陰キャ同士のラブストーリー

気まぐれ人

遠足

俺の学校では珍しいことに遠足がある。お菓子は「3000円以内」と言われていて300円だと足りないと思っていたけど3000円だと多すぎてお金を俺は余してしまった。    
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<遠足当日>               
影「遠足楽しみだね」          
片「そうですね」            
陽「そうだな」             
紫「そうだよねー」           
赤「そだねー」             
赤以外「「「「なんか変なの交じってるーーーー」」」」              
潮「お前らーこれが普通の遠足だと思うなー遠足の場所まで徒歩だーちなみに250㎞歩くことになる。だから三泊四日になる。」   
クラス全員「「「「「「えーーーーーーー」」」」」」             
潮「文句を言うんじゃない。先生も同じだ。それじゃ「歩きましょう遠足スタート」」 
そうして俺達の遠足が始まった。      
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者もどうなるか分からない遠足編がスタート           

「陰キャ同士のラブストーリー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く