始創終焉神の俺、異世界を満喫する!

メコルデグス

異世界での始まり 1転移

「うぅん、ここ、は、どこだ?」

俺は白い空間にいた。周りを見渡しても何もなく、無限に白い空間が広がっているだけだ。しかし、体を動かそうとしても、微動だにしなかった。少し混乱していた俺は、記憶を遡ってみた。

「たしか、あの時,,,」

俺は終兜達に 創成破滅刃 を打った最中に自らの魂を無数に分けて、異世界へと飛ばした。終兜に悪用されないように。
そこで俺は意識を失って今に至るのだが、

「そうだ、思い出した。俺はやられたんだ
、、、いよっしゃぁぁぁ!!!やっと、やっと反逆してくれた!それにあいつらも成長したな~!殺されたけど悔いはない!!
ここまで長かった、本当~に長かった,,,。彼らの本気の力と策略の数々、強い意志を感じたな~。
てことは、次はあいつら中心の世界になっていくのか。どうしていくのか楽しみだな~!!」

自身の力が失われているのに気付いた。いや、語弊があった。俺は「体が動かない」、「力が失われている」と言ったが、正しくは俺の体が失なわれていた。つまり、俺は今、魂だけの存在だったのだ。
だがしかし、格別どうといこともない。むしろ、俺の造り出した神々が反逆してくれたことに俺は、感動していて他のことに興味がなかった。
だが、ずっと感傷に浸ることも出来るわけなく、唐突に脳内に無機質なアナウンスが響いた。

(ラビルヘイムへの転移を開始致します。人間の身体の構築、、、完了。魂の譲位を開始......100%。システム、オールグリーン。心身への異常をなしと判断。)

「ラビルヘイム?転移?これからどうなるんだ?俺、人間になるのか?面白い! 人間の世界なら何があろうと楽しむまでだ!」

そうして俺は新たな肉体を得て、また意識を手放した。

____________________


優しく、柔らかな草の感触、包んでくれるような、暖かい太陽の心地よさ、鼻をくすぐる風の匂い。
俺は次に目を覚ますと、そんな大草原のど真ん中にいた。

「ここがラビルヘイムか?微かに神力があるが?」

(そのとうりでございます、竜鬼様。この世界は神の世界から少し下位の世界でごさいます。)

脳内に再び、声が響いてきた。しかし、先程と異なり、声に抑揚が付いており、感情が分かりやすくなっていた。

「(君は?)」

(私は少しの間だけですが、この世界について竜鬼様の質問に答えるための存在です。この世界について質問がございましたら、どうぞ何なりとお聞きください。)

脳内で会話が出来ている。それに質問に答えてくれるのか。なら、

「この世界の基本的な知識を教えてくれ。」

(畏まりました。まず、この世界の名前はラビルヘイム。神々の世界と融合された人間の世界でごさいます。)

「(なるほど。神力を感じたのはそういうことか。)」

(はい。そして、この世界は剣と魔法の世界であり、この世界の者達は、生まれたときより、神 竜 天魔 帝王 からのご加護を得て生活しており、、、)

それから俺は、色々と聞いた。そして、聞いた事をまとめるとこんな感じだった。

この世界に生まれたものは、神 竜 天魔 帝王の誰かからの加護を得て、それに応じたスキル等を貰えるらしい。
次に、この世界の国々は約20国程らしく、それぞれの国が、得意とする魔法を持っているらしい。
魔法の属性はノーマル   火 水 氷 雷 風 光 闇
                        エンチャント  無 血 鬼 地
                        レジェンド 武技 星天 妖術 滅亡
               アルティメット 神 竜 天使 悪魔 帝王
の20種類あり、幾つかの派生があるらしい。それと固有スキルっていうのも、あるらしい。

そして、この世界では「ステータス」と言えば自身の力が見えるらしく、スキルのレベルは20まであるらしい。

「へぇ~。じゃ、試してみるか。
                                                ステータス!」
 
すると目の前に薄い水色の板が表れた。そこには、こう書かれていた。
____________________

名前 覇神魔王 竜鬼     LV 1
 HP 1000/1000  SP 30000/30000
加護 (なし)称号 異世界人 元神々の頂

 種族 半神人(始創終焉神) 職業(なし)

攻撃力  3000
防御力  500
俊敏性  5000
魔法耐性 800
攻撃耐性 800

使用可能魔法  光ー純白       闇ー暗黒
スキル 
  ユニークスキル 
                  創造(クリエイト)LV.5
                  破壊(デストラクション)  LV.5                          
                  
  固有スキル             
                  神眼   LV.10     
                  武剣王LV.10                             
  
  ノーマルスキル 
                   純白魔法 LV.2  
                   暗黒魔法 LV.2
____________________

「おぉ!
    ,,,で、これはどのくらいの強さなんだ?」

(これは、大体、一般人の強さですね。
しかしLV.1にして魔力と攻撃力、俊敏性がLV.30クラスです。更に、ユニークスキルを二つ所持し、便利な固有スキルを二つ、ノーマルスキルの中で最も使えないと言われている光と闇の新たな派生をお持ちとなると、中々幸先の良いスタートだと思います。)

先程、聞いたところによると、光魔法は回復系、闇魔法は召喚系しかなく、攻撃の手段がないのでハズレと呼ばれていたらしい。
だが、俺のスキルは攻撃用だから新しい派生として、レア度が高いらしい。
そして、創造と破壊は俺の神格がスキル化したものだろう。レベルが低いのはきっと、魂を分けたからだろう。
それとは別の、神眼と武剣王のスキルは、、
なんか良く分からんが、神の時に良く使ったんだろう。純白魔法と暗黒魔法も似たような物だろう。

「なるほどね。まぁ楽しめそうなスキルやら力があるし、もっと強くなれば増えるかもしれないし。」

この世界での、暮らしについての、想像を膨らましていた俺は、1つの疑問を抱いた。

「そういや、お前さっき少しの間って言ってたけど、どういうことだ?」

(私はナビゲートが済めば消滅し、次の転移者のナビゲートに移るので、少しの間というのは、それが理由でございます。)

つまり、この世界の説明係を任されているのか。ていうかそんなに、転生者とか転移者とか多いのかよ。

「分かった。とりあえず後は、俺1人で何とか出来そうだからもう大丈夫だ。ありがとう、役に立ったよ。」

(そう言って頂けて光栄です。それでは失礼します。良い異世界ライフを。)

そういうと、ナビの声が消滅し、

(あれっ?おかしいな、もどれない?)

てなかった。何かトラブルだろうか? 

「どうしたんだ?もどれないのか?」

(はい。何かの力が働いていて、私の世界に戻れないのです。)

泣きそうな声で、そう呟いてきた。

(うぅ~~、どうしゅればいいんでひょうか?(泣) 
 
いや、泣いてたわ(汗)。

「まぁまぁ、一旦落ち着け!俺の中に居ていいから。なっ?」

(ほんとに グスっ いいんでしゅか?)

「あぁ、この先も知りたい事が有るかもしれないし。是非頼むよ。」

(うぅ、、わかりました!私、精一杯頑張ります!)

そう言って、泣いていた彼女は、俺と共に旅をすることになった。

「あ、そうだ。なら名前が欲しいな。いつまでも「ナビ」とかでいうのも、ちょっとな。」

(なら私、竜鬼様に名前をつけてほしいです!)

「(多分今、目を輝かせて、期待したような眼差しで見てるんだろうな。)」

なぜか、彼女と約束をしてからというもの、彼女の思考や表情が何となく分かってきた。

「う~ん、それじゃ、アテネ。どうだ?君の頭脳が知性を持っているから、軍神の名前から借りたんだけど?」

(アテネ、、、。凄く嬉しいです!大事にしますね、マスター!)

「マスター、か。うん、そうか、気に入ってくれて良かったよ。」

(これからは、私とマスターとの旅が、始まるのですね。よろしくお願いしますね!)

とても嬉しそうに話してくるアテネの声を聞いていると、自然と俺の心も温かくなっていた。

「(さて次は、自身の力を試してみたいな。どうs、 )」「キャァァーー!!!」

どこからか、女の子の叫び声が聞こえてきた。

「っ!? 今の声は、どこからだ!?」

 (マスター!此処より東へ約10kmのところより声の持ち主と思われる人物が!!)

「すごいな!よし、いくぞっ!」

(はい!ナビゲート、開始します。)

有能なアテネに感心しながら俺は、草原を疾風の如く駆け抜けた。

「始創終焉神の俺、異世界を満喫する!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 垂直抗力(元ラノベ大好きサムライ)

    10キロ先の声が聞こえるって凄ない?笑

    1
コメントを書く