法 LV.20
                  魔法神の魔力 LV.6
                 マジック コントラクト LV.4
                 ラグナロク LV.3     
____________________

____________________

名前 ベルク     LV.85
 HP 1000000/1000000  SP 100000/100000

加護 (始創終焉神)称号 創造されし者  
                                              全武器を極めし者

 種族 半神人(剣神)職業 侍 飛魔剣士
                                              騎士(聖 暗黒)
                                            

攻撃力  230000
防御力  300000
俊敏性  90000
魔法耐性 20000
攻撃耐性 500000

使用可能魔法  無  鬼  武技
                          

スキル                   
   
  エンシェントスキル
                 無ー身体能力向上
                 鬼ー鬼門法
                 武技ー戦王
  固有スキル             
                 破壊魔法 LV.20
                 飛魔剣マスター LV.8
                 ウェポン マスター LV.5
                 ベルセルク LV.3     
____________________

「(やっぱり、肉体造って正解だったな。
ステータスが有ることでスキルとか分かりやすいし。)」

想像したとうり三人のステータスは常人を凌駕していた。しかも三人ともLV.maxのスキルを持っている。
ある程度、確認が済んだところで助けた二人の少女のステータスを見てみた。
まず、168cm程の金髪碧眼の神々しい鎧を着ている美少女に目をやった。

____________________

名前 クラン メリベアス     LV.23
 HP 12000/12000  SP 20000/20000

加護 (魔帝)称号 魔法に愛されし者
                                  剣技学びし者
                                  
 種族 人間   職業 真の勇者 魔法使い 剣士
                                             

攻撃力  3500
防御力  1950
俊敏性  3000
魔法耐性 2500
攻撃耐性 2500

使用可能魔法   炎  水  氷  雷  木  風  光  武技

スキル                   
  ノーマルスキル
                 炎ーフレイム
                 水ーアクア
                 氷ーアイス
                 雷ーサンダー
                 木ートレント
                 風ーウィンド
                 光ーキュアヒール  
エンシェントスキル
                 武技ー剣の舞              
  固有スキル             
                 絶対無敵 LV.6  
                 並列詠唱 LV.5
                 詠唱省略 LV.3
____________________

彼女の職業には勇者と書いてあった。つまるところ、彼女のレベルを見るにレベリングや実戦経験を積ませるために、ここにいたのだろう。
次にもう1人のスレンダーな173cm程の少女を見てみた。見ると耳が尖っており、黒髪に深緑色の目を持ったこれまた美少女だった。多分これがダークエルフという種族だろう。 

____________________

名前 シオン ベルベット     LV.20
 HP 11000/11000  SP 23000/23000

加護 (狩猟神)称号 狩猟を扱いし者
                                      剣技学びし者  
                                      勇者守りし者
                                  
 種族 ダークエルフ   職業  狩人 弓使い 
                                               盾の勇者
                                             

攻撃力  2300
防御力  4000
俊敏性  3500
魔法耐性 1000
攻撃耐性 1300

使用可能魔法  武技  無

スキル                   
  
エンシェントスキル
                 武技ー剣の舞   
                 無ー無能使い           
  固有スキル             
                 魔導弓術 LV.8  
                 狩猟術 LV.5
                 索敵 LV.2
____________________

彼女の称号にある「勇者守りし者」から予想するに、相当勇者は大切な存在なのだろう。
すると、アテネ、ラナ、ベルクの三人はその体を光の粒子にしながら消えていった。それに伴い二人の少女が目を覚まそうとしていた。

(マスターに造って頂いた肉体は私達が意思だけの状態の時、それぞれの魔力スペースに収納する事が出来る様です。彼女達も急に人が増えていたら驚くでしょうしマスター1人で、ゆっくりお話しして下さいませ。)

(分かった。)

「うぅん?ここ、は?」

「うぅ、生き、て、るの?」

「やぁ、大丈夫かい?俺は覇神魔王 竜鬼っていうんだ。君達は?」

俺は究めて自然を装って二人に問いかけてみた。

「えっ?あ、はいっ!えと、あの、わ、私は、クラン メリベアスです。レザリウス光国の勇者として、魔物の討伐を行っています!」

「わ、私はシオン ベルベット。彼女の仲間で勇者を守るのが使命。ところでアンタ、鬼はどうなったの?」

クランは人見知りなのだろうか?焦りながらの自己紹介だった。一方、シオンはツンツンしており、いきなり「アンタ」呼ばわりされてしまった。流石に顔がひきつった。

「あ、あぁ。一応、俺が倒したよ。」

「そうだったんですね!助けて頂きありがとうございました。」

「本当に?もし、そうだったとしてもアンタの力じゃなくて、剣の力でしょ?」

「こら、シオン!ごめんなさい。この子、照れ隠しする時すぐに強気になっちゃって。本当は感謝してるんです。」

(へぇ、ツンデレタイプか。)

「ちょっとクラン!?余計なこと言わないでいいでしょ!?と、とにかく、あんまり調子に乗るんじゃないわよ!そんなに過信し過ぎると死ぬわよ!べ、別にっ!アンタに死んでほしくないとか、そんなんじゃないんだからねっ!!勘違いしないでよね!!」

(生ツンデレだ。可愛いな,,,)

とにもかくにも、二人の話を聞いてみた。





「始創終焉神の俺、異世界を満喫する!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー219214

    シオン ベルベット
    ツンデレで可愛い?
    どこが可愛いの?
    助けてもらって礼一つ言わずに「剣のおかげでしょ」ってただのクズじゃん
    最後にツンデレで可愛いみたいな事言ってるけど全く可愛くない。
    不愉快レベル。

    0
コメントを書く