始創終焉神の俺、異世界を満喫する!

メコルデグス

異世界での始まり 3本気

私達は今、鬼と戦っている。とても大きく強い鬼。しかも、それが1体でなく、100近くの数いるのだ。1体でここまで苦戦しているのに、100体も相手に勝てる自信は今の私達にはない。それだけでなく、100体の鬼を率いているボスは、オーラだけで何をしても勝てないと本能に訴えてくる。こんな絶望的状況で私達が戦っていられるのは、一緒に戦っていた仲間の兵士を殺された怒りだ。感情に身を任せ、剣を振るう事しか頭になかったのだが、今では絶望感でもう限界だった。

「どうしよ。魔力切れだ。シオン、もう無理だよ。」 

「クラン、、私ももう無理そう。」

諦めかけていたその時、無敵かと思えていた鬼の首が宙を舞った。そして、何処からか迫力の溢れる声が響いてきた。

「こっからは、俺に任せろ!」

その頼もしい声を聞いて私達の集中力の糸はプツンと切れてしまった。

(あぁ、私達夢を見ているのかな。でもこんな夢でもいいから助けて。兵士さん達の仇を取って。)

そうして私達は気を失った。

____________________

「承知した。」

少女の口から出た言葉に俺は答え、気絶してしまった二人を鬼から気を逸らすように、オーガを殺しだした。
俺の作戦は、今持っているラグナロクとベルセルクをそれぞれ一刀流で使うことで能力をフルパワーで使い、レベルを上げれる所まで上げてから、鬼王に挑むという作戦だ。

「にしても、鬼王の威圧半端ねぇな。身体中ビリビリくるぜ!」

(よし竜、まずは俺を使いな!)

ベルクの声を聞き、俺はラグナロクを鞘に戻した。
そして、ベルセルクの能力を解放し、数万の剣を生み出した。

「舞え、剣よ。蹂躙しろ!」

一斉に剣が飛び出し、近くにいるオーガを蹂躙していく。これは限剣乱舞(ソードビット アルティマ)という技で、剣の量と強さを指定して生み出した剣を放出する、対多数様の技だ。今は剣の強さを最低ランクに落とし、数を重視して攻撃した。すると、オーガの中でもまだ若手だったであろう者は殺せた。しかし数でいうと、10体程でしかなく俺は強さを重視した攻撃に切り替えた。

「貫け、剣よ。破壊しろ!」

今度は10本程しか作れなかったが、一本一本が魔剣並の強さである絶剣乱舞(ソードビット ギルディス)という技を発動した。さっきより数は少ないが速度も、破壊力も桁違いに強い。そして、あっという間に、オーガを殺した。
数が50体程になったところで、手練れのオーガ達が一斉に魔法を放ってきた。その直前にラナの声か響いてきた。

(彼らは、魔法の扱いに長けている様です。私にお任せください。)

素早くベルセルクとラグナロクを抜き替え、能力を解放した。

(アブソリュージュ!)

オーガ達が放ってきた炎の槍や雷の球はあっという間に吸収されてしまった。今の技は、相手の魔法の属性や強さに調節することで、攻撃を防ぐ上に自身の魔力を回復することが出来る技だ。しかしラナ程の魔法の使い手じゃなければ、こんな神業は不可能だろう。

「お返しだ。俺の魔法の練習台になってもらうぜ!」

そう言うと俺は、自身の純白魔法を展開しラグナロクに纏わせた。ラナも自身の白金色のオーラを発動し、神々しくなった剣を俺は振るった。

「くらえ、永遠の聖剣(エターナル ブリンガァー)!!」
 
辺りの俺に敵対する者を消す魔法でかなりのオーガを消耗させることが出来た。弱った所を見逃さず、俺はラグナロクの能力を解放した。

「これで終わりだな。炎と氷を1つに。
新創、グリムヘイム!!」

灼熱と極寒がオーガを襲い、殺していく。
ほとんどのオーガが倒れていたが、5体生きている者がいた。

「これでも、まだ生きてるとはな。でもな、この魔法の本当の強さは、焼却と冷却を繰り返し脆くなった体内で、膨張した血管が破裂し外傷なく相手を殺すところだ。もう少しだろ?」

言っているそばから残りのオーガもバタリと倒れた。

「よっし!後はお前だけだぜ!」

ラグナロクの剣先で鬼王を差した。するとレベルアップを表すファンファーレの音が脳内で鳴り響いた。しかし、それが何度も何度も鳴り響き、あまりの頭痛で頭を押さえた。その間も鬼王は俺を待っていた。頭痛が止んだ後、俺はステータスを見てみた。

____________________

名前 覇神魔王 竜鬼     LV 1→LV.80 new!
 HP 1000/1000→150000 /150000 new!
 SP30000/30000→500000/500000 new!
加護 (なし)称号 異世界人 元神々の頂
                                  鬼神王に刃向かう者 new!
種族 半神人(始創終焉神)(剣魔神)new! 職業(魔法剣士 二刀流)new!

攻撃力  3000→45000 new!
防御力  500→30000 new!
俊敏性  5000→80000 new!
魔法耐性 800→36000 new!
攻撃耐性 800→36000 new!

使用可能魔法  光ー純白       闇ー暗黒  全武技
スキル 
  ユニークスキル 
                  創造(クリエイト)LV.5
                  破壊(デストラクション)  LV.5   
                           
  固有スキル             
                  神眼   LV.10     
                  武剣王 LV.10→LV.13 new!
                  覇剣魔技 LV.1 new!                   
  
  ノーマルスキル 
                   純白魔法 LV.2  →LV.3 new!
                   暗黒魔法 LV.2
____________________

「はぁっ?」

つい間の抜けた声がでてしまった。いや、しょうがないだろう。LV.30を100体倒したらLV.80になったのはまだ分かるが、ステータスの変動ぶりは中々のものだった。しかもこれは装備品無しでだ。装備品の効果を上乗せすると、こんな感じだ。
____________________

名前 覇神魔王 竜鬼     LV.80 
 HP 150000 /150000
 SP500000/500000
加護 (なし)称号 異世界人 元神々の頂
                                  鬼神王に刃向かう者 
種族 半神人(始創終焉神)(剣魔神) 
職業(魔法剣士 二刀流)

攻撃力  45000→120000
防御力  30000 
俊敏性  80000→160000
魔法耐性 36000→72000
攻撃耐性 36000→72000

使用可能魔法  光ー純白 聖魔法     闇ー暗黒 影魔法   武技ー闘神

スキル 
  ユニークスキル 
                  創造(クリエイト)LV.5
                  破壊(デストラクション)  LV.5   
                           
  固有スキル             
                  神眼   LV.10     
                  武剣王 LV.13 
                  覇剣魔技 LV.1                    
  
  ノーマルスキル 
                   純白魔法 LV.3 
                   暗黒魔法 LV.2
                   影魔法 LV.2
                   聖魔法 LV.2
____________________

「うん、充分殺りあえる位に、強くなったわ。」

自身の急成長に驚いていた俺に低くどっしりとした、声が聞こえてきた。

「我ノ、手下ヲ、こうも容易ク、退けるとハ、貴様一体何者ダ?」

それは先程待っていた鬼王の声だった。

「あんた、喋れたのかよ?まぁいいか。俺は竜鬼。覇神魔王 竜鬼だ!」

「竜鬼カ。お前ハ、解析系ノ、スキルを持っているだろうかラ、我のステータスを見れただロ?それでも逃げぬということハ、それなりのレベルアップをしたのだろウ。
我ハ、強き者ト、戦うのガ、好きなのダ。ではゆくゾ!!」

(なるほど、待っていた理由はバトルジャンキーだからか。)

納得したところで、俺はラグナロクとベルセルクの両方を胸の前でクロスして構え、鬼王は漆塗りの大太刀を構えた。
先手必勝、先に動いたのは俺だった。レベルと装備品による、圧倒的スピードで鬼王の腕を切り落とそうとした。だが鬼王は俺のスピードについてきていたのだ。鬼王の大太刀が俺の首を狙って振りかかってきた。俺は咄嗟に二本の剣を防御に使った、様に見せかけ覇剣魔技のカウンター技「止泉 豪斬(しせい ごうざん)」で流れるように、大太刀を捌き、鬼王の胸目掛けて強烈な一撃を入れようとした。しかし、鬼王の口角が上がっており、見ると左手に小さな雷の球が出来ていた。

「かかったナ!サンダーボール!」

「グワァァッッ!!」

もろにくらってしまった俺は、後ろに吹っ飛ばされ、大木に打ち付けられて止まった。

「ぐふッ!」

しかも、何故か体が動かない。

(マスター!麻痺状態になっています!残りHP132800です!)

「(麻痺か。全身動かないが、魔法なら撃てる!ラナ頼む!)」

(畏まりました!雷と炎を1つに。新創 雷炎ナルカグヅチ!)

稲妻を轟かせながら、雷と炎の槍が鬼王の胸を狙ったが、左腕を抉る程度に留まった。

「ぐおォッ!?中々やるナ。」

「(よくやったラナ!良い時間稼ぎだ!)」

その間に、麻痺状態が解除された俺は鬼王の死角にベルクの最上級の剣を生み出した。

「(捨て身の猛攻で、惹き付けている間に後ろから倒す作戦で頼むぞ、ベルク!)」

(任された!)

俺は俊敏な動きで、鬼王の近くまで詰め寄ると、覇剣魔技の二刀流38連技
「カテドラル ディザスター」
を発動した。

「ほォ、素晴らしい剣技ダ。しかシ、この程度でハ、負けヌ!」

完全に鬼王の意識をこちらに向けた所で、ベルクの準備が整った。

(っしゃぁあ!いくぜ!!
滅鬼積鬼(めっきしゃき)!!)

ベルクの生み出した刀は、鬼を滅ぼすための神刀で、鬼王の死角からしっかりと胸を貫いた。

「ッ?!しまっタ!  ぐぼァァッ!」

「よし!どうだ?」

確実に鬼王の心臓を貫いた一撃だった。しかし鬼王はそこに立っていた。

「フッフッフッ、ファーハッハッハッハッ!残念だったな。悪いが、こっからは本気でいかせてもらうぞ!」

「何だと?!くそっ!神眼発動!」

そこには、とんでもないステータスが書かれていた。
____________________
名前 鬼王 オーガ キングダム ハーツ  LV.180
HP 743200/800000  SP 280000/300000
種族  鬼王

攻撃力  100000→100000000
防御力  150000→100000000
俊敏性  80000→1000000
魔法耐性  35000→350000
攻撃耐性  90000→900000

使用可能魔法  雷ーイカズチ
                          炎ープロミネンス
                          風ーエウロス
スキル 
  エンシェントスキル 
                 鬼ーオーガジェネラル  LV.5                                  
                  
  固有スキル             
                  鬼王の威圧   LV.3
                  鬼神の加護   LV.4                             
  
  アルティメットスキル 
                   帝王魔法 LV.2
                   天魔魔法 LV.2
____________________

「(はっ!マジかよ。どうすりゃいいn、)」「遅い,,,」「ウッ!!!」

鬼王は一瞬にして、俺の前に現れ、蹴り飛ばした。
「ミシッ、バキッ、ゴギリッ!。」蹴られた衝撃で、体の骨が粉砕され、俺は、蹴鞠の様に弾んで森林を破壊しながら吹っ飛ばされた。

「ガハッ!オホッオホッ、グボッガハァッッ!」

「更に脆い,,,一撃で終わりか?よくここまでやった。誉めてやろう。しかし、やはりこの程度とはつまらないな。」

圧倒的強さの前に、元最強、最古の神は笑っていた。

「(強い!神の時には味わえなかった。この感情は、この感覚は、、おもしれぇ!!)」

その瞬間、俺は初めて本気になった。

「始創終焉神の俺、異世界を満喫する!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く