話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

全てを創造した主の後継者と神の器の異世界ライフ‼︎ 〜可能性しか貰ってませんが⁉︎〜

H_かなた

3 ついに、異世界ですが……

俺たちの体を包んでいた光が消えた。そして、白く清潔感のある床の上に立っていた。次の瞬間、目も眩むような光が一閃。光が消えると、ヤバい神様に会っていただろうクラス連中が立っていた。ところどころから、「異世界なう」とか「まっ…まさかの勇者⁉︎」とか聞こえる。……「ハーレムを作るぞッ‼︎」の声は無視してもいいだろう。
辺りを見回していた奴等の何人かがこちらに気が付いたようだ。……無視されたけどね。まぁ、いいさ。と、そこで俺は目の前に黄金で装飾された成金趣味全開の玉座らしきものに座る、でっぷりと太った男に気がついた。

「異世界から我々の召喚に応じてくれたこと、感謝する。余がこの国の王である、エラゲルン・カトール・ヴィナヴィルトだ。」

ヴィナヴィルトとか無駄にカッコいい名前なんだな。国王って。体型から名付けるなら、とんすけとかぶーちゃんなのに…。

「早速だが、勇者よ。ここに召喚した理由だが……1週間ほど前に、主神ヴィナ様から神託が下されたのだ。それは、邪神が現れたというものだったのだ。そして、その邪神を討つために、ヴィナ様が自ら選んだ勇者を送ると…」

あの創造主が言っていた、ちょっっっとヤバい神様って、ヴィナって言うのか……。別にどうでもいいけどね。あー、早くここから出たいなぁ。クラス連中と離れたいなぁ。

「………というわけで、勇者達よ。《ステータス》と唱えて、自らの力を確認してみよ。称号の欄に[]と出ているはずだ。そして《オープン》と唱えてくれ。一応称号があるか確認させてもらうぞ。」

クラス連中が一人、また一人と《ステータス》と唱え始める。彼らの称号を確認するために兵士達が俺達の近くに来た。そして、クラス連中に[転移勇者]の称号があることを次々に確認していった。ついに、ステータスを確認していないのが俺と舞那だけになった。

「勇者殿?早くステータスを《オープン》して確認させて頂きたい」

兵士達が急かしてくる。創造主にもらったスキルとか、バレたらヤバいよな……。まぁでも一度見てみるか。

「「《ステータス》」」

舞那も唱えたらしい。よし、俺のステータスは……

羽田 朔真                    16歳
人間族ヒューマン      職業  なし    レベル1
体力: 2 0  
魔力: 2 0
筋力: 2 0  
防御: 2 0
魔抗: 2 0  
敏捷: 2 0
 魔法属性: 無
スキル:
【《創造LV._》《完全状態異常耐性LV._》《完全記憶LV._》《叡智干渉LV._》《詳細鑑定LV._》】
称号:
【《創造主の後継者》】

【注:【】内のステータスは本人以外見えません】

創造主ナイス‼︎これで兵士に見せることができる。ステータスを見せようと、先程急かしてきた兵士のほうを見る。…顔から「早くステータスを見せろ」という気持ちが伝わる。しょうがないなぁ。

「「《オープン》」」

あっ、また舞那と同時だ。兵士達が偽装されたステータスを覗いてくる。それに乗じてクラスの連中も覗いてくる。あっ……兵士の1人が王様に報告してる。この城からうまーく追い出してくれよ~。って、あれ?なんか王様めっちゃ怒ってない?ただ追い出してくれるだけでいいんだよ?

「兵士よ、そこの2人を城外へ連れていけッ‼いや、ヴィナ様に選ばれぬ卑しい者が、我らのように選ばれし者の中に混じっていること、万死に値する‼即刻死刑にしても良いが……よし、貴様らは新しく発見された迷宮の調査をしろ。この国のために命を差し出せるのだ、これ以上ない名誉だと思え。では、兵士よ。2人を迷宮の中へ連れていけッ‼」

俺と舞那は兵士達に連れられて王城を出た。ただ追い出されればよかったのに…どうしてこうなった?目的の迷宮までは距離があるのか、馬車に乗せられた。兵士も一緒に乗っているし、舞那と話もできない。暇だし、何してようかな…?そうだ‼スキルでも使ってみるか。ええと、まずは《創造》。使い方が頭に浮かんでくる。とりあえず、ラノベの定番であるスキルを作りますか~。ええと、まずは成長系スキルか。すぐに強くなるイメージを思い浮かべて……できたっ‼俺は自分のステータスのスキルの欄を見た。《成長速度10000倍》が増えていた。実際に自分が作ったスキルがステータスにあるっていいな。よし、もっといろいろ作ってみよう‼俺は、迷宮に着くまでスキルを作り続けた……

「着いたぞ、迷宮に。命令を忘れるなよ。てめぇらみたいなゴミはこの国のために死ね」
「早く迷宮に入れ。そんでもって、二度と出てくるんじゃねえ」

こうして、俺と舞那は迷宮の中に置いていかれたのだった。敵を倒す武器もない、身を守るものもない。でも、大丈夫。命を奪うことへの覚悟は創造主のところでもうできている。敵対するものは殺す。容赦はしない。全ては生きるために。……それに、いろんなスキルも作ったしね‼

羽田 朔真                    16歳
人間族ヒューマン      職業  なし    レベル1
体力: 2 0  
魔力: 2 0
筋力: 2 0  
防御: 2 0
魔抗: 2 0  
敏捷: 2 0
 魔法属性: 無
スキル:
【《創造LV._》《完全状態異常耐性LV._》《完全記憶LV._》《叡智干渉LV._》《詳細鑑定LV._》】《成長速度10000倍LV._》《気配察知LV.1》《スキル取得率超上昇LV._》《錬金術LV.1》《縮地LV.1》《採掘LV.1》《魔力操作LV.1》
称号:
【《創造主の後継者》】

「全てを創造した主の後継者と神の器の異世界ライフ‼︎ 〜可能性しか貰ってませんが⁉︎〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー114110

    面白いです

    1
  • 鸞

    続きが見たいんで更新頑張って下さい

    1
コメントを書く